気まぐれなサイコロVR

趣味の競馬を中心に、日常で気になったこと津々浦々を気まぐれに書いています。

2008年ブログ納め

2008-12-31 14:24:45 | 競馬
大晦日を迎え、これが今年最後の更新になります。

有馬記念はダイワスカーレットが圧勝。この馬の強さは本当に桁違いなのかもしれません。それにしても今年は牝馬の活躍が目立ちました。人間の世界でも女性が強いといわれているし、馬の世界でも同じなのかもしれませんね。

ダイワスカーレットやウオッカは来年も海外遠征を視野に入れているようで、今年以上の成績を残してくれているのを期待しています。

来年はいつもより早い4日から競馬がスタート。あっという間に金杯がやってきます。次回の更新は3日になります。

今年も気まぐれなサイコロVRにご訪問くださりまことにありがとうございました。
また、TB、コメントをいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
それでは、みなさんよいお年を

平場レース予想

2008-12-28 08:24:31 | 競馬
最後は3場の平場のレース予想。

【阪神1R:2歳未勝利】
◎⑭メイショウカガリビ
○⑧クリスァドール
▲⑩フレーバーティー
△②ファストストリーム
×⑮ジョーセレス
×⑦シルクヴィオレット
×④アンディーフロイデ

ダートの前走で内容が一変したメイショウカガリビ。能力なら未勝利では上位の存在だけに今度こそ勝機か。休み明けになるがクリスザドールも調教はしっかり積んでいるだけに逆転可能。距離延長でフレーバーティーの変わり身もありそう。

【阪神2R:2歳未勝利】
◎⑬マヤノマリンブルー
○⑮ピサノプレミアム
▲⑤タガノバッチグー
△⑨レッドアイ
×⑭ライラックノユメ
×②キタサンエンペラー

前走はハイペースで行ってしまった分最後は失速したマヤノマリンブルー。距離短縮はプラスだし、使われた上積みもある。唯一の不安はダート替わりだけもスピードで押し切ってほしい。時計面での限界のあるピサノプレミアム。初ダートで好走したタガノバッチグーも逆転可能。

【阪神3R:2歳未勝利】
◎⑨ケイアイゲンブ
○⑮シゲルゴユウザン
▲⑭ブローヒッター
△⑯ニシノラブキング
×⑩シルバーフィールド
×①メイショウアッチラ
×④ウォークラウン

前走はスタートで後手を踏んだことが響いたケイアイゲンブもこのクラスでは力上位。あとは休み明けで息が保てるかどうかだけ。スローで上がりの競馬になってしまい2着のシゲルゴユウザン。速いペースになったときに対応できるかどうかだけ。ブローヒッターの出走した、新馬戦で勝った馬が昨日の樅の木賞を勝ったようにこの馬の通用はする。

【阪神4R:障害オープン】
◎⑧タガノデンジャラス
○⑪マーブルジーン
▲⑦ホットビスティー
△②モモタロサン
×④シルクギャロップ
×①ファストソニック

昨日の中山大障害を勝った高田Jの騎乗するタガノデンジャラス。前走は障害の飛越に雑さがあった、スムーズなら巻き返す。オープンで堅実な走りを続けているマーブルジーンが相手筆頭。

【阪神5R:2歳未勝利】
◎⑧メイショウオーラ
○⑬ナショナルヒーロー
▲③ベルモントラスター
△⑨カネトシポインター
×⑭トムズビーム
×⑪タマモコロナ

前走は上位2頭が強すぎたメイショウオーラだが、時計的には未勝利戦では十分勝ち負けできるもの。今回はメンバー的に少し楽になり勝ち上がる順番。強敵はナショナルヒーロー。初ダートがどうかの不安はあるが、詰めの甘い馬だけに、底を補えれば案外面白いはず。

【阪神6R:2歳新馬】
◎⑥アプレザンレーヴ
○⑨エイシンスペシャル
▲②カウディ
△⑤タイガースラム
×①ジョウノワンダー
×③マイネルビバーチェ

血統的にも注目のアプレザンレーヴ。調教の内容も良いし、この頭数のここなら順当勝ちできそう。相手筆頭にはエイシンスペシャル。かなり乗り込んでいるし、動きも悪くなさそう。血統面だけならカウディにも注目したい。

【阪神7R:2歳500万】
◎⑤ミクロコスモス
○⑪ワイドサファイア
▲⑫サトノエクスプレス
△②ラインブラッド
×⑩コパノマユチャン
×④ビスカヤ

今日の平場戦では一番の注目。来年の牝馬のクラシック戦線に乗ってくるはずのミクロコスモスとワイドサファイアの2頭が抜けているが、GⅠの前走で最後の追い込みが目立ったミクロを本命にする。鮫島Jも2度目なら前走のように下手には乗らないはず。ワイドサファイアも前走はスタートが悪く、スローペースに嵌ってしまった。まともなら巻き返し必至。

【阪神8R:3歳以上1000万】
◎②ピイラニハイウェイ
○⑧ユウキタイティ
▲⑨アドマイヤレグルス
△⑥ハニーフラッグ
×⑤ワンダームシャ
×③モチ

休み明けの2走が物足りないピイラニハイウェイだが、得意の阪神ダートでこのメンバーなら楽に競馬もできる。3走目で今度こそ決めてほしい。相手筆頭は阪神ダートと好相性のユウキタイティ。アドマイヤレグルスの差し脚にも注意したい。

【阪神9R:3歳以上1000万】
◎⑩ルールプロスパー
○①マストビートゥル-
▲⑨フサイチダイチャン
△④サザンギャラクシー
×⑥フィールドルーキー
×⑦ミゼリコルデ
×③キクカラヴリィ

展開的に単騎逃げが見込めそうなルールプロスパー。それなら直線が長く坂のある阪神コースでも押し切れそう。このクラスでは安定勢力のマストビートゥルーが相手筆頭。格上挑戦になるものの能力は高そうなフサイチダイチャン、サザンギャラクシーに要注意。

【中山1R:2歳未勝利】
◎⑮ノボパガーレ
○⑤ゴールドエンデバー
▲④エドノゴールド
△⑯トクトイムスメ
×②ナタリー
×⑨グローリアスライン

最後は差を詰めていたノボパガーレの前走。絶好の外枠があたって、メンバーにも恵まれた今回は勝つ順番。前走は直線で失速したゴールドエンデバーもしっかり立て直されて今度は違うはず。スピードあるだけに逃げ切りも警戒。

