かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中2の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな高2のみゆみゆを、働きながら子育て中。

ドクターの話

2020年01月09日 23時25分41秒 | みゆみゆとの生活
入院先の主治医は、パシパシと話をされるおひげのドクター。
いつも通ってる大学病院からの紹介状を最初に読まれた。
「行動上の問題が顕著となり、家族の負担が大きくなっています。レスパイト入院をお願いします。」
あとは薬の名前が羅列。ようけ飲んでる。
シンプルでわかりやすい紹介状。大学病院のムーミン先生ありがとう。

で、まずは近況の聞き取り。
「前回の退院以降、何か変わったことはありましたか?」
「10月に自宅で大暴れしてタンスをバキバキに壊しました。そのあとも家の中のものを壊そうとして制止が効かなかったので110番しました。でも警察が来る前に家から裸足のまま飛び出していって行方不明になってしまいました」
「ほう、それで?」
「近くの病院に入っていったらしく、すぐに通報されて警察が保護してくれました。なので、行方不明になってたのは30分くらいです。」
「そうですか。」
さすが、海千山千のケースを診てきてる先生。
特に驚かない。

他にも学校での様子など話したあとは、質問タイム。
「何か聞いておきたいことはありますか?」
「先生、大パニックで物を壊すような時は、そうなっちゃったらどうしようもないもんですか?」
「うーん。毛布やぬいぐるみなんかのアイテムで落ち着く子もいるにはいるけど…。その子その子ですね。一般的には、成長するにつれ、『人』が関わると悪化することが多いです。関わらずにクールダウンしてもらうのが一番理想的。物を壊す子の場合、変な言い方だけど『モノをどこまであきらめるか』にもなってきますよね。」
更に、飛び出しや行方不明については、
「家中カギだらけにするか。まあ、それでも出てく子は出てくけど。あとはもし行方不明になっても、なんとかなるって腹をくくるかですね。」
やはり、この域までくると何か達観した感じで見守ってくしかないのね。
「はー、そーゆーことですか。」と空気多めの声で答えるしかなかった。

「家では何か環境変えたり工夫したことはありますか?」
という先生からの質問に、最近パズルにハマってると言ったら、
「それはいいですねー。この子の一番の課題は『退屈との戦い』だから。一つでもそういうのが見つかるのは非常にいいことです。」と言われた。
うれしい。褒められた。

服薬、レスパイト、環境調整。
そうちゃんが地域で生活していくためにはどれも欠かせない。
来週は、デイやショートのスタッフさん、相談員さんたちが集まってのケース会議がある。
いろんな方の手や知恵を借りて。
そうちゃんの笑顔を守っていきたいと思うよ。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 児童精神科入院 | トップ | フル回転な3日間 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kanashi_13)
2020-01-11 17:52:56
時々まとめて読まさせていただいています。
入院生活でそうちゃんも他の家族の皆さんも一旦落ち着いた生活を取り戻せると良いですね。

服薬、レスパイト、環境調整。
どれも大切な要素と思います。
自分が勤めている特別支援学校でも、中、高生で家庭や学校、放課後デイでパニックを起こして大変な苦労をしている家族もいらっしゃいます。

小学生くらいまでは何とかできても、中学生以降は本人の心身面の変化や、学年に応じた要求の変化で、変化への対応に追いつくのがさらに大変な日々を送るとなると、落ち着きたくても落ち着けないだろうなぁと思います。

周りの社会も効率化優先で、ゆったり過ごす大切さを減らしている気がします。そうちゃんはそんな社会ってどうなのと教えてくれているのかもしれませんね。
Unknown (名無し)
2020-01-11 19:52:11
みゆははさん。
レスパイトの期間もぜひ休めたエピソード教えてね。
長期ステイの過ごし方って、実は一番難しいから(笑)
Unknown (みゆはは)
2020-01-11 22:19:38
kanashiさま
支援学校の先生に読んでいただけて嬉しいです。
日々お疲れ様です。そしてありがとうございます。

学校も社会の一部で、中高生になるとそれなりの社会性も身につけていかなくてはいけません。例えば男女の違いとか、友情とか。
そもそもマイペースな子達にとっては、自分の体や心の急激な変化も伴う中、集団での行動を学ぶことは、楽しさももちろんありながら、疲れてしまうこともあるのだろうと思います。

「疲れたー」と休めたり、上手にサボったりができない息子は、動きや声が大きくなることで必死で発散し、適応しようと頑張っているのかもしれません。
なので、今回の入院も、少し現実から離れてクールダウンするという意味で必要なのかなと思います。
もちろん親にとっても。

坊やが暴れてしまう、親が倒れてしまう前に、レスパイトできるのはラッキーなことと受け止め、しっかり休息します。

名無しさま
そうですね。
私は、抜け殻のまま急激に動くという、一番いけない過ごし方をしている気もします・・・。
気分転換も上手にならなきゃ、と思います。(え?それ以上?と言われる気もしますが。)

コメントを投稿