みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『インセプション』

2010年08月12日 | 映画(DVD含む)
 予告などで見たインパクトのある映像が印象的だったのと、渡辺謙さんが出演されているので興味を持ちました。最近はDVDでもいいやって思っちゃったりすることが多いのですが、これは見るなら映画館で見たほうがいいかな~ということで鑑賞。

【あらすじ】インセプション - goo 映画
人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む“エクストラクト”。この危険な技術で世界最高の腕を持つ産業スパイのコブは、反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける“インセプション”の依頼を受ける。このほぼ不可能とされる任務を成功させるため、コブは世界中からメンバーを厳選し、最強のプロフェッショナル集団を結成する。だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、どれだけ優れていようが、計画を根底から揺さぶる“敵”の存在を、コブはひそかに感じ取っていた…。


 まず、今月に入ってから昨日までずっと忙しく疲れていたので、午前上映の回を見たのだけど、朝から眠くて(苦笑)、始まる前にウトウト・・・自分が夢の世界に入りかけていました(苦笑)最初の場面がちょっと分からず「やばい、置いてかれるかも!」と焦ったものの・・・とりあえずなんとか最後まで楽しめました。
 最初『マトリックス』的な感じかな?と思ったのだけれど、やっぱりそれっぽいな~と思ったり。『インセプション』は夢の中だけでなく、その夢の中の夢、そのまた夢の中に入り込むというのもまた面白かったです。そこから下の段階へいくのも上の段階へいくのも戻り方なども、ちゃんと設定さえ頭に入れておけば大丈夫です。
 もちろん映像も面白いのですけれど、夢の中に入るだけでなく、さらにその夢の中の夢に入ったり、夢の中に入ってアイディアを盗んだり、植えつけさせるというそのアイディアがすごいと思いました。そして最後は劇場がざわめいたのですが・・・アレって・・・ここでは言えない!!(^^;。私にはアレはああなったと思いたいのですが・・・。けど確信ももてず・・・。でもそんなラストも私的にはアリだし好きですけど。
 ということで、DVDになったらもう一度見てみたいと思います。しかし、上映時間が長いのと、冷房で冷えてしまったために・・・普段は映画はエンドロール終了まで席に着いていますが、今日はエンドロールになった瞬間にダッシュさせていただきました(苦笑)
 
 さて、主役のレオナルド・ディカプリオですが、私がうら若き女子高生(笑)の頃、学校のお友達はレオ好きな子ばかりでしたが、当時の私には魅力が分からずというか全く好みのタイプではない俳優さん(笑)だったんですけど(しかし、当時の彼出演の作品はほとんど見ています・笑)、最近の彼は渋くなって良い感じになってきたな~とこの作品を見て思いました。これからのレオにも注目したいです!自分が渋好きというのもあるのですが(笑)そして謙様も素敵でした♪今まで見た謙さんの出演したハリウッド作品の中では、一番英語を喋っていたのではないでしょうか?『ラストサムライ』以降、ハリウッド作品に出るのもいいけれど、なるべくなら・・・もっと日本の作品(映画にしろドラマにしろ)に出て欲しいなと思っていたけれど、こんな謙さんならもっと見てみたいな~。
 

 そして、「夢」をネタにした話は結構あるとは思いますし、こういう最新技術を駆使した映画とは対象的だし、「は?」と思われそうですけど、私はお能の世界を思い出してしまいました。物語の中にちゃんとした理屈があるこの映画とは違うし、お能は主人公のほとんどが霊なので、言葉は適切でないかもしれませんが、ややオカルトの世界という大きな違いがあるのですけど(苦笑)、能には現実と夢が交錯している「夢幻能」というジャンルがあります。『屋島』というお能を例にあげると、都の僧侶が旅の途中、屋島で漁師の姿をした老人に出会います。老人はかつてここで起きた屋島の合戦についてあまりに詳しく話すので、不審に思った僧侶が尋ねると、「明け方に戦が起こるので、そのときに自分の正体を明かそう。決して夢から覚めるな。」と言って消えます。そして、僧侶が仮寝をしていると、夢の中に義経の霊が現れて合戦の様子を語り再現します。しかし朝になり夢から覚めると、それまで取り囲んでいた軍勢はカモメの群れで義経の霊はいなくなっていましたとさというお話。能の全部がこういう話ではないけれど、こういう形式が多く、霊は僧侶に弔ってもらったりしますからね。ある意味インセプション?!と思ったり(^^;。あと「一炊の夢」のエピソードで有名な『邯鄲』はもろに「夢」がテーマというか「夢落ち」だし。(ちなみに「一炊の夢」をずっと「“一睡”の夢」とずっと勘違いしていました・・)昔から「夢」について人っていろいろ考えては、物語にしていたんだな~と・・・本編とは全く関係のないことも考えました(^^;。


