気まぐれなサイコロVR

趣味の競馬を中心に、日常で気になったこと津々浦々を気まぐれに書いています。

日本ダービー予想

2008-05-31 21:56:25 | 競馬
いよいよダービー。本当に今年は難しい。的中できればいうことはないのだが…。

【東京10R:日本ダービー】
◎④タケミカヅチ
○③ブラックシェル
▲②サクセスブロッケン
△⑩レインボーペガサス
×⑧アドマイヤコマンド
×⑨マイネルチャールズ
×⑰ショウナンアルバ

近年に例を見ない混戦模様のダービー。重賞のたびに勝ち馬が目まぐるしく変わったこともあってか、出走ボーダーは2100万円と高くなったが、これといって抜けた馬がいないのも事実。上位陣も一長一短のある顔ぶれだけにどこまらでも狙えそうというのが今年の印象。まして土曜日の雨の影響で回復しても稍重までか。そのあたりの先週同様の微妙な馬場状態も頭を悩ませる。
そんなことはさておいて、本命馬は迷ったが皐月賞2着のタケミカヅチにした。デビューしてここまで勝ったのは新馬戦の1勝のみ。1勝馬がダービーを勝つというのは殆ど記憶にない世界。それだけを考えても本命にするのは…だが、混戦ダービーなら何でもありだろうし、この馬のここまでの安定感は評価できる。デビューした頃は折り合いに難があったため、後方一気の競馬に徹していた。今年に入ってから折り合い面に進境を見せて、弥生賞では前々で競馬をして3着に粘った。前走の皐月賞も勝ったキャプテントゥーレを捕まえることはできながったか、最内を上手く活かして内から伸びて2着確保。ここにきて本当にレースの幅も出てきた。皐月賞の勝ち馬がいなくなった以上、ここは順番でいけばチャンスだし、その資格は有しているはず。調教も皐月賞と同じパターンだが、皐月賞のときよりも動きは良さそう。柴田善JはGⅠでは勝負弱いのは気になるが、クラシック初制覇の機は熟した。道悪が残っても血統面から見てこなせる。そこそこの人気だけに配当面も見込めるはず。
対抗は皐月賞のときに本命に推したブラックシェル。皐月賞のときはやはり展開が向かなかったのと、外を回らされたのが響いた。ダービーに直行かと思ったらこの厩舎のパターンとしてよくあるNHKマイルCを使うことになった。道中は中団から進んで4角で先頭集団に並びかけるような勢い。直線で一旦は先頭に立ったが、ディープスカイの末脚に完全にやられてしまったが、2着を死守してダービー出走を確定させたのは大きかった。これまでのレースとは違いスムーズだったし、やはり左回り、広い東京コースがベストというのは証明された。前走から道悪に関しても問題ないし、渋った方がいいかも。あとは2400mの距離がどうかだけ。そこだけで割り引いての対抗にしたが、武豊Jは今年はGⅠ戦線では冴えないが、ダービーは過去10年で4勝の成績を残している。5勝目の可能性も十分ある。
ダートで4連勝して初芝になるサクセスブロッケンを3番手にする。これまでダートばかり使われてきたが4戦とも全て圧勝。前走は最後は抑える余裕まであった。あれで追っていれば1分50秒台は出ていた。ダートでのものとはいえ古馬の1000万、1600万と遜色のない時計を出しているのは能力の高さ。脚が外を向いていることもあり、脚元の不安があるからダートで大事に使ってきた。慎重に使う厩舎が追加登録料払って、来週のダートのユニコーンSをパスしてまでダービーに挑戦するのだから意気込みは相当なはず。圧勝するか惨敗するかのどちらがだが、今年のメンバーなら本当に不気味に映るだけに…。
道悪がかなり残るようならレインボーペガサスが浮上してきそう。前走の皐月賞でもメンバー最速の上がり34秒3の末脚を駆使して4着と本当に惜しい競馬だった。ジワジワと伸びてくるタイプだけに、良馬場での末脚比べでは若干分が悪いが、少し時計のかかる馬場での差し比べなら出番は十分。皐月賞で速い上がりを示した馬はダービーでも好成績を残しているデータの後押しも強み。混戦になれば安藤勝Jの一発にも注意したい。
青葉賞を快勝したアドマイヤコマンド。デビュー3戦目でのあの内容なら本当に素質の高い馬。2戦目の毎日杯ではディープスカイの末脚に屈したが、この馬もしっかりと伸びていた。前走の青葉賞で馬場を克服したこと、そして消耗戦となる流れを前々から押し切ったのは新興勢力としての魅力は十分。ただ、青葉賞とダービーを連勝した馬がいないデータが…。勝てば戦後最年少のダービーJになる川田Jだが、そこまで簡単には行かないような気もする。
皐月賞では1番人気を裏切ったマイネルチャールズ。結果としては消極的なレースとなってしまったが、最後伸びてきたのはさすがということか。前走の経験はこのダービーでしっかり活きるはずだし、ああいった位置取りからの競馬はダービーではベスト。道悪が残っても問題はないが、マイネルの馬はクラシック未勝利というデータの不安がある。
ショウナンアルバの皐月賞は全く競馬をしていない。今回も再度外枠を引いたが、今度はもう少し積極的に乗るはず。先週のオークスでも同じウォーエンブレム産駒のブラックエンブレムが4着に粘った事を見ても、この馬も距離はこなせるはず。東京コースとの相性の良さに期待して押さえにする。
1番人気になりそうなディープスカイ。ダービーでの1番人気は昨年で久々に連対は途切れたものの好走は約束されたも同然。ただ、この馬の場合、前走も稍重で勝っているが、それよりも馬場は良くないはずだし、NHKマイルCを勝った末脚を見ても2400mよりは1600mの方が向いている感じもする。毎日杯のあと皐月賞に見向きもせずNHKマイルCに絞ったことから見ても勝負はそこ。ここはその余韻といっては失礼かもしれないが、そういった感じを受けてしまう。来ればごめんなさいということで思い切って無印にする。

