みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『阪急電車 片道15分の奇跡』

2011年05月01日 | 映画(DVD含む)
 有川浩の原作も読んだのが昨年。すごくステキな物語で一気読みしてしまいました。キュンキュンしたり、心温まるほっこりする物語もそうですが、ピンポイントなツボがあって、お気に入りの本なのです。それが故に映画は期待と不安が入り混じっていました。ちなみに映画鑑賞前に急いで斜め読み再読しました。

【あらすじ】阪急電車 片道15分の奇跡 - goo 映画より引用。
西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。その電車に、さまざまな“愛”に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた。後輩に婚約者を寝取られたOL。カレシのDVに悩む女子大生。息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人。セレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する平凡な主婦。おしゃれな大学になかなか馴染めない地方出身の男女。年上の会社員と付き合いながら、憧れの大学を諦めきれない女子高生。電車内という限られた空間で、それぞれの人生がほんのちょっと重なり合い、影響し合い、そして離れていく…。

 原作に出てきた図書館カップルが映画には出てこないということを知ったときは展開がどうなるのかとかなり不安になりましたが、映画には出てこなくても、良い意味で原作に出てきた図書館カップルの存在を忘れさせてくれる出来栄えでしたし、その代わりに原作にはないエピソード(時江が犬を飼うきっかけになったエピソード)もまた良い感じだったし、うるさいPTAオバサン達との絡みもちょっと違ったけれど、これはこれでよかったな~と思いました。
 ちなみに時江が昔飼っていた犬の設定は甲斐犬から柴犬に変えられていたのが個人的にはちょっと不満でした。まあ、映画では柴あたりになるんだろうな~と少し予想はしていたのですがね。(知名度が低い犬種だし、撮影には適さないだろうし)でも、まあ・・・そういうことなら仕方ないかな・・・(笑)そして犬絡みといえば、原作では、時江の孫の一言にカチンときたオバサングループと時江の絡みにあの図書館カップルが加勢するというのもあったけれど、犬の匂いが~というのもちょっと入れてほしかったですが、やっぱり時江おばあちゃんはステキです。原作を読んだときも、すごくステキだと思いましたが(登場人物の中では一番好きかな)演じる宮本信子(知らないで見たら誰か分からなかったかも)が原作どおりのステキなおばあちゃんでしたああいうおばあちゃんになりたいな~

 時江といえば、婚約者と後輩の結婚式に白いドレスを着て討ち入りを果たした翔子、カレシのDVに苦しむ女子大生ミサ、この二人の辛い恋愛の結末に関わっていくのだけれど、その後の翔子とショーコのやりとり、ミサとイトーさんのやりとりを見ると、きっとこの二人は幸せになれるだろうと思うし、ちょっとした温かい一言がその人にとっては必要な一言だったりするんだろうなと・・・。
 辛い恋愛以外も描かれる一方、軍オタ君とゴンちゃん、女子高生悦子と漢字が読めないアホ彼氏、この2組のカップル達が本当可愛くてこちらは見ていて本当に応援したくなるし、こちらまでキュンとしてしまって、自分もハッピーになれそうな気がしました。(ちなみに勝地涼→軍オタ→なぜか真田広之を思い出した私はいけないでしょうか?!(笑)どうしてもあの映画を思い出すんだよね・・・)
 
 討ち入りから半年後の翔子とショーコのやりとりは今の自分の心にもものすごく響いた気がする・・・美人じゃないのが残念ですけど(笑)自分の悩みも吹っ切れたというか・・そんな気分になりました。見終わった後は、原作同様にキュンキュン、ほっこりした気分で帰ることができました。そして、何か良いことが起きそうな気がする・・・その前に自分もがんばろう!と前向きになれました!

<おまけ>
 近隣での上映がなかったため、今回は電車で1時間ほどかけての映画鑑賞。帰りの電車はもちろん阪急ではなくJRでしたが(笑)、電車に乗って余韻に浸ろうと思っていたけれど、目の前にはどう見ても頭がカ●ラのオジサン(笑)、そして隣にはルービックキューブに熱中しているオネーサンが。視界に入ってくるこの二人が気になってしまい、小一時間人間観察をしてしまったワタシです(笑)
コメント (3)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 『レベル7』 宮部みゆき | トップ | 新緑 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2011-05-02 23:22:51
ラストの時江のシーンは、原作では図書館カップルの加勢がたしかに気持ちいいんですけど、映画版でのアレンジも良かったと思います。時江の攻め立てる言葉を途中から消してしまったのも私は気に入りました。
時江ネタでは犬のエピソードにアホ彼氏を重ねたアイデアも良かったですよね。
原作どおりじゃ芸がないし、でもあまりいじられると原作ファンとしては面白くないわけで、その点で本作の脚本は絶妙だったと思います。
こちらのブログにも、お邪魔しました。 (ナナパパ)
2011-05-03 11:36:17
「阪急電車」、観に行かれたんですね。
原作と一緒で良い映画だったんですが、やっぱり甲斐犬のシーンだけは残念でなりません。
まあ、柴犬に交換という予想通りの展開でしたが・・・(泣)
自分のお気に入りも翔子さんと女の子のシーンですが、登場人物の中では時江さんが最高ですね!!

自分も「阪急電車」を見た帰りは、つい阪急電車の中で回りを観察してしてしまいました。
オジサンとオネーサン、何か物語が出来そうですね(笑)
お返事遅くなりました (みゆみゆ@管理人)
2011-05-06 22:28:37
★SOARさん
最後の時江おばあちゃんのシーンでは、あの軍オタ君ごんちゃんのカップルが見守っていて、電車を降りて拍手していたのがほほえましかったです(^^)
あと、あのアホ彼氏を見たときの時江おばあちゃんがかわいくて仕方なかったです(笑)
原作の良さが失われていなく、映画は映画の良さがあったと思います!


