かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中2の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな高2のみゆみゆを、働きながら子育て中。

児童精神科入院

2020年01月08日 22時13分41秒 | みゆみゆとの生活
そうちゃん、今日から児童精神科の病棟に3週間の入院です。
精神保健指定医の判断による「医療保護入院」という形態です。
入院計画書によると、「症状」は「興奮と過活動」、「治療計画」は「安静と服薬」。
「入院中に採血・検尿を行います」「生活リズムの維持に留意します」とも書いてありました。
基本的には、レスパイト目的の入院となります。

生活リズム、大事。
眠れない日が続くと導火線短くなるからね。
ここのところ早起きで、5時前後にはごそごそ動き出してたから、親も若干寝不足気味です。

入院時のドクターとの話はまた日を改めて書きます。
そうちゃんがいない夜。
まずはみゆみゆと一緒に「ファンタジックビースト2」のビデオを借りてきて観たよ。
映画館で観たはずが随分忘れていた。
久々にみゆみゆとたくさん笑った気がする。

そうちゃんが大声を出しているとみゆみゆもしんどいらしく、最近あまりリビングにいなかったんだ。
だからこういう時間も大事。
16歳だって、ほんとはまだまだ甘えたいよね。

浮かない顔で「バイバイ」と言ったそうちゃんが可哀想で、後ろ髪引かれる。罪悪感。
けど体の緊張が緩んでるのも確か。
ずっとどこかに力が入って固まってた気がする。

今日はゆっくりお風呂に入って寝よう。
おやすみなさい。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 高齢者施設の訪問 | トップ | ドクターの話 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
児童精神科 入院病棟 (Chip)
2020-01-10 21:49:27
最近の児童精神科に入院病棟があり、さらに生活の管理をしてくれるとは初めて知りました。
全国レベルでいうとどの位入院施設があるんでしょうかね。
親のストレスは自閉症の子供はそのまま受け取りますから、親のストレス発散の為にも良い仕組みですね。
年末年始、お正月、体育祭、その他、自閉症中心で考えると、イベント抜きの生活の方が自閉症の子供には安定ですが、逆にヘルパーさんや支援施設との関係を考えると、365日同じ生活を送るのは不可能なんですねー。

やっぱり親御さんが一番大変だ。というところに結論が出てしまいますなー。
難しい。いろいろ。
Unknown (みゆはは)
2020-01-11 22:05:44
Chipさま
児童精神科はまだまだ少なく、専門の入院病棟があるところはほぼないのでは?と思います。
近隣の精神科病院には、思春期外来や思春期病棟、思春期デイなどが増えてきており、少しづつ整備されてきていると感じます。
地域共生の考え方の下、郊外型の大規模障害者施設は全国的に減りつつあります。
それ自体はよい流れだとは思いますが、地域の仕組みが整っておらず、かえって家族が抱え込む流れが生まれている現実もあります。

重度の行動障害があると、体が大きくなる思春期以降の家庭のみでの養育はかなり困難です。
時々病院や施設に預けながら、基本的には家庭に軸を置いて育てていくことが理想的かと思うので、ショートステイやレスパイトの制度が広がることを期待しています。

コメントを投稿