かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中2の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな高2のみゆみゆを、働きながら子育て中。

「鬼のパンツ」ハイ

2019年11月08日 08時12分11秒 | みゆみゆとの生活
昨夜から、「鬼のパンツ」を大声で歌い続けるのが止まらない。
今朝も起き抜けから鬼のパンツ。
ご飯食べながら鬼のパンツ。
支援学校のバス停でも鬼のパンツ。
ゲラゲラ笑いっぱなし、思い切り手を叩きながら。
歌い続ける、そうちゃん。
踊り続けなきゃいけない赤い靴の魔法にかかったみたい。
かーちゃんの頭ん中も鬼のパンツエンドレス。
「鬼って何のこと?」と聞くと、「せつぶん!」と言う。
なるほど。合ってはいる。

一応歌詞を載せとく。

 おにーのパンツはいいパンツ
 つよいぞー つよいぞー
 とらーのけがわでできている
 つよいぞー つよいぞー

 10年はいてもやぶれないー
 つよいぞー つよいぞー
 100年はいてもやぶれないー
 つよいぞー つよいぞー
 
 はこう!はこう!鬼のパンツ
 はこう!はこう!鬼のパンツ
 あなたも あなたも あなたも 私もー
 みんなではこう!鬼のパンツ

なんちゅう歌詞。誰が作ったんじゃ。
調べて見たら「作詞者不詳」らしい。
元は言わずとしれた「フニクリフニクラ」。
イタリア民謡だけれども。
イタリア人もびっくりだろう。というか怒らないだろうか・・・。
と書いたところで、これ前にもブログに書いたぞ、と思い出した。
これだ。2年前。
この時は7月らしい。
季節先取りすぎるな。
 
きっかけは、昨日の夕方行ったデイで昔話の読み聞かせを聞いたこと。
「鬼」という単語に反応して、突如大声で始まったらしい。
他のことに集中してる時は止まるので、デイの帰りの会やその後のピアノレッスンでは歌ってなかったみたい。

夜かーちゃんと行ったハンドベルの練習会では、快調に歌っていて。
みんな優しいから一緒に歌ってくれて、それはそれで楽しかった。
そして練習が始まってもそうちゃんの歌は続行。
「ありのままで」のキレイなベルに時々混じる、「鬼のパンツ」。
シュールだ。
そうちゃんに慣れてる参加者の皆さんが違和感を感じていないのも含めて。
「鬼のパンツ」というワード、パワーがありすぎるな。

そうちゃんなりに歌い方に変化をつけてるのも面白い。
はじめはゆっくり、手を叩きながら歌う。
次はスピードアップ。これになるとレコードの音飛びみたいに歌詞が飛ぶ。
歌い終わると、「こらーーー!」と絶叫。
どうやら鬼が襲ってくるらしい。

今朝は歌いながらバスに乗り込んでったけど、その後大丈夫かな?
バスの中で1時間歌われたら、周りの子はしんどいだろうから。
少し景色でも見てクールダウンしててくれるといいんだけど。

いやー、鬼のパンツの威力すごいわ。
しばらく鬼はNGワードだな。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« PTAリフレッシュツアー | トップ | 休息する日 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みゆははさん!)
2019-11-08 19:23:59
9月ではなく7月のようです。
Unknown (miyumiyuhaha)
2019-11-08 20:34:39
教えてくださってありがとうございます!
記事を訂正しました。
朝慌てて投稿するといけませんね。

コメントを投稿