人気blogランキングへ

6月1日東京最終・中京メイン予想

2008-05-31 19:25:21 | 競馬
【東京12R:目黒記念】
◎⑤ホクトスルタン
○⑰アルナスライン
▲①ロックドゥカンプ
△⑱フサイチアソート
×⑧ヒカリシャトル
×⑮シルクネクサス
×⑪チェストウイング

GⅠで好走している4歳馬が揃って注目の一戦。狙いもその4歳勢になるが、本命にはホクトスルタンを推す。前走の天皇賞春はこの馬のペースで行くことができた。最後は3頭に交されたものの、いずれもが力のある馬だけに仕方がなかった。ただ、成長途上の現状で淡々としたペースを刻んで行けることを評価したい。東京コースに替わるが問題ないはずだし、56キロのハンデなら、この馬より背負っている馬を逆転できるはず。ここもマイペースで行けそうだけに初重賞制覇のチャンス。
対抗は休み明けの前走を圧勝したアルナスライン。菊花賞以来となった前走は57.5キロのハンデと楽な条件ではなかったが、2着に1秒差をつける圧勝だし、時計も優秀だった。1度使っての上積みは見込めるし、58キロになるハンデに不安はあるが、今後を考えると背負わなくてはいけない斤量だけに、どうこうはいえないはず。2走ボケさえなければ連勝まである。
昨年の有馬記念以来となるロックドゥカンプ。その有馬記念では後方から追い込んで4着は上々。南半球生まれのハンデを考えれば評価できるし、有馬より2ヶ月前の菊花賞で3着。あれは乗り方さえ間違っていなければという内容だけに、今年注目の一頭。ハンデの57キロは少し見込まれたかもしれないが、克服は可能なはず。久々は2戦2勝と得意にしているだけに、いきなりからもありそう。
昨年も3歳馬のココナッツパンチが2着したように、斤量の有利さを活かせば3歳でもやれる。そう考えてフサイチアソートも注意したい。中山コースではこの馬の良さが活きなかったが、東京コースは2戦2勝と得意にしているし、休み明け3走目。50キロのハンデとあわせるとそろそろ一変ありそう。
4歳馬ヒカリシャトルも近走は充実している。ただ、前走1秒差つけられたアルナスラインとのハンデ差は2.5キロから3キロ。逆転までは難しそうだし、ここは押さえまで。前走は前が壁になったシルクネクサスも前々走で距離克服しており、流れ次第で。穴はチェストウイング。1度使っての上積みはあるし、積極策をとりそうで不気味。

