宅建合格らくらくナビ~みやざきの宅建ブログ~

楽しく学んで♪人生をより豊かに!より幸せに! 一緒にがんばって、絶対に合格しましょう! @takken_miyazaki

みやざきより ブログ再開のお知らせといただいたご質問について

2011-04-08 11:08:27 | みやざきの宅建活動日記♪

4月8日

電力の需給状況の推移などを考慮して、

震災後、休載していたブログ記事の連載を、今週末(土、日)より再開いたします。

なお、メルマガの配信は、いろいろと考慮して、もうしばらく見合わせます。

(GW前後に再開予定です。)

 

ブログ読者のみなさまへはご不便をおかけいたしました。

合格目指して、一緒にがんばっていきましょう!

 

※数人のかたからみやざき塾の問い合わせのコメントをいただいておりますが、

 連絡先がわからないため連絡ができません。

 みやざき塾へのお問い合わせにつきましては、

 ブログのコメント欄に、『 氏名、住所、電話番号、メールアドレス 』
 をお願いいたします。 
 【みやざきの承認がない限り、公開されない設定のため、個人情報は漏れませんのでご安心ください。】 

 連絡先のない方へは連絡ができないため、キャンセル待ち登録なども行っておりません。

 なお、5月14日以降の開催分につきましては、

 会場のキャパなど環境も整いましたので、

 いままでキャンセル待ちとなっていた方にだけ、個別にご案内をさせていただいております。

 まだ連絡がないなぁ…という方は、たいへん恐縮ですが、ご連絡をお願いいたします。

 

 

4月2日

今日(土曜日)は、東京電力の電力使用状況も9時頃の使用率80%のようです。

ちょっと悩ましいところではありますが、

あと1週間くらい電力の需給状況を考慮した上で、ブログを再開したいと思います。

 

ここ1週間で何件かいただいているご質問にお答えさせて頂きます。

 

Q. みやざき塾で使用している教材について

A. 合格率を可能な限り高めるための、まったくムダのない、オリジナル教材です。

   ※ブログ上のレジュメとはまったく別の形式の、

    わかりやすさ、覚えやすさ、使いやすさなどを工夫したものです。 

   みやざき塾に参加されている方だけに提供させていただいております。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

3月26日

今日は土曜日ということもあり、東京電力の電力使用状況も9:25現在

使用率76% らしいので、久々にブログをひらき、

何件かいただいているご質問にお答えさせて頂きます。

 

Q.ブログ、メルマガの連載の再開はいつですか?

A.電力供給の見通しが立ち、電力使用面での復旧がなされてからになります。

 権利関係の攻略レジュメ2011の原稿は、すべてそろっていますので、

 再開後、毎日公開していきます。

 

Q.みやざき塾へ参加したいのですがどうすればよろしいでしょうか?

A.まずは、こちらの記事をご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/5b5b2a79e182c9c2f18fa01493506227

ただいま、参加者が快適に学習できる環境を用意させていただくため、

5月14日実施分から会場を広くさせていただくことにいたしました。

会場自体は、追加募集可能な状況にはありますが、

いろいろなことを考慮して、

追加募集を積極的にブログ上でする予定はいまのところありません。

どうしても…というかたは、

ブログのコメント欄に、『 氏名、住所、電話番号、メールアドレス 』
をお願いいたします。 
 【みやざきの承認がない限り、公開されない設定のため、個人情報は漏れませんのでご安心ください。】 

ご連絡をいただければと思います。

 

Q.日建学院での今年の担当講座は何ですか?

A.現在、確定しているのは、

  『新宿校 火・木 夜間コース 18:30~』 です。

  無料体験講義もありますので、新宿校までお問い合わせください。

  なお、いま現在、上記コース以外での本科コースの担当予定はありません。

  昨年は、直前期の答案練習解説講義、重要ポイント特別講義を担当しましたので、

  今年も直前期の講義を担当するのかもしれませんが、まだ未定です。

  (担当の決定については、私が関わっていませんのでなんともいえません。)

  また、『みやざき講座』を提供するとの話もあります。

  実現したら、く高い合格率を提供できる講座なので、

  ブログ上で案内させていただきたいと思います。

 

次回のブログ更新は、電力供給状況・節電の必要性を考慮したうえで、おこないます。

ご理解をいただければ幸いです。

みやざきしんや

コメント