miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年3月に観た映画 (1)

2010-03-20 | review:Movies
 2010年3月に観た映画

■リバー・ランズ・スルー・イット(DVD) ★★★★
 ロバート・レッドフォード監督映画。
 ロバート・レッドフォード再来ともいわれた
 ブラピの出世作でもある。

 全体にはけっこう淡々と進みつつ、
 最後にはじわ~っと感情が押し寄せてきて、
 タイトルの示す意味もじんじんと伝わってくる。
 川べりの風景もとても美しい。

■裏窓 ★★★
 ずっと以前に、一度観ていた気がするが、
 案の定ストーリーは覚えていなかった(笑)
 
■ニューヨーク、アイラブユー ★★★☆
 さまざまな監督がそれぞれの「アイラブユー」を描いた
 オムニバス映画。
 全体を通して観終わったとき、人格としてのニューヨークという街が
 くっきりと浮かび上がってくる感覚。

■マルホランド・ドライブ(DVD) ★★★★
 デヴィッド・リンチ監督の話題作の1つながら、今さら初見。
 あっというどんでん返しに見事に騙される。
 伏線があちらこちらに張り巡らされていて、
 リピート鑑賞者が多いのもうなずける。

 私自身は、すぐにリピートする元気はなく
 (ない頭をフル回転して集中しながらのハラハラドキドキで、
  観終わってぐったり疲れてしまった^^;;)、
 そのまま返却してしまったけど。

 家でまたリピートする気力はないかもしれないけど、
 どこかでリバイバル上映とかしてくれたら、見に行きたいなぁ。
 
■チル・アウト!(DVD) ★★★★
 アルモドバル監督のおかげで、すっかりスペイン映画好きに。
 これ、かなりマイナーな映画なのかレビューもほとんど見かけないけど、
 なかなかおもしろかった!

■ハート・ロッカー ★★★★☆
 話題のアカデミ-賞受賞作。
 私としてはアバターを応援していたのだけど、
 ならばこそこれも観ておこうと思い。

 とにかくすごい迫力と臨場感。
 ドキュメンタリーを見ているかのような導入部から、
 息をのむ暇もなく引き込まれていく。

 冒頭の「戦争は麻薬のようなものだ」というナレーションが、
 ラストシーンで頭の中に何度もこだました。

 「ぬるま湯」にいる日本人には、衝撃の連続。
 戦争に反対という立場に変わりはないけど、
 有事の際に「自分たちの手で国を守る」ことがきっとできないであろう
 日本という国の是非についても、考えてしまった。

 観てよかった、観る価値のある映画だった。
 ・・・でもやっぱり、作品賞は「アバター」に
 あげてほしかったなぁ(笑)

■ダレン・シャン(吹替)(試写会) ★★
 山本裕典の吹替がえらい張り切りすぎていて、
 冒頭からしばらくはしんどかった^^;;

 途中ぼーっと観ていたせいか、
 いつのまにか、いったい誰と、何のために戦ってるのか
 わからなくなってしまい、観ていて何のハラハラもなかった^^;;

 主人公の指導係(?)のバンパイアが、誰かに似ているなぁ、
 「あーー! 石立鉄男だ!」なんて集中力ゼロでした。。

■少年メリケンサック(DVD) ★★☆
 宮崎あおいちゃんは頑張ってたけど・・・
 佐藤浩市も頑張ってたけど・・・
 なんかいまいちおもしろくなかった・・・。

 クドカンは好きだし、観るの楽しみにしてたんだけどなぁ。
 「あの宮崎あおいが、ここまでぶっ飛んで頑張ってますよ~」
 なだけの映画。と言ったら言い過ぎか!?
 同じぐだぐだでも、弥次喜多はけっこう好きなんだけどなー。

■北北西に進路をとれ ★★★★
 おもしろかった!
 大平原で飛行機に追いかけられる有名なあのシーン、
 てっきりあれがクライマックスかと思っていたけど、
 中盤くらいだった。

■シャーロック・ホームズ ★★★★
 小学校~中学時代にかけて、いっぱい読んだなぁ。
 新潮文庫だったかなぁ?
 記憶力が悪いので、細部までは全然覚えてないけど(笑)

 映画ではホームズもワトソンもえらいアクション派で、
 小説を読んだときのイメージとは全然違うイメージだけど、
 これはこれで、なかなかおもしろかった!
 ハリウッド映画(ですよね?たぶん)の王道的な
 スピード感・スケール感あるハラハラドキドキも満載。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2010年2月に読んだ本 | トップ | 2010年3月に観た映画 (2) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

review:Movies」カテゴリの最新記事