【中山2R:2歳未勝利】
◎⑨クラブトゥギャザー
○⑯アークビスティー
▲②スマイルキング
△⑫スギノブレイド
×③シブン
×⑥セイカプレスト

新馬戦でハナ差2着に惜敗したクラブトゥギャザー。上がりもしっかりとまとめていたし今回は順当にチャンス。関西から遠征してきたアークビスティーが強敵。前走はスローペースで競馬の流れに乗れなかった。まともならあんなことはないはず。使った上積みも加味して逆転候補。スマイルキングは初ダートだけも能力は高いはず。

【中山3R:2歳未勝利】
◎⑯ケニアブラック
○⑦プラチナチャリス
▲⑪コスモカサブランカ
△①サニーサンデー
×③アルストリスタン
×⑨ラークフライト
×⑥ディヴァインレッド

スタートで出遅れたものの最後はいい伸びを見せたケニアブラック。中山コースに替わっても問題はなさそう。今度は使ったことで馬もしっかりしてくるはず。スタート五分なら勝ち負け必至。プラチナチャリスは4角での不利が痛かった。折り合って走れれば巻き返しも十分。時計のかかる馬場が向きそうなコスモカサブランカに要注意。

【中山4R:2歳新馬】
◎⑪スペシャルシンガー
○⑤ドリームアスパイア
▲⑧アドマイヤワンダ
△③ヘロン
×⑩リコリス
×④シルクスフィーダ

古馬と調教でも遜色のない動きを見せているスペシャルシンガー。リーディングを狙う池江寿厩舎がわざわざ遠征してきたほど。ここは勝算ありと見てのことだろう。負かせるとすれば調教の動きが良さそうなドリームアスパイア。

【中山5R:3歳以上500万】
◎⑦ダイワライトニング
○⑩ワインアドバイザー
▲⑪サクラリーバポート
△⑯トーセンマンボ
×⑨メイショウマリア
×⑧フランドルシチー

前走でつけたブリンカーの効果があったダイワライトニング。今回もつけてきており、真面目に走れれば今度は連対圏をうかがえそう。ソコソコ時計がかかれば中山1800mは得意にしているワインアドバイザーの巻き返しもありそう。サクラリーバポートも立て直した効果に期待したい。

【中山6R:3歳以上1000万】
◎⑦サラトガ
○⑪グレイスサンセット
▲⑫リバティープリント
△⑭シルクレセプション
×⑨ミキノモナコ
×⑮リュウメイ

混戦メンバーだが得意の1200m戦に戻ってのサラトガの巻き返しに期待して本命に。前走でこのクラスにメドの立ったグレイスサンセット。休み明けもデビューから2戦2勝。スピードのあるそうなリバティープリントは息さえ保てば好勝負も可能なはず。

【中京1R:3歳以上500万】
◎④タイセイフレイヤ
○⑥ポートムテキ
▲⑨アイスボックス
△⑫ワキノドライバー
×⑧アドマイヤミスティ
×⑤ワキノキルシェ

前走の内容は物足りないものの、再度限定戦で前走よりはメンバーが楽なタイセイフレイヤの巻き返しに期待して本命にする。中京とも相性のいいポートムテキは2着続き。そろそろ惜敗にピリオドを打ってもおかしくない。穴は先行したときのアイスボックス。

【中京2R:3歳以上500万】
◎⑤メイショウアーチャ
○⑬スリーフォートラン
▲③テイエムカゲムシャ
△⑩ボストンカラーズ
×⑪ラスカルデューク
×⑮ヴァイオリン

中京コースと相性のいいメイショウアーチャ。前走は勝った馬が強かっただけで、この馬もソツのない競馬ができていた。連闘でも得意の中京で再度の好走に期待。スリーフォートランはなかなか絞れないが、このクラスの1000m戦なら堅実だけに巻き返しに注意。行ききればテイエムカゲムシャの逃げ切りまで。

【中京3R:3歳以上500万】
◎⑨ホワイトショウフク
○④ウインプレミアム
▲⑤グルティストライク
△⑭ニシノウェーヴ
×⑮オシャレキング
×⑧シルクスターシップ

前走は好時計での2着。中京コースとも相性も良いだけに今度こそ勝利を期待。ウインプレミアムも前走の内容は悪くなかった。再度得意の中京だけに逆転も可能。ギルティストライクもローカルの1700mなら十分通世する。減量起用で一押しできる。安定勢力のニシノウェーブまでが連対圏。

【中京4R:2歳未勝利】
◎⑥カネコメリッチ
○⑭シゲルクラマヤマ
▲⑩ブルーライジング
△②カムイリング
×③キリコンサート
×⑧ファンドリカップ
×⑫レーシングレディー

連続2着のカネコメリッチ。内容は1戦ごとに良くなっているだけに、今度こそは勝利の順番。シゲルクラマヤマもスピードはあるが最後の一粘りにかける。中京の平坦コースで甘さを補えれば。ブルーライジングも距離短縮でもう少し粘りも増しそう。時計がかかればカムイリングまで注意したい。

【中京5R:2歳未勝利】
◎③マルラニビスティー
○⑬レジェンドブルー
▲⑫ジュモー
△④ブラストエルザ
×⑧ミヤビオウカ
×⑮トゥザハッスル

休み明けになるがしっかりと乗り込んだマルラニビスティー。距離延長も血統的に見てプラスになるだけに久々でも好走必至。レジェンドブルーも初戦の追い込みはなかなか目に付くものがあった。使ったことでスムーズな競馬ができれば逆転まで。ジュモーも距離延長で良さが出てきそう。新馬戦2着のブラストエルザも巻き返しありそう。

【中京6R:2歳新馬】
◎⑭ワールドワイド
○⑨フェアーシャノン
▲⑤サザンオーカン
△③トップサンダー
×⑪セイウンラピッド
×⑫シンセリティー
×⑮ディダアパアパ

調教の動きが良さそうなワールドワイドで大丈夫そうなメンバー構成。ダートの向く血統だけに初戦から期待。調教量が豊富なフェアーシャノン。1週前の調教時計が良かったサザンオーカンにも注意が必要。

【中京7R:3歳以上500万】
◎①タキオンバッハ
○⑩フェイクスパ
▲⑥シルクエンデバー
△②ウインク
×⑮メジロアルタイス
×⑦ゲバルトステイヤー

タキオンバッハはダートの長距離戦なら安定して力を発揮できる。ここは単騎で逃げられそうなメンバー構成。マイペースで行くことさえできれば押し切れる。前走はここ2走が安定しているフェイクスパ。前走の追い込む脚が目だったシルクエンデバー、ウインクも再度の好走は可能。

