かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中1の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな高1のみゆみゆを、働きながら子育て中。

みんなの学校全国大会へ

2017年07月23日 22時17分41秒 | みゆみゆとの生活
そうちゃんをデイに送り出して、一路、大阪へ。
みゆみゆと一緒に「みんなの学校全国大会」へ行ってきました☆
場所は、東成区民センター。

木村泰子先生を始め、大空小学校の先生たち(元・現)もたくさん来られていて、映画に出ていた子もおり、会場は大盛り上がりでした。
サプライズゲストで、元文科省事務次官の前川喜平さんも来られ、びっくり。(明日は国会に呼ばれているというのに!)
参加者は、北は北海道、南は福岡まで。
学校の先生方はじめ様々な肩書の人や、肩書のない人や、子どもとおとなたちが、全国から集まっていました。

始めにデモンストレーション的にテーマ決めをするディスカッションをみんなで見ました。
「金魚鉢トーク」と言う手法だそうです。

そのあと、あらかじめくじ引きをしていたチームに分かれました。
1グループ5人の、約50グループ。
壮観です。

ちなみに、私とみゆみゆは遠く離れた別グループだったので、お互いどんな感じだったのか全然知りません。

グループは、20分~30分毎に少しづつメンバーを入れ替えるなど変化し、最終的にはそれぞれの目標を立てるところまでいきました。

これは体験しないと十分に伝わらないものだと思います。
活発にいろんな人と意見交換しながらも、誰でも居場所がある、誰も否定されない空間。
これを経験できてよかった。

後半は、自分が話したいテーマを書いた紙を掲げて、同じようなことを話したい人を見つけ、話すというスタイル。
私の書いたテーマは「『分けない』と『個別支援』の両立について」。
「特別支援教育とはなんだ?」と書いていた人たちと、グループを組んで話しました。
そこで分かったのは、地域差が大きいという事。
大阪の豊中市では、特別支援対象の子も普通学級にいるのが標準らしい。
そして、先生がついて、その子はその子に合ったプリントをみんなと同じ教室で学んだり、参加できるところは参加したり、柔軟にされているそうです。

私の住む地域の小学校は、支援級の子は下駄箱が違い、時々普通級に「交流」で行くんですよ。
支援級の教室は普通級からは遠く離れていて、基本的には別々に学んでいます。
そう、話したら驚かれました。

「そこは外国ですか?」「どうしてこんなに違うんでしょう?」とお互い言いたくなるほどの、地域差。
ちなみにクラス名簿も、20年前から男女混合名簿だそうです。

さて、みゆみゆは、デモンストレーションの時には爆睡していまして。
おとなに混じって意見交換できるかとても心配でしたが。

終わって合流した時の第一声は、
「ああ、楽しかった~」でした。
よかったよかった。
みゆみゆの掲げたテーマは「普通ってなんだろう?」。
いいねー、そのテーマ。

みゆみゆが言うには、「区別しまくりたい」と書いたデザイナーの人と意気投合(?)したらしく、グループの模造紙も絵でいっぱいの楽しそうなものになっていたようです。
「区別しまくりたい」の意味は、「障害かどうか」の視点ではなく、「誰でもみんながその人らしく」という気持ちをこめて、ということだったみたい。
面白い発想だ。
そのグループの話も聞きたかった。

帰りは知人と3人で晩御飯食べて帰ってきたよ。

難波でふらりと入ったお店屋さん。これで、二人で2300円。
大阪は、安くておいしい。
いい街です。
帰りは新幹線で、日々の子育てのことなどを、知人とゆっくり話しながら帰ってきました。
いい時間だった。今日1日のことを、自分の中で落としこんで帰宅することができました。

「みんなの学校全国大会」。
来年は愛知県開催の予定です。
積極的に関わりたいと思っています。
また決まったらお知らせしますね。
この貴重な体験を、一緒にしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父親交流会 | トップ | ショートステイ先の設備の工夫 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わぉ♡いいな~ (響美)
2017-07-24 10:18:14
「みんなの学校全国大会」なんてあるのですね、知らなかった~~
貴重な体験をされてきて、感じたことや学んだことを
ぜひ私たちにも教えてくださいね!

いつも気になっていることなのですが、
今回他県の状況と比べて、愛知県の良いところは発見できたでしょうか?
私のまわりには、いつも自分を取り巻く環境の悪口を言うだけ言って、他の環境がいかに進んでいるのかを説くだけの人がいるのですが、
みゆははさんがそうならないといいなと思っています。

海外で日本人同士が話をすると、たいてい「だから日本の教育はダメなんだ」という話で盛り上がりますが「世界と比べて日本の教育のここがすぐれている」という話ができる日本人はなかなかいません。
謙遜は美徳ですが、自分の住んでいる国・地域のいいところは知らずに悪いところだけ知っている人と話をすると「またか」と思います。
私は特別支援教育についてはまったく無知なので、他県・他市と比べる機会がある方は、愛知県や清須市の優れているところがあったらぜひ教えてほしいと思っています。
(ひとつもない、というのが現状なのかもしれませんが 私が勉強不足ですみません)
全国大会 (みゆはは)
2017-07-24 21:53:20
響美先生こんばんは。
全国大会、面白かったです。
いろんな人と一期一会の出会いをしました。
誠実で優しい人が多く、あたたかい空気に包まれてきました

