『とらたけこの独り言』鳥取県倉吉市でピアノ教室を開いている三好芳子です。元気いっぱい楽しくレッスンをしています。

毎日のレッスンの事、面白いと思った事、気になる事など、日々の生活を記しています。日記の代わりにと思っています。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-07-28 12:23:11 | ピアノレッスン

レッスン終了・・・・

というか・・・・怒りを押し殺したまま部屋を出たというか・・・

 

家からの練習が皆無に等しい男の子。

ようやく弾けるようになったと思っても、1週間何もしないと元の木阿弥。。。

 

夏休みの特別レッスン!と設定した先週火曜日木曜日来ない・・・・

今日も、弾けないまま・・・

 

気付いてくれないかなぁ・・・

練習しないと、どうしようもないことを

 

 

コメント

〓マーク発動!

2012-07-22 18:09:56 | ピアノレッスン
今日はカウベルステップがあり、ちょっと顔出しをして帰ってきて、Y君のレッスンをやったのですが、
不覚にもマークを発動してしまいました

事の次第は…
毎日5回は弾こうね
1週間で35回だから
正が7個だよ
今メトロノーム♪=115で弾けたからこの速さでね

できてなかったらその分を弾かすからね

と約束したのに。

正は全くなく…
メトロノーム♪=70も無理…

ふつふつ
ふつふつ
ふつふつ
ふつふつ

意地悪しちゃいました
大人げないけど

「はい、35回弾こうね」
コメント

大泣きから1週間です

2012-07-21 23:07:14 | ピアノレッスン
さてさて今日は先週大泣きして帰って行ったHちゃんのレッスンでした。

プールに行ってきた後と言うことで「疲れてます」モードが前面ににじみ出ていました。

眠いからイヤだ発言も出て…

でもご褒美点々をけしちゃおっかなと怯えさせ(笑)
ピアノに向かわせました。

少しずつピアノが楽しくなっている時ですから、アプローチさえ間違えなければ大丈夫、頑張ってくれると思っていました。

大好きな曲から弾き始め
「できるかなぁ~」
「すごいすごい」
「上手だよねぇ」
とひたすら誉めたところで

クレッシェンドとディミヌエンドをつけて
藤原講座で学んだ「向かう…収める」を感じてみたり
弾いてみたり
リズムを変えたり

難しいといいながら
新しい事を楽しんでくれました。


ニコニコ顔で60分がんばりました。

焦らず
焦らず
焦らずです
コメント

年中Yちゃん

2012-07-16 11:34:35 | ピアノレッスン
Yちゃんのレッスンが終わりました。

指番号積み木で、数字の早口練習と指運動をしました。

16枚のリズム譜で4拍子を感じました。→パーティーBの楽譜を4拍子になるように線で囲っていますが、簡単ですので、小さいながら4拍子は体得できたと考えています。

かえるのうたに合わせてお手玉運動もしました。

英語音名も日本音名もイタリア音名も完璧ですから今後はフラッシュカードを使ってのお勉強を始めたいと思います。

パーティーBに入って、ステップは青線、スキップは赤線で認識するようにしました。←池川先生講座から借用

一歩ずつ進んで行くのがよくわかります
コメント

大泣きの原因

2012-07-14 20:36:35 | ピアノレッスン
姉妹二人でレッスンをしているお姉ちゃんのHちゃんがレッスンの終盤思いつめたような顔をしていました。

「どうしたの?」の問いかけにも一点を見つめているような、焦点が定まっていないような…

「わかんないことあった?」と直もきくと
後ろを向き(ママの方)

