miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しゃべれども しゃべれども [Movie]

2007-06-20 | (review:all)
 映画 「しゃべれども しゃべれども
    (平山秀幸:監督)
 を観てきました♪

 半年ほど前に読んだ原作はとってもよくって、
 佐藤多佳子さんにハマるようになった
 きっかけの本でもあります。
 映画もなかなか評判よいようなので、
 観たいと思ってたんです^^

 主演の国分クン、なかなかいいよ、とは聞いてましたが、
 思ってた以上に、好演、熱演、でした。
 なんかね、バラエティで見る彼って、
 いつもニコニコしてて、ぼわーんとしたイメージでした。
 それが、こんなにシャープな印象に変わるとは!
 表情もすごい豊かだし、スポーツ刈りもよく似合っていて、
 ちょっと短気で男気のある若手落語家・今昔亭三つ葉に
 全身でなりきってました。
 配役を聞いた当初は、「ちょっとイメージ違うなぁ」
 なんて思ったりもしたんですが、
 いやいやどうして、スクリーン上にいる彼は、
 今昔亭三つ葉そのものでした。
 すっごいよかったです、ホント。

 あと、村林役の子役・森永悠希クンには
 めちゃめちゃなごまされました^^
 大阪弁の憎まれ口が、ほんとカワイイ♪
 しかし、クラスじゃそりゃ浮くだろうなぁー(笑)

 ラスト、なんか唐突だったって聞いてたんですが、
 そのとおり、唐突でしかなかった。。。^^;;
 なんだありゃー、、、
 原作読んでても「なんじゃい?」なんだから、
 映画だけ観た方だとなおさら「なんじゃい????」でしょうな。。
 
 とまぁ、「ん??」なところも若干ありましたが、
 全体的にはなかなか楽しめました。
 落語を中心に回ってる三つ葉の周辺の、
 映画全体に流れてる下町の雰囲気、空気とかが、
 なかなかによい感じでした。

 しゃべらなければ、伝わらない。
 そうなんですよね・・・。
 私も三つ葉に弟子入りしようかなぁー^^;;


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ

コメント (34)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 一瞬の風になれ 2-ヨウイ... | トップ | 潮風の診療所 ~岬のドクター... »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
村林~ (cyaz)
2007-06-21 08:26:00
miyukichiさん、TBありがとうございましたm(__)m

ボクも原作を読んでから映画を観ましたが、原作の雰囲気を壊さず、むしろ映像としては満足のできるものとなっていました。
太一クンも凄かったですが、森永クンの枝雀ばりの「まんじゅうこわい」には感心しきり(笑)
オチはともかく観終わって清々しい気持ちになりました^^
TB何度か試みたのですが、何故か反映されませんでした>< 最近またgooおかしいです・・・。
ラスト (yukki)
2007-06-21 10:00:15
やっぱり原作を読まれていても
そう思われましたか。。
まあ、それを除けば(笑)全体的には
よかったんじゃないかと思います!
国分くん普段と違い、男っぽかったですよねぇ。
三つ葉は、村林のことを全く子ども扱いせずに
向き合っていたのがよかったし、
なにしろ、彼がしゃべるたびに
場内に笑いが起きていました。
負けず、他出演者のみなさんも
全員好演でしたね。。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-21 21:14:14
>cyazさん

 こちらこそ、ご訪問どうもありがとうございます◎
 TBも試みてくださったそうで・・・。
 なんで反映されないんでしょうね??
 お手数かけちゃいました、すみません。

 cyazさんも、原作読まれてからご覧になったんですね。
 ええ、全体の雰囲気や空気感が生かされてましたね。
 観終わって清々しい気持ちってのには、同感です^^
 あとから思い出しても、あの空気が心地いいんですよね。

 森永クン、頑張ってましたねー。
 劇場でも彼の落語に自然に笑いが起こってましたよ☆
 すごいですよね。
好演♪ (miyukichi)
2007-06-21 21:27:28
>yukkiさん

 ええ、それを除けば、よかったです^^
 国分クン、骨太でしたねぇー。
 かなり男らしくて、普段とは別人に見えました。
 (どちらがいいかは好みでしょうが 笑)

 たしかに、村林のことを
 子ども扱いしてませんでしたね。
 そもそも、名前じゃなく名字呼び捨てだし(笑)

 場内の笑いにもなごみました。
 みんな同じところでクスクスって感じで。

 皆さん好演でしたねー。
 三つ葉、十河、村林、湯河原の4人、
 最初は皆人見知りで距離があったそうなんですが、
 撮影が進むにつれて、仲良しになっていったんですって。
 公式HPの松重さんのコメントで読んで、
 そういうのっていいなぁって思いました^^
こんばんは。 (ジョー)
2007-06-21 21:43:43
TBありがとうございます。
なんといっても、会話教室に通ってもみんな会話の技術があがったようには見えなくて、でも自分の気持ちを伝えるのはちょっとうまくなったような感じのするところに共感してしまいました。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-21 22:22:02
>ジョーさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。
 