【中京8R:3歳以上500万】
◎⑩フリーダムエアー
○⑭マイネルプルート
▲⑤アグネストカチ
△⑥ニューホープ
×⑰ボタニカルアート
×②レゼルヴ

休み明けの前走はモタモタしてしまったフリーダムエアー。連闘で今度は行きっぷりも変わって来るだけに得意の中京で今度こそ決めたい。安定した追い込みを見せているマイネルプルートは最終日の馬場なら嵌るかも。久々も走るアグネストカチ。前走の内容が良かったニューホープも注意したい。

【中京9R:3歳以上500万】
◎②エアシャトゥーシュ
○⑮オブコース
▲⑤ブルーリッチ
△⑱トヨサンハッピー
×⑫マイネルアテッサ
×⑭マルイチキセキ

前走は勝った馬が強かっただけで、この馬も能力のあるところを示した。このメンバーなら能力上位。2走ボケさえしなければ勝てる。休み明けも中京の2000mに勝ち鞍のあるオブコース。久々は走らないがこのメンバーなら力のあるブルーリッチ。大外枠も逃げればトヨサンハッピーが大駆け候補。

人気blogランキングへ

プレミアムレースで一儲け?!

2008-12-28 07:48:48 | 競馬
今年はJRAプレミアムレースとして最終日の特別戦は配当金が上積みされる。的中すればいつもより少しは財布も温まる。最終日恒例の全レース予想。次は特別戦。


【阪神10R:オリオンステークス】
◎②ネヴァキングダム
○⑨メトロシュタイン
▲⑦キングオブカルト
△⑥シゲルタック
×⑧アグネススターチ
×①タニノディキディキ

展開が嵌ったとはいえ最後の脚は見どころ十分のネヴァキングダム。以前は逃げてどこまでというタイプだっただけに、自在性が身についたのは何より。大崩れしなくなった今ならソロソロ勝ち負け。阪神コースが得意なメトロシュタイン。リーディングに向け猛攻勢の池江寿厩舎のキングオブカルトは休み明けでも走れる態勢にありそう。阪神相性のいいシゲルタックも折り合えさえすれば差してくる。

【阪神11R:ギャラクシーステークス】
◎①ユビキタス
○⑭クィーンオブキネマ
▲⑥シアトルバローズ
△⑤オフィサー
×⑧ペプチドルビー
×⑬ヒシカツリーダー
×③ボードスウィーパー

春にユニコーンSを勝った内容から見れば不満の残る秋2戦の内容のユビキタス。ただ、相手が悪かったのも事実。今回は相手関係にかなり恵まれたし、スピードもあるだけに1400mも2度目なら対応できるはず。来年に向けてキッチリ勝っておきたい。昇級戦になるが、1400mまでは守備範囲のクィーンオブキネマが対抗。シアトルバローズは揉まれ弱いだけに外枠ベストも、今回は3走目で走り頃。前走が内容のある2着だったオフィサーも差はなさそう。ペプチドルビーの前走は圧勝で、今回52キロは有利も、1ハロン延長、鞍上に不安材料あり。阪神得意なボードスウィーパーの連勝まで警戒。

【中山7R:ホープフルステークス】
◎②トーセンジョーダン
○⑦ロイヤルダリア
▲⑩アラシヲヨブオトコ
△⑥ハギノバロンドール
×⑪サクラルーラー
×⑧セイクリットバレー
×⑬カノンコード

今回と同じ中山2000mで快勝したトーセンジョーダンの3連勝に期待する。前走も早目に動いていって押し切った強い内容。他馬より1キロ重い斤量も克服できる。その葉牡丹賞で離された3着のロイヤルダリアも休み明けを考えれば、内容的には悪くはなかった。今度は使われた上積みもあるし差は詰まりそう。アラシヲヨブオトコは勝ちきれないものの堅実。2000mは向くが、取り消しの影響は気になるところ。

【中山8R:グッドラックハンデキャップ】
◎⑥シグナリオ
○⑬ミヤビベガ
▲④トーセンジョーカー
△⑩モンテクリスエス
×①ショウナンラヴァー
×⑤リネンヤクシン

前走はハナ差の惜敗もこのクラスでは安定勢力のシグナリオ。中山2500mは相性が良いだけに57キロのハンデでも今回は勝つ順番。昇級戦になるが、中山実績のあるミヤビベガが相手筆頭。トーセンジョーカーも中山2500mへ経験豊富。ハンデも56キロ止まりなら逆転までありそう。モンテクリスエスは能力は通用するが、、56キロのハンデと中山コースに不安がある。

【中山9R:2008フェアウエルステークス】
◎②ウォータクティクス
○⑪ハイオン
▲④ミンティエアー
△⑧フサイチカムーン
×①アルバレスト
×⑩レオエンペラー
×⑯パピヨンシチー

ダートでは3戦3勝。いずれも圧勝のウォータクティクス。まだまだ底は見せていないし、このクラスでもすぐに突破する能力はある。競りかけてきそうな馬はいないし、急坂の中山コースも問題はないはず。前走は強敵そろいの中でメドの立つ競馬をしたハイオン。中山のダートで好走実績のあるミンティエアーが相手候補。

【中京10R:矢作川特別】
◎⑤トーホウアタック
○②ナムラハンター
▲④ポーカーフェイス
△⑨シーアクロス
×①アクセルファイヤー
×③トシナギサ
×⑮ウィッシュビーワン

今季は順調に使えているし、徐々に内容も良くなっているトーホウアタック。3走前のこのクラスを勝った中京の1700m。前々で競馬をすれば結果はついてくると見て本命にする。前走は時計が速すぎたナムラハンター。中京コースに勝ち鞍もあり巻き返しも可能。使われつつ上昇傾向のあるポーカーフェイスも3走目でソロソロ連対圏までうかがえそう。

【中京11R:名古屋日刊スポーツ杯】
◎⑥ミスズオペラ
○⑧アヴェンティーノ
▲④ニシノレイチェル
△⑩ロードアルファード
×⑤エーシンジーライン
×①エバンジェリスト
×⑨アイリッシュホーク

約1年の休養明けだった前走を勝利したミスズオペラ。キッチリ折り合うこともできたし、最後まで脚を保たせた内容は光る。昇級戦でもまだまだ通用する素質があるだけに、期待を持って本命にする。勝ちきれないものの堅実なレースをするアヴェンティーノ。小回りの中京なら逆転まである。2000mを得意にしているニシノレイチェルも展開が嵌れば差し切りまである。