★ナナパパさん
こちらにもコメントありがとうございます!
私も映画的には絶対に柴犬あたりに変わるんだろうな・・・けどもしかしたら・・と淡い期待を抱いていました(笑)
でも、あのアホ彼氏のエピソードがあると、まいなーな甲斐だとちょっと繋がらないから、柴に変わったのもいいんじゃないかな~と思いました。

帰りの電車が阪急電車だと、またいつもとは違った感じになれそうですよね。
私が出会ったオジサン、オネーサンだけでなく、いろいろなドラマが電車の中にありそうですね(^^)

コメントを投稿

映画(DVD含む)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

映画 『阪急電車』 を観た (仙丈亭日乘)
武庫川に出現した「生」の文字!
『阪急電車 片道15分の奇跡』・・・人生の機微に触れるとき (SOARのパストラーレ♪)
有川浩の原作がとにかく好きで好きでそれはもう大好きで、これまでに何度読み返したことか。 宮部にしろ伊坂にしろこれほど繰り返し読んだ本は他にない。それだけに原作での主要人物のうち一組のカップルが登場しないと知った時は愕然としたものだが、いざ観終えてみると...
「阪急電車 片道15分の奇跡」 誰かが見てくれていることの力 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんはこちらで何度も取り上げているように、好きな作家の一人なのですが、なか
阪急電車 片道15分の奇跡 (Akira's VOICE)
線路は続く。人生も続く。  
阪急電車 片道15分の奇跡 (to Heart)
その出会いは 偶然なんかじゃ ……ない 「終着駅は、きっと笑顔。」 上映時間 119分 原作 有川浩『阪急電車』(幻冬舎刊) 脚本 岡田惠和 監督 三宅喜重 音楽 吉俣良 出演 中谷美紀/戸田恵梨香/南果歩/谷村美月/有村架純/芦田愛菜/小柳友/勝地涼/玉山鉄二/宮本信子 ...
『阪急電車 片道15分の奇跡』 私たちの勧善懲悪 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  こいつは一本取られた。  実在の阪急電車を舞台にした映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は、阪急電鉄の多大なる協力を得て制作されている。とうぜん企業イメージを悪くする内容の...
自分の足で歩き出そう!『阪急電車 片道15分の奇跡』 (水曜日のシネマ日記)
始点から終点まで片道15分のローカル線、阪急今津線の電車内を舞台に描かれた群像劇です。
阪急電車 片道15分の奇跡 悪くないよね。この世界も♪ (労組書記長社労士のブログ)
【=23 -6-】 関西は全国より1週間早く封切り、有川浩さんの原作「阪急電車」は読んでない、読まなきゃと思いながら読んでない。 すると映画になった、そりゃー力は入りますよ~、このブログにもブログパーツを初めて使ったり、前売りチケットも余分に買った。 頼みます....
『阪急電車 片道15分の奇跡』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「阪急電車 片道15分の奇跡」□監督 三宅喜重□原作 有川 浩 □脚本 岡田惠和□キャスト 中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、芦田愛菜、勝地 涼、玉山鉄二、小柳 友■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 TOHOシネマ...
「阪急電車 片道15分の奇跡」吾輩も乗ってます! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[阪急電車片道15分の奇跡] ブログ村キーワード  有川浩原作のベストセラー小説の映画化。「阪急電車 片道15分の奇跡」(東宝)。関西の一私鉄の会社名が、そのままタイトルの映画が公開されるなんて、吾輩考えたこともありませんでした。それも普段、吾輩が使っている...
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」 (FREE TIME)
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を鑑賞。
阪急電車 (映画的・絵画的・音楽的)
 『阪急電車―片道15分の奇跡―』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画は、阪急電車(今津線)の沿線の事情をある程度知っている人には、共感を呼ぶところが多々あるでしょうし、大阪に住んで宝塚線の方を利用していたことでもあれば、内容がどんなであって...
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」 (itchy1976の日記)
阪急電車 片道15分の奇跡 ブログ - goo 映画 阪急電車 片道15分の奇跡(映画.com) 映画 『阪急電車』 公式サイト 阪急電車 片道15分の奇跡@ぴあ映画生活 阪急電車 (小説)-Wikipedia 石積みオブジェ「生」、増水で流される 武庫川の中州 記憶の中の「生」再現プロジェク...
阪急電車 片道15分の奇跡(2011-026) (単館系)
有川浩による同名の短編小説集を映画化 兵庫県の宝塚駅から今津駅までを結ぶ阪急今津線は 片道15分 そこで出会う人々のエピソード集かな? 集団おばちゃん連中、うるせー!!と思った。 中谷美紀...
[映画] 阪急電車 片道15分の奇跡 (日々の書付)
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を観てきました。 観終わったあと、やさしい気持ちになれる映画です。 阪急電車今津線、片道15分の列車に乗り合わせた、ごく普通の人々に起こった物語。 後輩に彼氏を寝取られた翔子は、別れる条件として結婚式への出席を要求し、花...
[遅ればせながら、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆見たい見たいと思っていたのだが、近在の映画館では時間が合わない内に公開が終了してしまっていた(見ようとしていた小さな努力のエピソードならばたくさんあるぞ)。  そして、今日は本職もバイトもなく、八王子で公開されているのを知ったので、通常料金+駐車料金...