気まぐれなサイコロVR

趣味の競馬を中心に、日常で気になったこと津々浦々を気まぐれに書いています。

高松宮記念予想

2011-03-27 07:27:18 | 競馬
【阪神11R:高松宮記念】
◎⑬ダッシャーゴーゴー
○⑤ジョーカプチーノ
▲⑦スプリングソング
△④インシャサノキセキ
×①レッドスパーダ
×⑧サンカルロ
×⑭エーシンフォワード

今年は阪神での開催。メンバーを見渡しても上位人気の馬から勝ち馬が出そう。ここは新興勢力の4歳馬のダッシャーゴーゴーを本命にする。前走は58キロを背負っての勝利。阪神コースも得意なだけにチャンスはある。スプリンターズSで降着した汚名を挽回するとき。
対抗はジョーカプチーノ。出遅れて、上がり32秒6の脚を使った前走の内容が秀逸。これでどんな競馬でもできる強みも得た。1200mで連勝して、時計勝負も強いだけに、スタートまともなら押し切りも十分。
一発の穴ならスプリングソング。前走の阪急杯も最後の坂で止まってしまったが、それでも4着。直線平坦な京都がベストも、前走の敗因は坂よりは距離。1ハロン短縮で見直したい。
昨年の覇者のキンシャサノキセキ。前走のオーシャンSは59キロを背負って、スタート出遅れ、それでいて追い込んでの2着は負けて強し。ただ、目一杯の競馬をした後だけに反動は気になるため△評価。

3月27日阪神最終・小倉メインレース予想

2011-03-27 07:24:16 | 競馬
【阪神12R:毎日杯】
◎⑤スマートロビン
○⑭トーセンレーヴ
▲⑥レッドデイヴィス
△③コティリオン
×②アルティシムス
×⑧カグニザント
×⑪デスペラード

【小倉11R:九州新幹線全線開業記念南九州特別】
◎③アドベンティスト
○⑬ウインドミネーター
▲⑨トーセンアドミラル
△⑭ツルマルスピリット
×⑫タマモアルプス
×⑩ゴーアップドラゴン

3月26日メインレース予想+α

2011-03-26 08:50:06 | 競馬
【阪神11R:スプリングステークス】
◎⑭リフトザウイングス
○⑦ベルシャザール
▲⑮ステラロッサ
△⑥オルフェーヴル
×⑤アドマイヤサガス
×⑪グランプリボス
×⑰リベルタス

【阪神12R:フラワーカップ】
◎⑪ハブルバブル
○⑱サトノフローラ
▲⑤トレンドハンター
△③マヒナ
×⑰マイネイサベル
×⑧シナル

【小倉11R:吉野ヶ里特別】
◎⑮リキサンシンオー
○⑨リビングプルーフ
▲④ニホンピログッデン
△⑪コクトー
×③クレムリンシチー
×⑥ステラーホープ
×⑤ショウナンスマイル

3月21日メインレース予想+α

2011-03-21 09:03:38 | 競馬
【阪神11R:報知杯フィリーズレビュー】
◎⑥エーシンハーバー
○⑪フレンチカクタス
▲⑤ツルマルジュピター
△⑫ドナウブルー
×⑭スピードリッパー
×②アイアムアクトレス
×⑨フォーエバーマーク

【阪神8R:阪神スプリングジャンプ】
◎⑫タマモグレアー
○⑥テイエムハリアー
▲⑨オープンガーデン
△⑬ダノンバッカス
×②マッハジュウクン
×⑤キングジョイ
×④スズカスペンサー

3月20日メインレース予想

2011-03-20 08:16:11 | 競馬
【阪神11R:阪神大賞典】
◎⑩モンテクリスエス
○⑧ゲシュタルト
▲③ナムラクレセント
△②コスモメドウ
×⑨キタサンアミーゴ
×⑫オウケンブルースリ

【小倉11R:中京記念】
◎④ナリタクリスタル
○⑭サンライズマックス
▲⑩オウケンサクラ
△⑧ブロードストリート
×⑦ラフォルジュルネ
×③ダイワジャンヌ
×⑨ドモナラズ

3月19日メインレース予想

2011-03-19 08:12:57 | 競馬
東北大震災の被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