人気blogランキングへ

最終レース予想

2008-12-28 07:21:30 | 競馬
終わりよければ全てよしということで、今年も最終日の最終レース予想をします。

【阪神12R:2008ファイナルステークス】
◎⑱バトルバニヤン
○⑯ノットアローン
▲⑤キャプテンベガ
△⑥ホッカイカンティ
×⑪ホッコーパドゥシャ
×⑧レオマイスター
×⑬コレデイイノダ

時間の関係上2008年の中央競馬の最後のレースになる。ここは大外枠に入ったがバトルバニヤンを本命にする。前走では差す競馬をして勝利。今までは逃げ、もしくは番手の競馬から好成績を残していたこの馬にとっては収穫のあるレース。相性のいい幸Jが再度騎乗できるのも有利。
対抗はノットアローン。鳴尾記念は折り合いの不安も見せず4着。勝った馬の力は抜けていただけに、惜しい競馬をしていたのも確か。勝ち鞍はないものの速い流れの1600mは折り合いをつけるには絶好。キャプテンベガの前走はスタートでの出遅れが最後まで響いてしまった。それでいて差し脚もそれほど目だっていなかったのは不満だが、オープン特別のメンバーなら力は上。スタート五分なら逆転まで。
ホッカイカンティは準オープン戦だったとはいえ、休み明けの前走が好内容で好時計での勝利。昨年の中京2歳Sではノットアローンに先着しており、それほどの差はないし、53キロとハンデはソコソコ恵まれた。前走は最内でまともに脚を余したホッコーパドゥシャ。不本意な逃げになった福島記念はハイペースもあって失速したレオマイスターも差す競馬をしれ変わり身必至。大穴は前走一変したコレデイイノダ。

【中京12R:尾張ステークス】
◎⑨サープラスシンガー
○⑭コスモベル
▲⑧アーバンストリート
△⑤ゼットフラッシュ
×①アイルラヴァゲイン
×⑬マヤノベンケイ
×④ミリオンウェーヴ

フルゲートの1200m戦。メンバーを見渡して逃げたい馬はサープラスシンガーただ1頭。他の馬がハナを主張するかもしれないが、この馬の出脚にはかなわない。最終日の時計のかかる馬場が不安も、展開的にも思ったより楽できると見て本命。行ききれれば粘りも違うだけにここは行くしかない。
対抗は少し捻ってコスモベル。昨年の夏場は追い込んでの競馬が目立っていたが、2走前の佐世保Sでは3番手から抜け出すいつもと違う競馬を見せて快勝。ああいった競馬ができればここでも面白い。ただ、休み明けで調教は少し足りなく映る。アーバンストリートの前走は最内を追い込んで快勝。今回は昇級戦で連闘になるが、中京の1200mは得意だし、差しの利く馬場なら一発の可能性も十分。デキもいいだけに勢いに要警戒。
ゼットフラッシュは前走チグハグな競馬になったが、それでもアーバンストリートの猛追を凌ぎきった。相手なりに走るタイプだけに昇級でもソコソコやれそう。アイルラヴァゲインは実績は断然も58キロの斤量と最内枠が不安材料。突き抜ける可能性も十分。比較的前で競馬ができる3歳馬のマヤノベンケイ。ミリオンウェーブまでが連候補。

【中山11R:ハッピーエンドカップ】
◎②レディハニー
○③アイアムエンジェル
▲④ワンダークラフティ
△⑪テイクザホーク
×①カシノリボン
×⑨キルシュブリューテ
×⑥ゴールデンリング

どの馬からでも狙えそうな混戦メンバー。ここは昇級戦でもいいスピードを持っているレディハニーを本命にする。短距離戦を使うようになって成績も安定。牡馬相手で坂のある中山コースの不安もあるが、ここはルメールJの手腕に期待。
対抗は同枠のアイアムエンジェル。休み明けの2走は内容的に冴えないが、最後までしっかり走ればこのクラスでも連対の実績があるだけに通用する。デムーロJで一変まである。先行争いが激化すればワンダークラフティの追い込みが嵌るかも。前走も0秒1差の競馬をしたし、漸く復調してきた。内田博Jなら期待も高まる。腕のたつ騎手への乗り替わり馬に注目。
テイクザホークは内枠が災いした前走。最後はいい脚を見せていた。主戦の横山典Jなら上手く捌ける。このクラスでも差はないはずのカシノリボンは最内枠を活かせれば。1200mが得意なキルシュブリューテ。2走前の内容が良かったゴールデンリングまで押さえる。

人気blogランキングへ

有馬記念予想

2008-12-27 19:19:10 | 競馬
今年も幾多の名勝負があった2008年の中央競馬もいよいよオーラス。最後に当てて気分よく年を越したいもの。

【中山10R:有馬記念】
◎⑩マツリダゴッホ
○⑬ダイワスカーレット
▲⑨メイショウサムソン
△⑧スクリーンヒーロー
×⑥エアシェイディ
×⑤フローテーション
×⑫アサクサキングス

いよいよ今年も最後のGⅠ有馬記念を迎えた。天皇賞秋・JCに比べるとメンバーはやや寂しい気もするが、昨年の1・2着馬が出走してきた。連覇か、雪辱かそれとも有終の美か、はたまた…。興味深い一戦になることは間違いなし。
基本的に昨年の有馬記念で好走した馬が今年は上位の評価になる。どちらに本命を打つか迷ったがマツリダゴッホの連覇に期待してこちらを本命にする。前走のジャパンカップは先行集団につける競馬から直線は一旦抜け出てくるような感じもしたが、最後は止まって4着。オールカマーから少し間隔が開いていたことと実績のない東京コースが最後は響いた感じ。それでも東京であの競馬ができるのだから力もつけているし、デキもある程度良かったということだろう。有馬記念を目標にしてきたローテンションを組んでいるように、秋のレースでの疲労度もそれほど大きくはなさそう。調教の動きもパワフルに見えた。馬体も安定して連覇への条件は揃った。ここ10年のデータを見ると6枠より外は殆ど死に枠。ただ、今回は6枠でも10番枠。フルゲート換算なら5枠に位置するだけに、馬番では十分勝負になる。中山ではまともに走れば3着を外したことがないほどの中山の鬼。今年は昨年同様ダイワスカーレットを見ての競馬になるが、中山ではこの馬得意の4角捲りもある。ダイワの粘り腰も強烈だが、早目に突き放してリードを取れれば押し切れる。5歳馬は最近勝っていないのが気になるが、この馬ならそれを克服してくれる。

