かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中2の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな高2のみゆみゆを、働きながら子育て中。

ご機嫌

2020年02月17日 21時06分20秒 | みゆみゆとの生活
お風呂から上がる時そうちゃんが、
「1、2、3、5、7…」
最近数字を飛ばすようになった。
わざとかな?と思うこともあるけど、どうやらポンと抜けてしまうみたい。

連絡帳に書いたら、早速学校で数を数えさせる機会を作ってくれました。
早い対応に嬉しくなる。
「自立活動」の時間に箸の練習をして、その時に100まで数えながら取り組めたんだって。
素晴らしい。

夜、そうちゃんに「今日の自立活動は何やったの?」と聞くと、
「おはし やった」
おお。答えられるじゃん。
ついでに1日の振り返りを。
「1時間目は?」「2時間目は?」
スケジュール大好き自閉ちゃん、時間割を正確に言ってくれました。

では更に突っ込んで。
「5時間目の音楽は、何やった?」
遠い目をして、しばし考え込むそうちゃん。
この表情がたまらなく可愛かったりする。
「おぺらかるめん」
??

あ、「オペラ カルメン」ですか。
時間割を確認すると、確かにそう書いてある。
よく知ってるな。
「カルメンの歌を聴いたの?どんな歌?」
これは無理やろ、さすがに。
「ターラーララーラー ラーララーララー♪」
なんと、「闘牛士の歌」らしきメロディを鼻歌で歌ってくれたのでした。
すごいなー。

ベタベタに褒めたら、寝るときまでこんな笑顔。

ご機嫌さん。

調子に乗って絵本の読み聞かせしようとしてみたけど、
途中で大声で独り言を言い始め、最後までは聞いてくれず。
欲張ってはいけませんね。

でもいつか、
絵本を楽しめるようになってほしいなー。
世界が広がるから。
コメント   この記事についてブログを書く
« 歌の力 | トップ | 躁鬱?主治医の見解 »

コメントを投稿