miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レインツリーの国/有川 浩 [Book]

2007-06-27 | (review:all)
 有川 浩:著 『レインツリーの国
 
レインツリーの国

新潮社

このアイテムの詳細を見る


 先日読んだ 『図書館内乱』に、
 この 『レインツリーの国』 が出てきました。
 とても素敵な話だよって、
 ある図書館員が女の子に勧めるんですよ。
 これはもう、読むしかないじゃないですか!(笑)

 で、読んでよかったー。
 作中に登場した企画モノってことで、
 あまり期待しないようにしてたんですが、
 いい意味で裏切られました。

 「フェアリーゲーム」というあるライトノベルに
 かつてハマっていた、伸。
 たまたま検索に引っかかった「レインツリーの国」
 という同作ファンサイトで、ひとみと出会い、
 交流を深めていく――。

 ひとみと伸の本音の感情のぶつかり合いに、
 もう何度も何度も泣いてしまいました。

 とっても面倒くさい女の子である、ひとみ。
 その面倒くささが、どうもすごく自分にシンクロして、
 だからよけいにチクチクと痛いんだけど、
 それだけに伸の大きさ、率直さ、優しさが
 ジーーンと沁みて、刺さって、もうダメでした。
 涙腺決壊・・・。

 障害をもつ女の子がメインキャストで、
 それについての描写も出てきましたが、
 いわゆる普通の「恋愛小説」です。
 と、あえて言い切ってしまいます。
 ええ、よくある普通の恋愛の1つです。
 これまた、いい意味で言ってますから^^

 もちろん、障害の種類も度合も1人1人違うっていう、
 その当たり前のことをあらためて認識させられたし、
 これからの対応なんかについても
 いろいろと考えさせられはしましたけどね。

 未来をけっして楽観視はしていないながらも
 希望に満ちた明るいラストも、
 とてもよかったです。
 素敵な本でした。


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ

コメント (14)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 空の中/有川 浩 [Book] | トップ | 小さいことばを歌う場所/糸... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (june)
2007-06-28 16:05:48
いい意味で
>よくある普通の恋愛の1つです。
って、わかります。
たぶん、ぶつかる壁がたくさんある分大変なんでしょうけど、
恋をする気持ちは、誰にだってあるものですもんね。
美化したりしないで、書かれているのもよかったです。

Unknown (エビノート)
2007-06-28 21:28:57
実際に出会ってからのすれ違いや、感情のもつれ、
そういったことから逃げずにちゃんと向き合った二人に幸あれ!と心から思いました。
ああ、『図書館』シリーズ読まなくっちゃです!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-28 21:32:44
>juneさん

 ええ、そうですよね。
 ぶつかる壁の大きさや回数は
 人より多いのかもしれないけど、
 それを除けば、私たちと何ら変わらない。
 そのことが、とても自然に伝わってきました。
 
 そうですね、美化せずに描かれていたからこそ
 すんなり受け入れやすかったのかもですね。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-28 21:40:53
>エビノートさん

 ええ、ほんとに!
 逃げずにちゃんと向き合った2人、
 これから先も一緒に幸せになってほしいです^^

 「図書館シリーズ」、まだ読まれていないんですね。
 読み出したら、ハマりますよー!(たぶん^^)
 私も3冊目が未読なので、
 読まなくっちゃ!です。
Unknown (水無月・R)
2007-06-28 22:29:42
みゆきちさん、こんばんは(^^)。
『レインツリーの国』、じれったくも爽やかな恋愛が、良かったですよね。
有川作品って、怒涛の勢いで読めるのに、深いなぁ、って思います。障害があるからひねくれてしまうひとみの気持ち、それをただ受け入れるだけでなく、良い方向に向けてあげられる伸の強さ、とてもよく描かれてました♪
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-29 00:38:03
>水無月・Rさん

 そうそう、じれったいのだけど、
 とても爽やかでもありましたね。

 怒涛の勢い、たしかに!(笑)
 