対抗は当然ダイワスカーレット。脚元の不安から久々になった前走の天皇賞秋。少し行きたがりところを見せたが、途中からは折り合えていた。直線で一度は下がるような場面も見られたが、そこから脅威の粘りでウオッカと追い比べを演じて結果は2センチだけ届かずの2着。勝ったウオッカも当然だが、この馬の強さも相当に際立っていた。これでデビューからの連続連対は11に伸びている。体調変動の大きい牝馬でこの成績を残しているのは立派の一言。昨年はマツリダゴッホに負けたが、それでも最後の最後は差を詰めているように、交されてもそれで終わりではないというのは確か。今年は逃げるか、昨年同様に番手の競馬を選択するはず。前走を使っての上積みは相当なはずだし、昨年以上の粘りを発揮しての逆転も当然可能。ただし、外枠の13番枠ということだけが気になる材料。それさえ克服できれば37年ぶりの牝馬の有馬記念制覇も見えてくる。

これが引退レースとなるメイショウサムソン。今年は念願の凱旋門賞挑戦を果たしたが結果は10着と残念なものに終わった。その後のじゃっパンカップは久々に石橋守Jとのコンビになったが、この馬のもっとも苦手とするスローでの上がりの瞬発勝負になったしまった。それで6着ならこの馬の力が全く発揮されないままに終わってしまった。昨年の有馬記念は断然の1番人気、絶好の1枠を活かせず惨敗。ただ、どうもデキも下降線を辿っていたとか。元々が暖かい時期に走る馬。寒くなると成績が悪くなるのは確か。ただ、今年はここ数日は寒かったが、それまでは⑫月かと思うほど暖かい日もあった。その分は昨年よりも調子は良さそうに見えるし、引退レースとして数々の伝説を残している有馬記念。ダイワスカーレットがいればスローになることはないし、今の時計のかかる中山の馬場もこの馬向き。調教は抜群ではないものの走れる態勢にはありそう。武豊Jは日曜もこの1鞍に全力投球。土曜日の無念も一気に晴らせるか。

ジャパンカップを制したスクリーンヒーロー。ここに来ての充実振りには目を引くものがある。前走はこの馬に流れの向く上がり勝負になった。それとともにデムーロJの好騎乗も光った。それでも前走の内容はフロックとは思えない。3歳時は穴馬としての印象が強かったが、休養を挟んでの今年は本当に1戦ごとに内容も良くなってきた。どちらかといえば東京コースの方が合うと思うが、早目の競馬で押し切る競馬をすれば中山も問題はないはず。データ的にはJCを使っていること、そして4歳馬と近年の勝ち馬のパターンにぴったり当てはまる。外国人ジョッキーが好成績を残しているこのレースデムーロJの初制覇の可能性も十分。

エアシェイディは中山コースであればいい競馬をしてくれそうな期待も持てる。実際に年明けのAJC杯では4角の不利も問題にせずに差しきり勝ちをした。2500mは正直長いが、昨年3着したダイワメジャータイプのような気がする。GⅠでの実績はかなわないが、距離の対応力はこの馬の方がありそう。サンデーサイレンス産駒のこのレース5連覇の重責もマツリダゴッホ同様この馬にもかかっている。
フローテーションは菊花賞で2着。前走のステイヤーズSは意表をつく逃げて2着。自在の競馬ができるし、機動力があるのは中山向き。スタミナも豊富だけに、速い流れになればルメールJの腕の見せ所。
アサクサキングスはある程度前で競馬をしないとこのメンバーでは苦しいし、今回は思い切った競馬をするはず。4歳馬の意地を見せてほしい気もするし、その可能性は秘めている。

人気blogランキングへ

12月27日メイン予想+α

2008-12-26 20:06:05 | 競馬
いよいよ今年の競馬も最終週。土曜日は来年のクラシック戦線に向けての大物が出走する。

【阪神11R:ラジオNIKKEI杯2歳ステークス】
◎③リーチザクラウン
○⑥ロジユニヴァース
▲⑤イグゼキュティヴ
△⑦ファミリズム
×⑨ロードロックスター
×①マッハヴェロシティ

先週のGⅠ朝日杯FSよりもGⅠに直結するといわれているレース。今年は頭数こそそれほど多くないが、クラシック戦線で活躍しそうな馬が揃った。その中でも圧巻の走りを見せているリーチザクラウンを本命にする。新馬戦こそ取りこぼしたものの、2戦目の未勝利は直線馬なりで2着馬に大差勝ち。前走の千両賞も危なげない競馬で逃げ切り勝ち。直線でフラフラする若さも見せたが、それであの内容だから末恐ろしい。距離延長も問題ない。前走で大きく減った馬体だけが気になるが、調教の動きからデキ落ちはなさそう。3連勝で来年のクラシック戦線の主役に。
相手筆頭は札幌2歳Sの勝ち馬のロジユニヴァース。その札幌2歳Sは3角過ぎから徐々に動いていって、直線も一追いごとにしっかりと伸びていた。切れもあるがどちらかというと長くいい脚を使う馬。2歳馬らしからぬ競馬でセンスの高さはうかがえる。新馬戦のときのように今回も栗東留学で調整されている。動きも良くしっかりしあがった印象。阪神コースで勝っている強みもあるし、距離延長も気にならない。逆転の目は僅かながらにある。
イグゼキュティヴも大崩れしない走りは魅力。前走の京都2歳Sも直線で内から馬群を割ってしっかり伸びた。札幌2歳Sではロジユニヴァースに屈したが、ペース的なものと早目に動いた分。それほどの差はないように感じるが、今回は川崎競馬所属と転厩になり環境変化と輸送続きが気になるところ。
ファミリズムも前走の京都2歳Sは直線で外から追い込んで2着。4角で置かれた分の差。ただ、2戦とも追い込んでいい競馬はしているが、ペースが上がったときにすぐに対応できないのが気になるところ。牝馬らしからぬ馬体は魅力も、今回は連対圏まで。
素質のあるロードロックスターは使っての上積みもあるし、容易にバテないスタミナと先行力が魅力。マッハヴェロシティも前走は直線の不利が痛かったが、メンバー最速の上がりをマークしている、スムーズな競馬ができるなら面白い。