自分が住んでいる北海道も気持ち悪いくらいの横揺れがありました。

被害の殆どなかった関西圏を中心にとはいえ、こんな状況の中で競馬をすることの是非はあるはず。予想をすること、それをブログにアップすることにためらいもあったが、被災地支援競馬で行われること、売り上げの一部が寄付にまわされることから、予想だけはアップすることに決めました。当面の間は印のみです。

【阪神11R:中日スポーツ賞ファルコンステークス】
◎④マジカルポケット
○⑯アフォード
▲②アフリカンハンター
△⑦ヴォトレメイヤー
×⑮ヘニーハウンド
×⑨シゲルソウサイ
×⑪テイエムオオタカ

【小倉11R:海の中道特別】
◎③ピエナファンタスト
○①カノンコード
▲④ラッキーポケット
△⑯スマートジェネシス
×⑧ドリームセーリング
×⑬ジャングルハヤテ
×⑩ロケットダイヴ

3月6日メインレース予想

2011-03-05 20:24:51 | 競馬
【中山11R:報知杯弥生賞】
◎⑤オールアズワン
○④デボネア
▲⑪ショウナンマイティ
△⑨ターゲットマシン
×⑥サダムパテック
×③プレイ

牝馬戦線に比べ大混戦の3歳牡馬戦線。まだクラシックの主役は混沌としている。例年はクラシックの主役になりえる馬が登場する弥生賞だが、今年は混戦模様。
札幌2歳sを勝っているオールアズワンを本命にした。これまでデビューしてオール連対。負けたのはグランプリボス、ダノンバラードから見てもこの馬の能力の高さがわかる。前走は鋭さ負けした印象だが、休み明けの影響もあったはず。ある程度前々で立ち回れるのは中山コースも向く。本番に向けてのレースになるのは確かだが、大崩れはしないと見ている。
対抗は京成杯で2着したデボネア。勝った馬とは本当に僅差だったし、通った位置の差もあったはず。今回は京成杯で3着したプレイが再度出走しているし、この馬の逃げならスローにはならない。上がりがかかった方がいい馬だし、同条件なら好走の可能性は高い。
ショウナンマイティは折り合い一つ。上手くいかなかった2走前。馬群で折り合って3着に負けたとはいえ最後はいい末脚を見せた前走。諸刃の剣だが、前走のような競馬ができれば十分勝てる能力はある。あとは長距離輸送をこなしてテンションが上がっていなければ。
新馬戦はスタートで出遅れたものの豪快な追い込みを見せ、前走は好位から上手く立ち回ったターゲットマシン。スタートの不安はあるが、この頭数なら馬群に包まれるなんてことはないはず。
サダムパテックもスタートに不安があるし、コーナー4回の中山2000mは向かないと見て押さえ。穴は短期逃げで相手なりのプレイ。

【阪神11R:大阪城ステークス】
◎④シルポート
○⑥セイクリッドバレー
▲⑭マイネルクラリティ
△⑨ダンツホウテイ
×⑧オートドラゴン
×⑫キャプテンベガ
×⑩ルールプロスパー

年明けの京都金杯を勝ったシルポートを本命にする。前走の東京新聞杯は少し厳しい展開になったが、それでも0秒2差の6着はマズマズ。メンバーを見て単騎逃げは確実。中間に順調さを欠いたのと58キロのハンデは気がかりだが、メンバー的には勝ち負け必至。
対抗はリスボリJが騎乗するセイクリッドバレー。なかなか展開が向かないレースが続いたが、前走の3着で漸くこの馬らしさが見えた。追えるこの鞍上なら差しきりの可能性も十分。休み明けも以外に走るし、阪神コースとの相性もいいマイネルクラリティも侮れない。
ベストは京都も、阪神コースで2着した2走前から克服可能なダンツホウテイも連対圏はうかがえる。ソロソロ走り頃のオートドラゴン。相手なりのキャプテンベガも押さえ候補。大穴はルールプロスパー。

【小倉11R:大濠特別】
◎③タガノシビル
○⑪ミッドタウンレディ
▲⑫シルクナデシコ
△⑦エナジーハート
×⑯リュンヌ
×⑧ヤマニングルノイユ
×⑤アイスカービング

