ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

JALなのに

2018-11-01 23:45:26 | 動くもの
JALの副操縦士が飲酒状態で逮捕されたのだとか。
それも国際線での話。

LCC航空機が人気を得ているけど、ワタクシは安全性の高い老舗航空会社を支持していたの。
以前、東京行きの便に乗れなかった時も仕方無いなと思って30分後に出発のANAを手配してもらったっけ。
何日も前に座席まで決めていたのに…。
業界のダブルブッキングかなとも思うけど。
なぜそうなったのかはわからず仕舞い。



好きだからJAL。
そこに具体的な理由など無くたっていいでしょ。
イメージが好きだったんだから。

いい企業だな、って。

だけど信頼とは脆いもの。
副操縦士に何かあったかなど知る由もありませんが、プロなんだからさ。

そこら辺の酔っ払い運転で逮捕されるしょーもないドライバーと同じって…。
情けなさ過ぎ。
記者会見で説明された社内検査で異常なしにも腹が立つ。
コメント

次は家でも

2018-11-01 23:08:37 | いい感じ
鮭の飯寿司づくり。



力のかかる作業を除くと言う条件ではワタクシの必要性などあるんだろうか。
現場には居合わせますが、ちょっと悩みます。



ウロコ取りの方が重労働ですかね。
ワタクシは尾ビレ近くに開けられた穴にヒモを通す役。

慣れて来るとそこそこのスピードでリズミカルに進められる。
でも調子に乗ってはいかんのです。



作業の終わり。
頭の部分の食べられる所を教えていただきました。
捨てる所が無いとも言われる鮭。



教わるとホントにそうだなと感心します。
そして次は自分で全部出来るように…、それがおもしろみと言うものでしょうか。
包丁の使い方も覚えなきゃ。



せっかくいただく命ですから。
真剣に手順を学びます。

家でもやってみようかな。

コメント

元気です

2018-11-01 20:30:02 | 飲み食べ
まだ元気だった頃。



なんて…、ちょっと入院して手術もしましたけど至って元気です。
ただせっかく治していただいた部分が剥がれないよう注意が必要だってこと。
激しい運動はダメ。

ま、お言葉ですがここ10年ほどは激しい運動などしたことが無いワタクシですから。
普段の生活でどんなことが規制の対象なのか…。

わからんのです。

でも手術をしてくださった先生に質問したのは「タイヤ交換はしてもいいですかね。」。
そしたら「いいですよ。」って。
時間は短いけど結構な力作業だと思うのですがね。
果たして先生が行うタイヤ交換はどれほどのものなのでしょうか。

悩みます。



これはお土産にもらったお菓子。
香ばしくて美味し。

まんじゅうも美味かったな。



また見えるようになったこと。
何でも美味しく食べられること。

健康であることに感謝します。



だから食べ過ぎに注意しよう。
コメント

山漬け

2018-11-01 18:17:36 | いい感じ
鮭の飯寿司づくり。



まだ準備中です。
と言うより製法を学び、地域の味覚として伝えて行きましょうという事業。



定置網に掛かる鮭を購入し、内蔵を処理。
ウロコやエラ、中骨付近の血腸なども取り除いて塩漬けにするの。
これが山漬けと呼ばれるものらしいです。



もういい年をしたオヤジですが聞くものの一つひとつが「へえーっ。」って感じです。
きちんとした手順で作られた山漬けは皮が香ばしくて美味いんだわ。
そんな説明もいただきました。



ううーん、でもこれは山漬けの完成をめざすのでは無く、飯寿司用に臭みを取るまでのものですから。
次回は正調山漬けでも習いましょうか。



なんて…、病み上がりのワタクシは作業の中心になれるハズも無く。
ほぼ記録係のようなもの。



それでもカメラオヤジ的には十分楽しませていただきました。



増毛の鮭もいい顔してるでしょ。
んまいよぉ。
コメント

鳥取土産

2018-11-01 17:33:03 | 飲み食べ
鳥取のお土産。



米子って書いてたかな。
梨の産地ですか。
プルンとしたゼリータイプの中に果肉が入っています。
なかなか美味し。

遠いところだからなぁ。

機会があれば行ってみたいけど。
人生も半分を大きく過ぎてしまいましたが、まだまだ見てないところが多いです。
残りの期間でどこまで旅することが出来るものやら。



ウサギのお菓子。
かわいらしいです。

しかも味もなかなか。



まったりしてしまいます。
コメント

行き止まり

2018-11-01 01:12:31 | 考えたら
厳しかった空も明日辺りから回復に向かいそうです。



ちょっと怖そうな雲過ぎたもの。
やっぱり秋は青空じゃ無きゃ。



昨日の午後。
急に降り出した雨の中、山の方は明るかったんです。
じゃ向かってみるでしょ。



雲の動きもそこそこ速かったです。
黙っていたら追い越されそう。

だけど山にも行き止まりはあるんです。



暑寒別岳の登山口になる山小屋“暑寒荘”。
そこまでは車で行けるんだけど冬の間は通行止めです。
規制が解除されるのは来春の4月。



ところで今年の通行止めゲートはちょっと雰囲気が違います。
注意書きのような看板が何枚も掲げられていますから。



積雪期に冬山で遊ぶ方が増えています。

増毛の山は長いこと閉ざされていたのですがね。
山荘に泊まり込みで山を楽しむという…。



それが観光振興と捉えられるのかどうか。
山荘の利用は基本的に夏場に限られているもの。
管理者であり、山岳遭難にも関係する者としては、人を近付けないという選択となりました。



その後は…。

そうだなぁ。
パトロールでも始めましょうか。
コメント