【中山11R:師走ステークス】
◎⑤フラムドパシオン
○④メイショウサライ
▲⑦ナンヨーヒルトップ
△②タケミカヅチ
×⑥マルブツリード
×⑩ベルーガ

これまでの競馬内容を見ればフラムドパシオンの能力が抜けている。前走も58キロを背負って強い競馬だった。長期休養がありようやくオープンに戻ってきたが、ダートでは底を見せていないだけに通用する。今回は56キロと思ったほどハンデも背負わなかった。これなら連勝できるとみて自信の本命。
相手は難しいがメイショウサライを対抗にした。前走も4角で急に下がってきた馬がいて上手く捌けなくての5着。スムーズなら馬券圏内は十分あった。以前ほど切れないが、堅実に走れるようになってきた。ナンヨーヒルトップはこのメンバーなら単騎逃げが打てる。前走の1200mではそれなりに期待してみていたが、結果から忙しすぎた。ゆったり行けるこの距離に戻れば巻き返せるし、54キロのハンデも魅力的。
タケミカヅチは3歳馬で56キロのハンデは実質のトップハンデ。その分の不利は否めない。ただ、初ダートの前走も内容は悪くなかった。中山コースの方が合うはずだし前進必至。少しパンチに欠けるが追い込みは堅実なマルブツリード。前走の内容が良かったベルーガまで押さえる。

【中京11R:中京日経賞】
◎⑱オレンジシュプール
○⑦キヲウエタオトコ
▲⑫リッターヴォルト
△②ファーストナイナー
×⑥タムロスターディ
×⑤リキアイダンディ
×⑬ベレッツァ

今開催は3週と通常より1週短いが、それでも時計がかかるようになり、差しも利く馬場になった。それなら休み明けでもしっかりとした差し脚のあるオレンジシュプールを本命にする。昇級戦の前走でもソコソコの競馬はしていた。52キロのハンデは非常に魅力的。ハイペースが見込めそうなだけに十分届く。
相手筆頭はキヲウエタオトコ。このクラスに昇級してからも大崩れはないし、中京コースとは相性もいい。逆転も十分可能。57.5キロのトップハンデは気がかりも、デムーロJを鞍上に迎えたリッターヴォルト。成績にムラがあるし今回は大敗の番も、このジョッキーならしっかりやってくれそう。
逃げ馬でも時計のかかる芝が歓迎のファーストナイナー。中京コースとも相性がいいタムロスターディ。最終週の馬場で追い込みが利きやすくなればリキアイダンディまで出番はありそう。

【中山10R:中山大障害】
◎②マルカラスカル
○⑬メルシーエイタイム
▲⑧キングジョイ
△⑩スプリングゲント
×⑤エイシンニーザン
×⑮テイエムエース
×⑫オープンガーデン

前走は2着馬に4秒以上の差をつけて圧勝だったマルカラスカル。折り合いには多少の不安はあるが、中山コース、そして大障害コースで好成績を残している。春の中山GJも快勝しているし、春秋連覇、そして2年ぶりの大障害制覇は目前。
待ったをかけるのは昨年のこのレースの勝ち馬メルシーエイタイム。この馬も大障害コースの実績は十分。平地を叩いての挑戦はいつものことだけに全く問題ない。春の中山GJは道悪の巧拙の差も出た。良馬場が見込める今回は連覇の可能性も十分。
キングジョイも昨年の中山大障害の2着馬。休み明け立った前走の京都ハイジャンプはなかなか強い内容。大崩れはないし、使った上積みも見込めるが、上記2頭とは少し差がある。
スプリングゲントは障害戦6戦6勝と負けなし。底知れない強さはうかがえるが、障害戦は約2年ぶり。平地を2戦使っているだけに、徐々にデキは上向きつつあるだろうが、久々の障害で高い大障害をこなせるかだけ。こなせれば圧勝まである。

人気blogランキングへ

朝日杯フューチュリティステークス予想

2008-12-20 20:22:18 | 競馬
武豊JがGⅠのこの一鞍のために復帰してきた。骨折からの復帰は本当に驚異的としかいえない。

【中山11R:朝日杯フューチュリティステークス】
◎⑤ブレイクランアウト
○①ミッキーパンプキン
▲⑪フィフスペトル
△②シェーンヴァルト
×③セイウンワンダー
×⑨エイシンタイガー
×⑧ツルマルジャパン

近年は翌週にあるラジオNIKKEI杯2歳Sにクラシックを目指す有力馬が向かうこともあり、マイル適性と器用さを必要とする中山コースへの対応力が大きく問われているようなところがある。それと外枠に入った時点で基本的には圏外という近年の成績。今年は有力馬の多くが内枠に入った。
狙いは定めにくかったが、ブレイクランアウトを本命にする。2走前のいちょうSは直線で不利を受けて、最後方まで下がって、そこから外に持ち出しての脚は強烈だった。前走の東京スポーツ杯2歳Sも直線で一瞬にして先頭に並んだが、抜かすまでにはいかなかった。不満といえば不満だが、この馬も上がり33秒4の脚を使っており、道中のペースが遅かったことが災いしてしまったが、一瞬の脚は見どころ十分。どちらかというと中山の短い直線の方が持ち味は活きそう。調教の動きも絶好で今回はデキが最高潮といえる。そして、武豊Jの復帰レースとなる。骨折から約1ヶ月。この馬が武豊Jを鞍上として迎えるためにラブコールを送り、直前まで待っていた。武豊Jもこの馬のために何とか間に合わせたともいえるが、回復力は驚異的。今週はこの1鞍だけだけに不安も抱えているのは事実。ただ、武豊Jはこのレース未勝利だけに勝ちたい思いは強い。復活勝利となれば劇的。それを期待する。
対抗は連勝中のミッキーパンプキン。前走の萩Sは少頭数も強敵相手に逃げ切り勝ち。時計もペースを考えれば申し分ないといえる。2戦とも逃げて勝ってきているだけに揉まれたときがどうかという不安はあるが、同型が外枠に回ったことで、スタートさえまともに出られれば逃げ必至。最近はルメール、デムーロJの影に隠れて活躍が薄い感じのペリエJだが、ここはチャンス。冬至の日にパンプキンとはかなり出来過ぎともいえるのだが…。
フィフスペトルの11番枠は好走ギリギリのライン。前走は2着争いを何とか制して連対を確保。内容的には悪くなかったが、陣営は今回鞍上をルメールJにチェンジしてきた。三浦Jにとっては非情な結果になったが、これも成長していく上では糧となるはず。それはさておき、自在なレースができるのが強み。2走前で見せたような追い込みは今回は難しいかもしれないが、ルメールJのことだけに好位置からキッチリ抜け出す策か。折り合いもつくだけに逆転も可能。
シェーンヴァルトは前走のデイリー杯2歳Sがレコードの完勝。2歳時に1600mを1分33秒3で走れるのは能力がないと出来ない芸当。追ってからしっかり伸びる馬だけに、馬群を上手く割ってこれれば突き抜ける可能性は秘めている。調整も順調にきている。あとは北村友JがGⅠの雰囲気に負けずいつもどおりの競馬ができるかどうか。
セイウンワンダーは前走の新潟2歳Sが外埒沿いを追い込んで快勝。道悪で1分35秒3なら上々の時計。直線の切れ味だけならこのメンバーに入ってもヒケはとらない。ただ、中間にやや順調さを欠いたのが気がかり。急仕上げ気味な感じもする。岩田Jは土曜日に失格で騎乗停止処分を受けて、今年はこれで最後。一稼ぎと気合が入っている可能性も。
エイシンタイガーはキャリアは豊富。1600mもこなせるが、連闘というのがいささか気になる。前走は勝ったが、詰めの甘さもあるだけにここは連対圏候補。
穴はツルマルジャパン。前走の敗戦で一気に人気を落としたが、デビューからの2戦のないようは上々で、セイウンワンダーと遜色ない評価を受けていた。1度使った上積みと距離延長で巻き返しに期待。