ヒック…
わぁーん
大泣きです

ママも私もびっくり

しばらく泣いて
止まらないまでも聞き出せた事は

発表会に決まった曲が長すぎる(ギロックのパリの花売りむすめ)
バスティンのパーティーCのふたりのブギを弾きたい

との事。


ギロックは彼女にとって決してむずかしい曲ではなく
「きれいだね。かんたぁぁん
と言っていたのに。

繰り返しをするのがそんなに嫌だったとは。

泣き止むことなく帰っていきました。

ふたりのブギでもいいよ
と言ってあげれば良かったのかもしれません。

でも…
敢えて言いませんでした。

頑張ってほしいから
コメント

後輩とランチ

2012-07-14 10:00:03 | 日記
昨日は同門の後輩でもあり、ソルフェージュの教え子でもあったM先生とランチをしました。

場所は東郷池そばのひいらぎ屋さんです。

彼女とは3月開催のステップ以来の再会です。

いろいろ情報が欲しいとの事で、
津山の藤原先生の講座
10月から倉敷ではじまる安本先生の講座
またこれまで学んできた事で伝えていなかった事をグッズの使い方を交えて伝えてみました。

子育てが一区切りつき、新居に引っ越したこともあり、心機一転勉強しようと思ったようです。
興味を持ったら一緒に受講に行こうと言って別れました。

藤原先生がおっしゃいます
「今が一番若いのよ」
いつでもスタートですし、フットワークの軽さは衰えさせたくありません。

私の学びもまだまた続きます
コメント

年長Kちゃん

2012-07-12 11:40:12 | ピアノレッスン
3月終わりから一緒に勉強をしているKちゃんはお母さんと一緒に車で通ってきています。
所要時間は25分くらいでしょうか。

基本、習い事は一人でも通える場所がいいなぁと思っていますが、昨今の社会的事情を鑑みると、送り迎えがあっても仕方がないのかもしれません。

そのKちゃんですが、はじめて4ヶ月弱の昨日、パーティーBを無事終わることができました。

私のパーティーCを見せると
「あおとり(青い鳥)さんがきぃとり(黄鳥)さんになった」と嬉しそうです。

9月の発表会には一番最後の曲「うたうオルゴール」とピティナコンペ課題曲から何曲かを選ぶことにしました。

ちっちゃいけれど50分のレッスンがちゃあんと受けられます。

お母様が
「ピアノのレッスンが楽しみでしようがないみたいで、ピアノの先生とのお約束と言って、宿題もひとりでちゃんとやるんですよ」と教えてくださいました。

楽しんで下さるのが一番嬉しいことです。

コメント

早口英語音名

2012-07-12 00:31:29 | ピアノレッスン
年中のYちゃんは4月からレッスンを始めたおちゃめな4歳の女の子です。

パーティーAを終わって6月終わりにパーティーBに入りました。

英音名も
日本音名も完璧で即答できるので前回「線の音符」と「間の音符」を英語音名で言ってみよう!の宿題を出してみました。

すると今回レッスンに来た途端に
「英語の音 早く言えるよ」
というと
「G★※△…」
聞こえたのはGだけ(笑)

てっきり英語音名の出発をGから始めたのだと勘違いした私は
「音の名はAから始めるよ」と。

そしたらYちゃんが
「違うよ、線の音符だからGからだもん」

びっくりです
めちゃめちゃ速くて聞き取れないくらいの速度!

子供の能力
侮れません
コメント

倉敷ヤマハでの勉強会

2012-07-11 02:16:08 | 講座
バスティン勉強会のご案内をいただきました。

10月から新しい講座がはじまるとの事です。

パーティーシリーズの勉強は私自身の基礎力をつける良いチャンスになっています。

先生は大好きな安本久仁子先生。


早速申し込みを済ませました。

コメント

練習は嫌いだけど

2012-07-09 23:38:02 | ピアノレッスン
小4Mちゃんは練習が嫌い
でも自分より小さな子には負けたくない

という今時の女の子です。

これなら出来ると思う
と前回一緒に練習をした曲を
練習しないでやってきました。

マークが出そうだったけれど
穏やかに穏やかに問いかけてみました。

「どうしてやらんかった?
一緒に練習したがぁ~」

「… 長いしぃ… 」

「発表会どうする?」

「簡単だけど難しく聴こえる曲がいい」

無理難題を言ってくれます。
コメント