かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中1の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と
本と歌が大好きな高1のみゆみゆを、働きながら子育て中。

大パニックで浴室ドアが

2019年01月09日 22時43分20秒 | みゆみゆとの生活
今日はバス停迎えの水曜日。
バスから降りながら「あみやきてい いくよ?」と言っていた。
「いやいや、水曜日から焼き肉は食べに行かないよ。」そう話したら、「はいー」と答えて黙った。

そのあと、「ケーキ かいにいくよ」と言うので、「また今度ね。今日は晩ごはんのお買い物だけだよ。」と答えると、今度はなぜか全くあきらめてくれない。
家に帰るまで、ずっと後ろ向きに歩いて言われ続けた。
一触即発。かなり不安定。
こりゃ学校で何かしんどかったんだな、と思う。
水曜日は「作業」が3時間あって、我慢も多い曜日なのです。

家に着いてからも「ケーキ かいにいく!」はヒートアップ。
たとえこのままケーキ屋さんに行ったとしても、お店には入れないだろうレベルの大声。
そして、そもそも水曜日にケーキ屋さんに行くパターンは作りたくない。

トイレに入っても、大声で「ケーキやさん!!」と言うので、
「ケーキ屋さんは2月になったらね。お姉ちゃんの誕生日に行こう。今日は行かない。」そう説明したのが、結果的には最後の引き金になっちゃった。

「わぁっ!」とひっくり返り、泣きながらトイレに足を突っ込もうとするそうちゃん。
必死にそれを止めると、今度は手をバシャバシャ入れ、顔まで浸けようとする。
制服も床もびしょ濡れ。
大パニックに突入していて、全く制御が効かない。

なんとかトイレから引っ張り出して洗面所まで引きずったら、今度は洗濯機を蹴ってべこべこに凹ませた。
洗濯機蹴られると、音が凄まじい。
馬乗りになって止めてもはね飛ばされ、その勢いでお風呂のドアを蹴られた。
バッターン!
ドアは派手に外れて浴室内へ。
スローモーションみたいに見えたよ。
割れなくて、怪我がなくて、よかった。

と、思うまもなく、今度は手当たり次第に洗面台の中身を出しては投げ始めた。
あー、もう限界。一人では止められない。

(後で記録用に撮った。)

ピークに暴れている時に、みゆみゆに頼んでお隣さんを呼んできてもらい、助けてもらいました。
他人が一人入ったことで、少し冷静になったのか、やや動きが止まったそうちゃん。
そういえばお腹も空いてるんじゃないかと、急いでイチゴとおにぎりせんべいを食べさせました。

神様みたいなお隣さんに感謝。
そうちゃんが落ち着くまで、家にいてくれました。
おかげで片付けもできた。
いやー、大変だった。

後で学校の連絡帳を見たら、学校でも不安定で、突然「おいもたべたい!」とプチパニックになっていたそうです。
おにぎりせんべい、焼き肉、ケーキ、おいも。
食べ物の要求が激しい時は、それそのものに執着があるというよりも、全般的に精神状態が不安定であることの証のように思う。

夜はたらふく食べさせて、レンドルミン(頓服)+ドライブで早めに寝かせました。
まずはしっかり寝ておくれ。

ちなみに外れたお風呂のドアですが。

このままお風呂に入ると寒いな、と気落ちしたんだけど、
カチャカチャ触ってるうちに直せました。
よかった。

これが直っただけでも、リセットされたような気分になりました。
慣れなのか、元来の忘却力の高さか。
明日もがんばれる。大丈夫。

けど、これが続くと参るなー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« まだ二日目なのに | トップ | 聞いてもらう »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2歳母。 (アグ)
2019-01-10 07:19:22
みゆははさんは凄いなぁ。どうしたらみゆははさんみたいになれますか?
慣れ (みゆはは)
2019-01-11 19:31:50
アグさま
すごい、と思われるようなことは何もできてないです。
一つ言えるとすると、「慣れ」によるものは大きいです。
そうちゃんが小さい頃こんなことがあったら、私もパニックになって泣いてたと思います。
今は、「しんどー」とは思うけど、「まぁ仕方ない」とも思うようになりました。
ありがとうございます (アグ)
2019-01-12 12:16:21
そうなんですね~!
いつか、そんな日がきますかね?!!

そうちゃんが、我が家の小さな発達障害の子と違いはあるのかなど、気になり、バックナンバーを読みました。
そうちゃん、ブログのタイトルには『重度知的障害』とあるのですが、小さな頃から、かなりお話してますよね?
我が家は全然なんです…。お話をしません。。
これって、、、さらに重たい障害だから、、、ということでしょうか???
もうすぐ、3才で
子どもの成長は (みゆはは)
2019-01-12 22:28:17
アグさま
そうちゃんは小さい頃は遅れがそれほど大きくなく、6歳までは軽度知的障害の枠でした。
3歳児健診の時も、色や形も答えられました。会話にはならなかったですが。

2歳過ぎた頃から、不思議なくらい言葉が伸びてこず、発達年齢2歳という状態が6年くらい続きました。ピタッと発達が止まったかのように思えた数年もありました。
どちらかというと珍しいパターンかと思います。

障害のある子どもはいつどう伸びるかわかりません。
そうちゃんとは逆に、3歳ごろ発語がほとんどなかった子が、小学校に入ってから急にいろいろできるようになり、重度ではなくなる子もいます。

2歳や3歳では、この先の伸びはわかりません。

そもそも、言葉をしゃべるからといって障害が軽いかというとそうでもないし、重度知的の子でも行動面の問題が少なく手がかからない自閉ちゃんもいます。
あまり比べたり将来を悲観されたりせず、かわいい幼児期さんの子育てをせひ楽しんでください!
仰天! (アグ)
2019-01-13 09:49:32
そんなことも、あるんですね。1度の検査では、わからないこと、何となく思ってはいましたが…。2歳で重度でも伸びることも、あるんですね。そうちゃんは、珍しい、ケースなんですね。実は、我が家も1歳で重度といわれ、言葉がなく、周りは軽い子で、お話できて。。。

『あーあ、また軽度のお友達かぁ。。。』
なぁんて、思っていたような。。。

妬みはダメですね!オンリーワンの我が子です!
オンリーワン (みゆはは)
2019-01-13 20:58:26
アグさま
オンリーワン!その通りです^^
難易度の高い育児は、しんどいことが倍なら喜びも倍。
思い出は3倍ですよ~♪(苦い思い出含む、ですが ^^;)

コメントを投稿