人気blogランキングへ

12月21日阪神・中京メイン予想

2008-12-20 20:21:40 | 競馬
【阪神11R:阪神カップ】
◎⑭ファリダット
○⑪サイレントプライド
▲⑧ジョリーダンス
△⑱スプリングソング
×⑮リザーブカード
×⑨ゲイルスパーキー
×⑯マイケルバローズ

有力馬が多数いて印が本当に足りない。ただ、本命だけはファリダットにスンナリ決まった。前走は直線で内を突いて豪快に追い込んで2着。上がり32秒6は超優秀で負けて強しの印象。1200mがベストかも知れないが、1400mも問題はない。春にこの条件を1分20秒8で走っているように能力は抜けている。漸く本格化してきて、得意の阪神1400mなら負けられない。
対抗はサイレントプライド。前走のマイルCSは直線で意外なほどの失速。陣営の話では長距離輸送が堪えたとか。今回は栗東に滞在して調整を積んできており、前走のようなことはないはず。雨が降りそうな予報もあるのはこの馬にはプラス。重賞を連勝したように能力はある。今回は巻き返し必至。
ジョリーダンスのこの秋は凡走と好走の繰り返しだが、大崩れしたのはGⅠだけ。GⅡクラスでも十分通用する能力はある。昨年のこのレースは惜しい2着。7歳だが衰えはないし、スタート五分なら好勝負可能。ベストの条件といえる阪神の1400mなら一発あるはず。
スプリングソングの前走はスタートの後手が響いたし、2着馬の強烈な脚に屈しての3着。内容的に悪くはない。大外枠だけに上手く流れに乗れるかどうかが鍵。調教の動きは良さそうで、今が力をつけてきている時期。雨に関しては血統的に歓迎と思える。
リザーブカードは近走ややムラ駆けといえるが、前走のGⅠは不利が痛かった。まともならここでも好走可能。1400mでは大崩れのないゲイルスパーキー。オープン特別で好走続き。重賞でも今なら通用しそう。大穴はマイケルバローズ。1200mは忙しかった。1400mでスムーズな競馬ができれば面白そう。

【中京11R:納屋橋ステークス】
◎⑩レッドビームシチー
○⑦アーバンストリート
▲②メイビリーヴ
△⑨ビーチフェスタ
×⑱マッハジュウクン
×⑭アポロフェニックス
×⑯アキノパンチ

準オープン戦の中京の1200mでフルゲート。波乱必至と見て少し捻ってレッドビームシチーを本命にする。前走は初めてつけたブリンカーの効果がものすごく大きかった。どちらかというと左回りの方が向くタイプだけに、今回も真面目に走れば連対は可能。
強敵はアーバンストリート。前走2着したときの末脚がこの馬本来のもの。今の中京は十分追い込みが利くし、この馬も中京コースは得意。外に持ち出せれば差し切りまであるが、雨が降りそうでこれだけが不安材料。メイビリーヴは前走が意外な大敗だが、2走ボケとしか思えない。今回は吉田稔Jが騎乗するとあって穴気配が漂っている。内枠から先手を取って行けばチャンスはある。
ビーチアイドルハ1200mでは大崩れしていない。左回りも問題なさそうでここも好勝負可能。1度使っての上積みと雨が降って時計がかかれば浮上しそうなマッハジュウクン。休み明けになるが、このクラスでも通用しそうなアポロフェニックス。中京では多くずれないアキノパンチまで押さえる。

人気blogランキングへ

12月20日メイン予想

2008-12-19 20:26:07 | 競馬
【中京11R:愛知杯】
◎⑱クラウンプリンセス
○②レインダンス
▲③ブーケフレグランス
△⑪カイゼリン
×①ニシノマナムスメ
×⑨ダンスオールナイト
×⑮セラフィックロンプ

ここ2年はハンデを背負った実績馬が勝利。今年は微妙なハンデだし、軽量馬が異様に多い。波乱の可能性もある。ただ、ここは連勝中と勢いに乗っているクラウンプリンセスを本命にする。休み明けの前走は好位置から追ってしっかりと抜け出した。元々期待されていた素質馬が、漸く軌道に乗ってきた。2000mは初めての距離になるが、この血統なら問題はない。ハンデの54キロも少し見込まれた気はするが克服は可能と見る。
対抗はレインダンス。秋華賞で2着とウオッカに先着した実績があるが、4歳の前半は不振で凡走の連続。ただ、休み明けの府中牝馬Sで4着。前走のエリザベス女王杯も5着と掲示板を確保し、復活してきた。内容も良くなってきただけに、そろそろ連対圏まで伺えるデキになった。あとは藤岡康Jの騎乗如何。
ブーケフレグランスはクラシック戦線に乗ると思ったが、掛かる気性が災いして結果を残せなかった春シーズン。秋の福島で勝利したあとは、1000万条件で2,1着。とくに2走前は相手が強力だった。気性面の成長が結果につながっている。中1週後の連闘と不安はあるが、勢いと51キロのハンデに期待。
カイゼリンは血統的にはかなり能力はありそうだが、1000万条件ではやや頭打ち。今回は48キロのハンデと2戦2勝と得意の中京2000m。休み明け2走目の上積みもあるだけに、穴ならこの馬。
ニシノマナムスメは昨年の2着馬。この秋は休み明け3走目でそろそろという感じもするが、55.5キロのハンデは微妙。オープンでは微妙も限定戦で52キロのハンデなら一発がありそうなダンスオールナイト。中京巧者で距離延長もプラスのセラフィックロンプまで押さえたい。

