ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

失敗もまた

2011-07-05 20:30:00 | 災い転ず
高校の文化祭話が続きますが…。
そうそう土曜の仮装パレード。

交通整理係だったんですよね。
ワタクシの出番は、午後1時45分からのわずか10分足らず。
正確には、通り過ぎる間だけなので、もっと短かったんじゃないかな。

高校で車から降ろされて、あとはずっと徒歩でしたからね。
生徒たちと一緒の行動です。
自衛隊の横を通り、振興局の駐車場でパフォーマンスを見て、健康の駅からジャイアンツパチンコ、駅前信金、開運町のバス通りを通って国道を戻るルート。

そうだ。
モスバーガーから高砂公園に曲がり、早道通りを通って戻るのでした。
距離にして6キロなのだとか。
歩いたわぁ。
足が棒のようです。

生徒たちも順調にパレードを続けています…。
と書きたいところですがね。
1チームだけトラブルです。
山車の台車につけられたキャスターがパンクするというハプニング。

エアーを入れるタイプだったのですね。
重さに耐えられなかったようです。
4輪のうち、結局3コがパンクしてしまいました。



なので、コースから外れてコンビニ横の駐車場へ一時避難です。
ああ、どうしよう…。

こうして見ているとホントに車があるようでしょ。
さすが高校生です。
修理部品待ちの一行。
ヒマそうだなぁ…。



結局…。
応援の先生も来ず。
本隊のパレードとの距離もだいぶ離れちゃって追いつくのも難しい状況です。

「どうする…。」

そんなときにPTAの役員さんが車で来たもの。
ありがたかったなぁ。
「ユニック車持ってこようか。」

「これごと積み込んで学校までお願いしますっ。」
いやぁ助かるわ。



そんなわけで…。
無事、学校到着。
次回は軽量化について研究を重ねて欲しいですね。
コメント

ウーロン茶で

2011-07-05 12:50:00 | 飲み食べ
土曜の福よしの続きを。

この前はお通しのツブとたこ焼き風ポテト揚げしかご紹介していませんからね。
いつもそうだけど、今回もまたガッツリ食べてしまいましたよっ。

ガッツリ食べたって記憶はあるんですけどね。
名前がわからないんだな。
これ、チーズ入りの○○。

スティックなんとか、だったかな。
春巻き…、かも。
いや、やっぱりわかんない。



子どもがいますからね。
揚げものが続きます。
もう定番中の定番「フライドポテト」。
人生の中で何食食べましたか? って問われても困っちゃうくらい食べてますわ。
ジャガイモ換算何個だべ。

イモ好きだからなぁ。
北海道人らしいしょ。

ちなみにワタクシ、何もつけないでいただきます。
サッと振った塩味で十分美味しいですからね。



でもって、シーザーサラダ。
細かく刻まれたチーズと濃厚なドレッシングが特徴です。
ドロッと落とされたタマゴも魅力的ですわ。



そして今回は豪華にメロンも投入されています。
素晴らしい。
ま、ワタクシは食べられませんけどね。
メロンは何故か好きになれませんので…。



ひたすら飲み続けるウーロン茶。



ちょっと変わり種の巻き寿司は、ネギサーモンです。
ネギトロとはまた違う味覚ですね。
サッパリしているかなぁ。



これ意外といいかも。



お酒を飲んでいる訳じゃないんだけど注文しちゃうのがこれ。
イカ三升。
もう大好きです。



お食事会はまだまだ続きます。
コメント

オヤジの

2011-07-05 07:00:00 | 飲み食べ
去年から始まった留萌高校文化祭での焼き鳥コーナー。

オヤジたちでいいとこ見せるべ。
そんな感じで始まったコーナー。
あれ、そうでしたっけ?
勝手にイメージを崩してしまったかも…。

まあ、声を掛けたらイヤとは言えないお父さまたちが集合です。
学校の皆さん(もちろん男性ですけど)も駆けつけてくださいました。
言い出しっぺの校長先生ももちろん登場です。



そうだ。
去年は美術部の生徒さんだったかな。
看板まで製作していただきました。
ホント、お世話になります。

子どもたちの世話をしているハズなんだけどね。
逆になっているとこがまたいいんだわ。



今年は去年より数段立派なブースの登場です。
そうそう。
玄関周りには山車も並んでいて「まつり気分」も高まっちゃってるし。
こちらのテンションも上がりますなぁ。



販売開始は午前11時。
でもねぇ、オヤジたちはその1時間以上も前から集まっちゃうんだな。

また、いつも焼いてるんじゃないの? ってくらい上手だもね。
でも、ちょっと気を抜くと串が焼けて、持つとこ無くなっちゃうし。
緊張しながらキビキビと。

なかなか大変なブースなのです。

そうですよね。
オヤジは背中で語らなければ…。

コメント