 そして・・・・夢を見ているとき、夢の中で転ぶと・・・・

 ガクっとかビクッとなって起きちゃうことがありますよね?!(笑)
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 『海の底』 | トップ | 水まんじゅう♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2010-08-13 01:30:06
階層概念は最初から出てくるんですよね。実は新幹線でしたっていう。
その後も要所要所でうまい具合に“解説”がなされていく配慮が絶妙でした。

確かに渡辺謙のセリフ量は他のキャスト陣と対等の域でしたね。
先日テレビで、あちらでインタビューに答える彼が映ってたんですが、全部英語で受け答えしていてびっくりしましたよ。
謙さん (みゆみゆ@管理人)
2010-08-14 19:33:55
★SOARさん
こんばんは♪
いきなり最初からそれだったんで、本当焦りましたが、なんとかついていけたのも、その後の解説でしたね。

渡辺謙さんの英語は、英語が母国語の人にはどう聞こえるか分かりませんが、あんな対等に喋る役ですごいな~と思いました。
ヘンな日本人(または日本人っぽい)役ならいやですけど、今後もこんな感じならあちらの映画での謙さんも見てみたいです!
こんにちは。 (みぃみ)
2010-09-03 12:23:29
TB&コメントありがとうございます。

私がピチピチの女の子だった頃(笑)は、リバー・フェニックス LOVEでした。
少年のディカプリオに「ん?、大人になったらステキになるかも?」なぁんて軽くチェックしつつ(^^)。
最近、本当に「渋さ」のあるどっしりした俳優さんになってきたなぁ。。。と思います。
彼出演の作品も面白いものが多いですし。

オープニングのサイトーとコブの再会?の場面の意味ついては、「エピソードゼロ」が漫画で無料公開されましたが、私には未だに謎です。

ラストのぐるぐるのアレ、シャッター・アイランドが切なかったので、できればハッピーな結末だといいな♪と思っています。

現実のレオ様は、とてもお幸せそうですね☆。
Unknown (みゆみゆ@管理人)
2010-09-03 22:17:36
★みぃみさん
こちらにもありがとうございます!

リバー・フェニックス!彼も素敵でしたよね~。
レオは・・・当時は『ギルバート・グレイプ』は好きでした(笑)
当時から渋好きでしたので、今の方が良いです・・・。
また見直してみようかなと思います。

コメントを投稿

映画(DVD含む)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

『インセプション』・・・驚愕の脳内アトラクション! (SOARのパストラーレ♪)
複雑な概念の下、潜在意識の中で進行する壮大なアクション。仮想現実物をさらにひとひねりしたような画期的なアイデアに脱帽である。集中力さえ途切れなければその見応え度合いは相当なレベルだ。いやいや、これはおもしろい!スゴイもの観ちゃったな!!
「インセプション」 ノーランのイマジネーションが溢れ出ている (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランのイマジネーションが溢れ出してきている作品です。 他の誰
インセプション (★YUKAの気ままな有閑日記★)
先行上映で鑑賞―  錚々たるキャストの中に渡辺謙が・・・【story】コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人の潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な企業スパイ。ある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事...
インセプション (to Heart)
犯罪現場は、 お前の頭の中。 原題 INCEPTION 製作年度 2010年 上映時間 148分 脚本 クリストファー・ノーラン 監督 クリストファー・ノーラン 音楽 ハンス・ジマー ...
インセプション / 84点 / INCEPTION (ゆるーく映画好きなんす!)
インセプションされたのは・・・・・・・・・・m9(°∀°)お前だ!ドーン!!! 『 インセプション / 84点 / INCEPTION 』 2010年 日本 148分 監督: クリストファー・ノーラン 製作: エマ・トーマス クリストファー・ノーラン
【映画レビュー】インセプション (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン 製作総指揮:クリス・ブリガム、トーマス・タル 脚本:クリストファー・ノーラン 音楽:ハンス・ジマー 出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺...
映画:「インセプション」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年8月1日(日)。 映画「インセプション」。 【監督・脚本】クリストファー・ノーラン 【製作総指揮】クリス・ブリガム 、トーマス・タル 【音   楽】ハンス・ジマー 【 キャスト 】レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴ...
『インセプション』 金を賢く使う方法 (映画のブログ)
 夢枕獏著「サイコダイバー・シリーズ」が、遂に実写映画化!  ウィキペディアにサイコダイブの説明がある。  それは、人の精神に潜り...
インセプション / INCEPTION (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
インセプション (Inception) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 148分 SF 採点★★★★ 先日、吉瀬美智子さんと食事をするっていう、なんとも素晴らしい夢を見まして。ただ悲しいかな、食事を終えて店を出ようかという時に目を覚ましてしま...
【映画】インセプション…ノーランにもハズレ無しオススメ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日は映画「インセプション」の記事ということで最近私が観た夢の話でも書こうと思ったのですが…夢の話ってのは退屈だからねぇ…止めておきます では、早速。以下は映画観賞記録です。 「インセプション」 (監督:クリストファー・ノーラン、出演:レオナルド・...