【中山11R:ディセンバーステークス】
◎④ダンスインザモア
○⑥トウショウシロッコ
▲⑦ピサノパテック
△⑤ドリームガードナー
×②アグネストレジャー
×⑨リキッドノーツ

オープン特別で力量差が接近している。どこからでも狙えそうだが、ここは少し捻ってダンスインザモアを本命にする。休み明け2走は凡走続きだが、この中間は芝コースでの調教の動きが良さそうで、一変の要素を秘めている。中山1800mは一番得意の条件だし、一発があるなら今回。
相手筆頭はトウショウシロッコ。前走は逃げる競馬をしいつもと違う流れに戸惑ってしまったよう。ここ2走は今一つの内容も、デキは悪くなさそう。主戦の吉田豊Jに戻って、中山コースなら巻き返し必至。ピサノパテックは休み明けでも走るタイプ。詰めの甘さが気になるが、このメンバーなら早目の競馬をしても最後まで持ちこたえられそう。
ドリームガードナーの前走の末脚がこの馬本来のもの、自在の競馬もできるし、少頭数で競馬はしやすそう。1走ごとに内容が良くなってきたアグネストレジャー。中山コースと相性のいいリキッドノーツまで押さえる。

【阪神11R:大阪スポーツ杯】
◎⑥ピエナポパイ
○②ピサノデイラニ
▲③ネイキッド
△⑫コロナグラフ
×①サンワードラン
×⑤スターフォワード
×⑬サンマルセイコー

上位拮抗のメンバー構成。時計は平凡も前走の勝ち方が良かったピエナポパイを本命にする。前走も届かないと思った位置から強烈な脚で追い込んで差しきり勝ち。2走前に速い時計の決着にも対応できたし、昇級でも相手なりのタイプだけに案外やれそう。
対抗はピサノデイラニ。休み明け3走して内容は徐々に良くなってきたし、粘りも出てきた。57のハンデも背負いなれたものだし、行きたい馬がそれほどいない今回は少し楽な競馬ができる。ネイキッドは前走の1000万条件で58キロを背負って勝った内容がいい。このクラスでもソコソコ走っていた実績もあり、昇級は気にならない。ただ、阪神コースではあまり成績を残せていないのが気がかり。
コロナグラフはハナを切れそうなメンバー構成。揉まれなければ力は発揮できる。サンワードランは連闘は気がかりも、内容は安定してきた。スターフォワードの追い込み、51キロの軽量が不気味なサンマルせイコーが穴候補。

人気blogランキングへ

阪神ジュベナイルフィリーズ予想

2008-12-13 20:59:33 | 競馬
今週、来週と2歳馬のGⅠが続くがまずは牝馬戦。抽選対象だった有力馬が軒並み突破してきて面白いレースになりそう。

【阪神11R:阪神ジュベナイルフィリーズ】
◎⑬ブエナビスタ
○⑰ジェルミナル
▲②ダノンベルベール
△③レディルージュ
×⑨ミクロコスモス
×アディアフォーン
×⑪デグラーティア

JCダートの阪神開催移行の影響を受け、今年より1週繰り下がっての施行となる。ここ2年は、前走黄菊賞2着、抽選を潜り抜けた角居厩舎の馬が勝っている。今年も全ての条件に当てはまる馬はいないが、黄菊賞からの参戦馬や角居厩舎で抽選を通ってきた馬はいる。先々まで楽しめそうな素質馬が揃って注目の一戦。
本命は抽選を無事通過してきたブエナビスタにする。新馬戦はハイレベルのメンバーで3着。前走の未勝利戦は直線で弾けるように伸びた。ラストの1ハロンも持ったままで11秒4で、全体の時計も結構速かっただけに能力の高さがわかった。スタートでの出遅れがGⅠになると命取りになりかねないが、それを補う末脚を持っているのは強み。母親のビワハイジが制したこのレースで母娘制覇を狙っている。
対抗はジェルミナル。ここ2年のこのレースのトレンドになっている黄菊賞で牡馬を負かしての勝利は勝ちがある。レースも好位置につけられるし、直線でも追ってからしっかり伸びてくる。決め手になる末脚を持っているのは強みといえる。1800mで2勝しているのは、厳しい流れになるGⅠのここでは絶対に活きてくる。外枠過ぎるのが気になるが、牝馬GⅠでは好成績の福永Jだけに期待は持てる。
ダノンベルベールは前走の赤松賞で上がり33秒9の末脚を駆使して差しきり勝ち。2勝はいずれも追い込み勝ちと2歳馬にしては大人びたレースをしている。スタートがあまり良くないのと、ダッシュがつきにくいことで後方からのレースを余儀なくされているが、この馬の決め脚はかなり魅力的に映る。今回は栗東に早目に入厩して調整されている。その効果はいろいろな馬で出ている。長距離輸送もないし、環境に慣れて、調教でパワーアップできていれば上積みは十分。ただ、追い込み一手だけにフルゲートのGⅠ戦で、上手く馬群を捌けないといったこともあるかもしれない。
ハイペースになった前走の白菊賞を前々で競馬して押し切ったレディルージュ。一戦ごとに力をつけてきているし、パワーもついてきた。2走前も脚を余しただけで、スムーズな競馬をしていればもっときわどかった。パワータイプだけに雨の影響が残っているようならプラスに働く。内枠でソツなくレースができれば連対圏はうかがえる。
ミクロコスモスは新馬戦が圧巻。上がり33秒4でかなりリードのあった逃げた馬を差し切った。騎乗した武豊Jもかなり絶賛していたように能力はありそう。少し間隔が開いたが、じっくり調教しており上積みは十分。角居厩舎の3連覇もかかっているが、それに応えるだけの能力はある。ただ、鮫島Jに乗り替わるというのは不安材料。
アディアフォーンは血統的に距離延長は問題ない。大崩れはしないが詰めの甘さは否めない。ただ、相手なりといえるだけに、ここでも押さえにはしたい。
3連勝で小倉2歳Sを制したデグラーティア。休み明けでいきなりここというのはやはり不安が残るし、1200mまでしか経験がないというのも。差し脚はなかなかのものがあるが、押さえまでの評価が妥当。

人気blogランキングへ