 たしかに、会話の技術は変わってないようでした(笑)
 でも、おっしゃるとおり、
 コミュニケーションが大事だってことには
 みんな気づきましたよね。
 そういうのが自然と伝わってきてよかったです。
国分くんの三つ葉 (ともや)
2007-06-22 20:14:42
こんばんは、miyukichiさん!
国分くんってどうしてもバラエティのほわわんとしたイメージが強いんで、逆にちょっと短気な三つ葉を国分くんが演じていることに違和感を感じてしまいました~。
国分くんはそんな子じゃないのに~って感じで(笑)。
TVから受けるイメージって怖いですよね(笑)。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-06-22 23:45:09
ラストねぇ、やっぱり唐突でしたよね?
原作ではもうちょっとキュンとしましたもん。
その部分を除けばあとは大体良かったんじゃないかしら?
東西落語対決の会で、五月が急遽出し物を変えたのもなかなか良かったと思いましたよ!
Unknown (R☆C)
2007-06-23 08:26:44
TBありがとうございます。
唐突なエンディングにジャニーズはやはり恋のシーンはダメなのかなって少し思いました。

原作の最後のカンジってときめきそのものですものね。

でもいい作品に仕上がっていました。
southAsia (southAsia)
2007-06-23 17:04:52
はじめまして。southAsiaと申します。いつもはROMオンリーで楽しくBLOGを見せてもらっています。
楽しみにしてるんで更新頑張って下さいね!
僕のブログではターバン野口の折り方を紹介しています。
暇があったら是非どうぞ。
http://panicblog.blog109.fc2.com/?eid=2696