私は我が子の学校とそれを取り巻く環境のことしかわかりません。
あと、我が町と隣町の、知り合いからの情報くらいがギリギリ入るくらいです。
相手の方も、大阪の二つの小学校で経験されたことを話された、一人の先生です。
なので、愛知と大阪を比べたりはしてないのです。
違いを知ることは大事。でも、般化しないことも大事です。

「自閉症児はみんな〇〇」と固定観念を持つと、その子が見えなくなります。
「先生って〇〇な人ばっかり」「愛知県はだから遅れてる」と言い出すと、それはただの文句で、本質から離れていくばかりです。
という気持ちを、いつも持っています。

もっと言えば、「いいところ」「悪いところ」という観念もあまり持っていないのです。そうならざるを得ない理由とか歴史があるはずなので、悪いと決めつけて糾弾するのも違うと思います。
逆に言うと、何が他より優れているのか、あるいは劣っているのか、私にはわからないし評価もできません。
教育の専門家でもないですし。
なので、文中でも、「大阪より愛知が遅れている」とは書いていません。「地域差」と書きました
わからないから。

ただ親として、地域住民として、「こうあってほしい」の理想は持ち続けようと思っていて、発信し続けるつもりです。
それが、正しいことかはわかりません。どんな「いいこと」も視点を変えれば「間違っている」かもしれないので。

禅問答のような回答になりごめんなさい。
はっきり答えが言えないということは、わかっていないのかもしれません(苦笑)
ぜひ来年の全国大会に参加してくださいね
いろんな人が、いろんな刺激をくれますから、何かわかったら私にも教えてください。
みゆみゆちゃんと同席でした~ (松木由紀子)
2017-07-27 00:35:36
初めまして。みゆみゆちゃんのお母さん。なんとなく、検索したら、最初にヒット。読んでいたら、あの活発な中3の女の子じゃないですか!!
もう、びっくりです。私も小4の長女を連れて埼玉からの参加だったので、金魚鉢トークの間、娘は寝てて、起きてからも翌日に行くUSJのことで頭がいっぱいで、最後は私と一緒に移動していたのですが、みゆみゆちゃんの「普通ってなんだろう?に惹かれ、さらに、最初のグループで一緒だったツキトさんと一緒に行動していたので、同じグループになりました。
ツキトさんです。「区別しまくりたい」って紙をかかえて。
「分けない」方向のところ「区別しまくりたい」は衝撃的で。
でも、娘さんのいうように、個々を尊重するってことを言ってて、彼の感性はかなり面白かったですよ。
藤田ツキトさん、すごい方です。検索したら出てきますし、フェイスブックやっているようでしたら、友達リクエストするといいですよ。あの時の中3の子の母ですって。
それにしても、みんなの学校でのつながりはすごいです。私も映画を観て以来、何かとつながって今に至ります。
3人の母で、中1の長男は小6から完全不登校。小4、小1の娘がいます。
ブログはやってませんが、フェイスブックで、なるほどって記事をシェアばかりしています。
ブログのほう、またゆっくりのぞかせてもらいますね。
とにかく、びっくり、感激でコメントさせてもらいました。
うちの娘は、みゆみゆちゃんとお絵描きして、下がっていたテンションをもりかえしました。お世話になしました。
それにしても、しっかりした考えをもっていて、堂々と発言できて、すごいです。
同席の方! (みゆはは)
2017-07-27 10:22:29
松木さま
はじめまして。
みゆみゆと同席だった方ですか!!すごい。ネットって。
行く前は彼女も不安だったようで、「後から『どんな話したの?』って聞かないなら行く」と言っていました。なので、「何も話したいことが見つからなければ、聞いてるだけでいいんだよ。」と伝えて連れて行ったのですが・・・。
終わるなりキラキラの笑顔で次々と報告してくれまして、「最近コミュニケーションに自信がなくなってたけど、今日は初めての人ともしゃべれてちょっと自信回復した!」と
親としてもそんな報告が嬉しく、同じグループになった方にお礼を言いたい気持ちになっていたところでした。
ほんとに娘がお世話になりました<m(__)m>

小4の娘さんとご一緒した話も、していました。
持ち帰ってきた模造紙がヘンテコリンな絵(失礼^^)でいっぱいで、聞いていくと、「小4女の子」「ツキトさん」「私」が描いた、とのことだったので、笑ってしまいました。
数あるグループの中でも個性ダントツだったかも、ですね
いい経験ができて、母子共に喜んでいます。

さっそくツキトさんのFacebookにアクセスしたいと思います。
私のFacebookはあまり稼働していないのですが、みんなの学校清須研究会ブログの「みんなの学校全国大会」記事最後から跳べますのでよかったらつながりましょう
https://blogs.yahoo.co.jp/minnanogakko1730/19289046.html
出会いに感謝です。

コメントを投稿

関連するみんなの記事