地方からの出戻り緒戦の前走を快勝したタガノシビルの連勝に期待して本命。馬場の荒れた中を逃げ切って勝った内容は評価したい。昇級戦も牝馬限定戦なら勝負になるはず。好調の川須Jに期待。
相手筆頭はミッドタウンレディ。能力の高さでダートもこなせたが、芝向きなのは確か。小倉では2戦して結果を残せていないが、距離が長かっただけ。1200mの平坦コースはピッタリ。クラス3走目でソロソロ慣れが見込めるシルクナデシコが穴で不気味。1200mに戻るエナジーハート。再度外枠を引いたリュンヌも押さえたい一頭。

3月5日メインレース予想

2011-03-04 19:54:51 | 競馬
【阪神11R:チューリップ賞】
◎⑧レーヴディソール
○②タガノラヴキセキ
▲⑩ライステラス
△①ケイティーズジェム
×⑫メーヴェ
×⑤メデタシ

昨年の最優秀2歳牝馬のレーヴディソールの始動戦。牝馬路線は新星の存在もなく、この馬一強の現状。前走の阪神JFも着差はそれほどではないが、内容的には余裕のある勝ち方だった。スローペースになったとしても差し切れる脚はある。前哨戦で余裕残しなはずだが、このメンバーなら負けられない。
相手筆頭はタガノラヴキセキ。ここ2走はスローペースに泣いている感もある。阪神JFの内容から1600mに関しても不安はない。多少前で競馬ができれば連対圏は十分。
阪神JF3着のライステラスはじっくり調教を積んで仕上がりは悪くなさそう。ただ、前走でレーヴディソールには完敗といった内容だっただけに…。実績的にはレーヴを除けばこの馬になる。
ケイティーズジェムは新馬戦の内容から考えると相当の足踏み。一押し利かない馬だが、坂のある阪神で一変の可能性はある。前走のクイーンCでメンバー最速の上がりを使ったメーヴェ。ディープ産駒のメデタシが穴候補。

【中山11R:夕刊フジ賞オーシャンステークス】
◎⑯ケイアイアストン
○⑨レッドスパーダ
▲⑤ダッシャーゴーゴー
△⑩キンシャサノキセキ
×③セイコーライコウ
×④シンボリグラン
×②ショウナンアルバ

過去の傾向から一筋縄では収まらない。有力馬先に目標があるだけに、ここで賞金加算したい馬などの勝負駆けには注意したい。大外枠だけが気に入らないがケイアイアストンで穴狙い。前走の京阪杯は上手く立ち回って一瞬は勝ったかと思ったが最後はハナ差の2着。昨秋は徐々に復調して安定したレースができた。調教の時計も出ており調子はよいと判断したい。今なら坂のある中山コースも克服可能。
対抗はレッドスパーダ。前走の阪神Cは休み明けで2着。ペース的に多少楽にだったとはいえ、ハナを奪えて粘っての2着は評価したい。元々はGIでも2着したことのある実績馬。スピードはあるだけに初の1200mは克服可能だし、案外向くのかもしれない。
ダッシャーゴーゴーは昨秋のスプリンターズSで降着になったとはいえ2着入線。僅差の内容だけに先々が楽しみな一頭。前走の京阪杯は激走の反動と見たい。立て直した効果に期待。あとは58キロの斤量が…。
斤量だけで言えばキンシャサノキセキの59キロもかなりきつい。デキが完全ではなった昨秋のスプリンターズSでのレースからも力は抜けているが、本番も見据えてということで△まで。近走安定しているセイコーライコウ。穴は9歳馬も前走の内容が良かったシンボリグランか、ハイペースになったときに突き抜けられる力のあるショウアンナルバ。

【小倉11R:中京スポーツ杯】
◎③エターナルロブロイ
○④ルナキッズ
▲①ハジメレンジャー
△⑨ツヨイキモチ
×⑪エーシンマダムジー
×⑭テツキセキ
×⑮ステキナシャチョウ

昇級戦の馬も多く難解な一戦。ここは昇級馬のエターナルロブロイを本命に抜擢。前走はこの馬向きの展開になったのは確かだが、自分から動いていってのレース内容は評価できる。ある程度の脚は使える馬だけに、ハンデも加味して面白い存在。
相手筆頭は安定株のルナキッズ。前走の時計は優秀だし、小倉との相性の良さも魅力。ハジメレンジャーは最内枠が微妙も、捲れる競馬なら浮上の余地あり。
軽ハンデならツヨイキモチ。前走は強烈な末脚だった。あとは展開一つ。ダート替わりで安定しているテツキセキも押さえたい。穴はダートに戻ってのステキナシャチョウ。