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

(review:all)」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

しゃべれども しゃべれども/国分太一 (カノンな日々)
佐藤多佳子さんの原作は未読だけど「一瞬の風になれ」は読みました。「一瞬の風になれ」はめちゃめちゃ感動しましたヨ。申し訳ないけどあさのあつこさんの「バッテリー」の100倍以上は素晴らしいです。とにかく綿密な取材をしているのがよくわかるので心理描写にリアルな...
「しゃべれども しゃべれども」話し方を見つけた先に言えた本当の気持ち (オールマイティにコメンテート)
「しゃべれども しゃべれども」は落語家の2つ目の若手落語家がひょんな事から話し方教室を始める事になり、話し方を教えるストーリーである。話し方の上手い人と下手な人は何処でもいると思うけれど、何を持って上手いととり何をとって下手と取るのかは個人差があり難し...
しゃべれども しゃべれども (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1997年度の「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子の同名小説を映画化した人情劇。 今昔亭三つ葉=外山達也(国分太一)は師匠である今昔亭小三文(伊東四朗)の元に弟子入りし、現在は【二つ目】の身分に位置して...
自分を認めてもらえる喜び。『しゃべれども しゃべれども』 (水曜日のシネマ日記)
半人前の落語家と、彼の所へ話し方を習いに来る人たちの物語です。
しゃべれども しゃべれども (ネタバレ映画館)
・・・
しゃべれども しゃべれども (Good job M)
公開日 2007/5/26監督:平山秀幸 「愛を乞うひと」出演:国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗 他【あらすじ】東京・下町。今昔亭三つ葉は、二つ目の落語家。普段から着物を纏い、落語は古典だけと決めている。同期の噺家たちは時代遅れだと笑うが、変え...
「しゃべれども しゃべれども」 (俺の明日はどっちだ)
落語をテーマに適材適所のキャスティングと細かな演出で日本映画の豊かさを感じ取ることが出来る快作。 和服、風鈴、浴衣、ほおずき市、後ろ手で閉める玄関引き戸、路地裏の下町情緒などなど、とにかく映画全体に流れる「和」テイストがとても自然で心地よくて、すっかり...
「しゃべれどもしゃべれども」:新川一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この橋は? {/kaeru_en4/}日本橋川にかかる豊海橋。 {/hiyo_en2/}へえ、日本橋川なんていう名前の川があるんだ。 {/kaeru_en4/}日本橋川は、このすぐ右で隅田川に合流する。 {/hiyo_en2/}隅田川って、「しゃべれどもしゃべれども」の中で主人公の国分太一が...
しゃべれども しゃべれども (future world)
東京の下町を舞台に、二つ目の落語家を中心に展開する物語~~ 笑いあり、人情あり、恋あり、仄々とした風情を感じさせてくれる、とても‘やさしい映画’だった。 「古典落語」については殆んど知識も無くっていうか・・・ 始めから終わりまでちゃんと通して聞いたこ...
しゃべれどもしゃべれども(映画館) (ひるめし。)
みんな、何とかしたいって思ってる 今のままじゃ、だめだから
映画 【しゃべれどもしゃべれども】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子の同名小説の映画化。 東京の下町が舞台。“二つ目”の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の“話し方教室”に口下手な美女・十河五月(香里奈)、同級生に馴染めない関西弁の少年・村林(森永悠希)、毒舌の元野球選手...
しゃべれどもしゃべれども (SeCOND WALTZ)
しゃべれどもしゃべれども 少し時間があったのでたまには映画鑑賞。ここのところマイブームの落語。というわけで先に佐藤多佳子の原作を読んでしまったので映画を楽しめるか?と思ってたけど原作同様ほのぼのと楽しめた。僕はどちらかというと 制作費○○億円 とかみ...
しゃべれども しゃべれども☆独り言 (黒猫のうたた寝)
先日落語のライブを観たせいかいきなり急に観る気になったのは国分太一主演の『しゃべれども しゃべれども』真打になるには、まだ長い道のりがあるだろう今昔亭三つ葉・・・古典落語が大好きで噺家の道に入ったもののでも、彼には何かが足りない・・・本人はまだ気づいて...
・映画「しゃべれどもしゃべれども」をみる (肩の力を抜いて)
映画「しゃべれどもしゃべれども」をみに行った。「一瞬の風になれ」でブレイクした佐藤多佳子の小説の映画
【2007-71】しゃべれども しゃべれども (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ひょんなことから 「話し方教室」を はじめることになりました 先生:うだつのあがらない二つ目の落語家 生徒一:無愛想で口下手な美人 生徒二:クラスになじめない関西弁の少年 生徒三:解説の下手な強面の元プロ野球選手...
『しゃべれども しゃべれども』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
忙しかったんで、ひと月ぶりの映画鑑賞&舞台挨拶。今回は、TOKIO・国分太一&香里奈出演の『しゃべれども しゃべれども』日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにシネスイッチ銀座 (写真)はある。10:35くらいに着いたけど、既に行列が(爆)10:45から...
『しゃべれども しゃべれども』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『しゃべれども しゃべれども』(本館) 【監督】平山秀幸 【脚本】奥寺佐渡子 【原作】佐藤多佳子 『しゃべ...
「しゃべれどもしゃべれども」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 東京の下町に祖母・春子(八千草薫さん)と二人暮ししている外山達也(国分太一氏)は、「今昔亭三つ葉」という名の卯建が上がらない二ツ目の噺家。若くして両親を亡くした彼は、落語好きの祖父の影響で古典落...
好きなものから逃げちゃダメだ。~「しゃべれどもしゃべれども」~ (ペパーミントの魔術師)
ハイ、エエ加減原作読みますから。(爆) しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 新潮社 2000-05売り上げランキング : 599おすすめ平均 自分を良いと言ってあげたい成長+恋愛ドラマ落語を隠れ蓑にした現代恋愛小説Amazonで詳しく見る by G-Tools 落語の世界というの...
しゃべれども しゃべれども☆落語家国分太一の誕生?! (銅版画制作の日々)
 国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。   6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じていた。まるでほんまの落語家さんみたい。ナチュラルな人なので、この役...
真・映画日記『しゃべれども しゃべれども』 (          )
5月29日(火)◆456日目◆ 終業後、「シネスイッチ銀座」で『しゃべれども しゃべれども』を見る。 うん、実にすがすがしい日本映画だ! 監督は平山秀幸。 主演はTOKIOの国分太一。 二つ目(落語で真打ちの下の階級)の落語家・今昔亭三つ葉がちょっとしたきっ...
「しゃべれども しゃべれども」惜しい! (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作はとても良い話で4.5~5つ☆つけており、映画版も健闘していたのだけれど、あと何か、もうちょっと!惜しい!という映画でした。3つ☆半。
『しゃべれども しゃべれども』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども』□監督 平山秀幸 □脚本 奥寺佐渡子□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗、松重 豊 ■鑑賞日 5月26日(土)■劇...
「しゃべれども しゃべれども」 伝えられないもどかしさ (はらやんの映画徒然草)
自分の想いを、口にするのは難しい。 たとえ口から言葉が出たとしても、それが自分の
mini review 07085「しゃべれどもしゃべれども」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手らの人間模様が描かれる。監督は『愛を乞うひと』で日本アカ...
mini review 07085「しゃべれどもしゃべれども」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手らの人間模様が描かれる。監督は『愛を乞うひと』で日本アカ...
『しゃべれども しゃべれども』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の所に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)大阪から引っ越してきたものの、馴染めない小学生村林優(森永悠希)、いかつい面相の元野球選手湯河原太一(...