徒然なるままに・・・美代子おばぁちゃん

お庭の花やそれを生けた写真などの公開。また、日常を徒然なるままに書き記した美代子おばあちゃんの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

立派な唐辛子

2008年10月28日 | 庭と花
朝市で直ぐ目についた唐辛子。  
大きくて長くて、真っ赤な一袋だけありました。  昨年辺りは、も少し短くて昔ながらのそれでしたが-------辛さは充分かしら? と思いながら、我が家だけで消費できないので、誰かさんにもと、糸に通しながら四つに分けて干しました。  そうですね、麻婆豆腐、白菜つけその他いろいろ使い道は、若い人達はレパ-トリ-沢山ですから。役立てて貰いましょう。
 
  こんなに艶やかで立派なのが100円なのですよ。ありがたいですね、感謝です。

コメント (2)

長寿梅

2008年10月24日 | 庭と花
きのうは一日雨でまた庭には柿の葉っぱが-----今朝早速にかき集めスッキリしました。

このところ、明るい話がありませんね。 Nhkのクロ-ズアップ現代で、「太陽光発電」
や「水資源開発」とかの素晴らしい技術を持ちながら他国の進出に遅れを取っているとか聞けば日本国民としては、何だか焦りを感じますね。今は経済面もお先真っ暗。わたしは、何も競争は嫌いですが--。企業のトップ、勿論政治家の方々しっかりしてよ! この国はほかに資源がないんだし、折角の力を有効に活用して欲しいと願います。  考えれば嫌な世になったもんです。 のんびり、穏やかにやさしく生活したいと思います。

只今庭に名前の良い「長寿梅」がさいてます。ボケの仲間でしょうね。盆栽向き(?)何年経っても木は大きくなりません。路地にあっても。  我が家では40年位かわらずですよ。

コメント (2)

柿の葉っぱ降る秋

2008年10月19日 | 庭と花
今朝早くけたたましい花火の音におどろきました。恒例の地区の運動会だと気ずきました。  以前は出場者を募るのに大変でしたが、此の頃は若い新家庭が随分入られ活気もあるし、お世話なさる班長さんも楽になられた事でしょう。  絶好のこの時期順調に行事も進み秋もどんどん深まりますね。

 庭の野菊に柿の赤い葉っぱが------  今年は柿の実は僅かですけど、葉っぱだけは多くて朝起きるとガンザキで、掃き集める気持良い仕事がありますの。   もう年賀はがきの予約も掲示されてるし早いですねえ--。
コメント

忘れられる秋草(?)

2008年10月17日 | 庭と花
戦後初めて知ったセイタカアワダチソウ。それこそ一気に黄色の大草原となるほどに、秋の風景を代表する物だったと思いますが------其の花粉がアレルギ-を誘発する元である事が発表され、おびただしい繁殖力だった為、其の根絶には多くの人々の作業が要ったろうと思います。<人類の敵>位の気概を持って除去されたので今では見る事がありませんでしたが、さっき河原で背丈20センチばかりの貧弱な2本の花を見つけ折って帰り花瓶に挿しましたの。   室内は遠慮し土間の下駄箱の上に------まあ色取りに、大繁殖にはならないよう用心しますわ。
 そうそブル-セイジ今年は水揚げよろしく、葉っぱいつまでも生き生きしてました。
コメント (2)

わたしもツユクサで~す

2008年10月09日 | 庭と花
遅れ馳せながら今咲いてます。  どこの産かわかりませんけど、寒い冬間は根株だけ土の中。 ほかのツユクサ同様。特に水、肥料などの手もとらず、春になってムクムク綿毛まみれの葉っぱが伸びだし20センチばかりに伸び今やっとピンクの花が咲きました。元々寒い所の産でしょうか
綿毛を見ると其の様に推測しますが-----
ムラサキツユクサは夏の初めから沢山咲きつずけ、今は終わりました。 昔からなじみの野生のそれらのどれが原種でしょうかしら?  どれもそれぞれソット咲いていて良いですね。
コメント (2)

ブル-セイジ

2008年10月07日 | 庭と花
長年咲いてくれてるブル-セイジ。始めに米粒くらいの、可愛い紫のビロ-ドのような花に驚き買ったもので、時々株分けしたり、場所を変えたりしてたんだけど、今年の花付きの悪いのを見れば、やっぱりもっと土を入れ替えたりしなくてはいけなかったのかと思い当たりました。  『これはハ-ブで肉料理に、重宝するよ』とか聞いたことがあるけど、我が家では使った事はありませんでした。  又、花瓶に挿すと水揚げが悪くて、葉っぱは除去し、花だけ他の物と入れると良いでしょうね。 ドライフラワ-にもするらしいですけど。 真夏の賑やかな花々に変わって少しは秋らしく感じられますこと---。
コメント (2)

露草

2008年10月05日 | 庭と花
秋もどんどん進んでいます。田んぼの稲刈りもきのう、おとついに大分終わっています。

庭のニシキギの下に、綺麗な色のつゆくさが、色あせたほかの葉っぱの中に咲いていました。  これらは、改良もされず子供の頃のまま、懐かしさがひとしおです。 そう言えば、このごろアザミは見ることがありませんよね。道端にあちこちあったものですけど。----(季節は春だった???)

そろそろ、朝晩涼しくなったし衣替えの入れ替えやらすることが待っています。
思いきって処分する勇気を振るいたたさなければ。--出来るかしら?
コメント