 ひとみの気持ちも伸の気持ちも、
 どちらもしっかり描かれていて、
 すごく感情移入しちゃいました。
 よかったですよねー。
Unknown (藍色)
2007-06-29 00:41:45
こんばんは。
ふたりの上手くいかないもどかしさがすごく伝わってきました。
困難を突き破ろうとする伸行の言動が、心に沁みる純愛物語でしたね~。
この先のふたり、きっと手を取り合って歩んでいくことでしょう。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-29 00:48:44
>藍色さん

 もどかしさ、伝わってきましたねー。
 伸の言動、ほんとにすごく沁みました、シビレました。

 この先も、ケンカしながらも
 一緒に歩んで行ってくれるといいですね。
 ひとみがだいぶ強くなりつつあったから、
 うまくいくといいですよね。
 
こんにちは (すずな)
2007-06-29 10:45:17
涙腺決壊・・・分かります!私も大決壊でした(笑)
メールのやりとりが、ドキドキしたり切なかったりで堪らなかったです。
これからも、やっぱり揉めたりしながら(笑)、それでも素敵な恋愛をしていくんだろうなーと思えるラストでした。
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-06-30 13:01:30
>すずなさん

 すずなさんも涙腺大決壊でしたか!
 わー、一緒です!(笑)

 メールのやりとり、切ないし痛いし、
 たまらなかったですね。。

 ラスト、前向きな感じがよかったですよね。
 一皮むけたひとみと伸のこれからが
 すごく楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

(review:all)」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

「レインツリーの国」を読む (怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】)
本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんです...
「レインツリーの国」有川浩 (本のある生活)
レインツリーの国 有川さんいわく、「『図書館内乱』とコラボ、しかも今までオプションだった飛び道具なし」の恋愛小説です。「図書館内乱」を先に読んでいたので、恋愛ものといってもどういうものかはだいたいわかってました。有川さんの恋愛ものというと「乙女」とか...
レインツリーの国 〔有川浩〕 (まったり読書日記)
レインツリーの国 ≪内容≫ きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。 あなたを想う。 心が揺れる。 でも、会うことはできません。 ごめんなさい。 かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。 青春恋愛小説に、新スタンダード。...
『レインツリーの国』/有川浩 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
有川浩『図書館内乱』の作中作品、『レインツリーの国』です。 キタキター!有川さん一流の、「じれったい愛{%heart3_a%}」ですよ!
レインツリーの国 有川浩 (粋な提案)
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中
『レインツリーの国』 有川 浩 新潮社 (みかんのReading Diary♪)
レインツリーの国  きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。 「図書館内乱...
レインツリーの国(有川浩) (Bookworm)
私ってホントに涙もろいんだなぁ・・・。いつにもまして号泣。最近、読書中に泣いてばっかりでなんだか厭なんだけど。涙腺が緩すぎるのか、読む本が泣きのツボにハマリすぎるのか、どっちなんだろう。・・・どっちもなんだろうなぁ、たぶん。
レインツリーの国 World of delight 有川浩 新潮社 (おいしい本箱Diary)
先日読んだ「図書館内乱」の中に、この物語が出てきてました。 クールな小牧さんと可憐な鞠江ちゃんのエピソードです。 鞠江ちゃんは、難聴者です。「突発性難聴」という病気のせいで 音が聞こえにくくなってしまった彼女を支え、愛していく小牧さんが 素敵で、とても...
『レインツリーの国』有川浩 (ひなたでゆるり)
レインツリーの国 有川浩/新潮社 きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。 『図書...
レインツリーの国 (気楽に♪気ままに♪のんびりと♪)
********************************************************************** きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。 あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。 ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には ある理由があった―。 ...
(書評)レインツリーの国 (たこの感想文)
著者:有川浩 レインツリーの国価格:¥ 1,260(税込)発売日:2006-09
「レインツリーの国」 有川浩 (日々の書付)
ひさびさに、本で泣かされました。「レインツリーの国」 ドキドキして、切なくて、読んだあと真剣に主人公達の幸せを祈らずにはいられない。 もともとは図書館戦争シリーズ・「図書館内乱」内にタイトルだけ登場していた架空の本。 この架空の本が命を吹き込まれ、実...
本 「レインツリーの国」 (はらやんの映画徒然草)
「図書館戦争」シリーズの有川浩さんの作品です。 「レインツリーの国」は先のシリー