【中京10R:名古屋城ステークス】
◎⑦シルクウィザード
○④アグネスネクタル
▲③ドリーミーペガサス
△⑪ビッグカポネ
×⑫サンライズボンバー
×⑩トッポオブザロック
×⑥ヤマタケゴールデン

1年ぶりの前走を快勝したシルクウィザードの連勝に期待して本命を打つ。前走はこの馬の持っているスピードが1000万条件では抜けていることを示した。昇級になるが、元々このクラスで勝ち負けしていただけに不安はない。気になるのは2走ボケだけも調教はマズマズで大丈夫そう。
相手筆頭はアグネスネクタル。ここ2走ほど馬体の増減がやや激しいが、前走くらいの体を維持できていればここでも好勝負必至。追い込む脚は安定感があるだけに、3角から流れが速くなる中京はこの馬にはピッタリ。逆転の可能性は秘める。
再度一息入ってしまったが素質上位のドリーミーペガサス。前走の1000万条件はクビ差だが内容としては強いもの。昇級戦でも十分勝負できる。こちらも休み明けのビッグカポネ。昇級戦の前走も4着とマズマズの競馬をしていた。中京コースは相性が良いのは好条件も、久々はあまり走らないだけにそこだけが気がかり。ただここ2週一杯に追っており仕上がりは良さそうな気も。
久々になるがサンライズボンバーもダートで着外なしは魅力的。1度使ってから火もしれないが一発もありそう。前走は休み明けもあったが、距離が長かったことが敗因のトッポオブザロック。適距離に戻っての巻き返しも。少し時計がかかればヤマタケゴールデンの追い込みが脅威。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-05-31 05:27:58 | 競馬
【中京9R 御嶽特別:⑩アクセルファイヤー】
中央場所の前走で2着と好走した。勝った馬からは離されたもののこの馬の追い込みは強烈だった。今回は得意な脚抜きのいいダートが見込めそうだし、3角過ぎから捲っていける相性の良い中京コース。武豊J騎乗で今回は勝負の意気込みが伝わる。
買い目:馬単1着流し⑩→⑤③⑨

【中京2R 3歳未勝利:⑤ドンマルゴー】
前走はスタートが決まってハナを切る展開に持ち込めた4着に敗れたものの、収穫の多い一戦だった。前走同様にスタート五分で出ることができればチャンス。1ハロン短縮は有利。
買い目:馬連流し⑤→②⑥⑩⑭

【東京5R 3歳未勝利:⑬ティアップアライブ】
前走は初出走の不利はあった。スタートで出遅れて道中も後方から。レースをしたのは最後の直線だけ見たいな競馬で3着は評価できる。1度使えばレースもスムーズになるはずだし、今回は勝機。
買い目:馬単1着流し⑬→②⑤⑪

【東京9R 牡丹賞:⑥ルシフェリン】
前走は勝った馬が強すぎたし、この馬も休み明けで反応が今一つのように見えた。1度使っての上積みは相当なはず。東京コース向きの脚だし、今回こそは勝ち負け必至。
買い目:3連複2頭軸流し⑥⑤→④⑪①②

人気blogランキングへ

5月31日メイン予想

2008-05-30 22:11:30 | 競馬
先週のオークス。勝ったトールポピーは流石といったところ。
ただ、後味の悪いレースになってしまった。その原因は直線でのトールポピーの斜行。審議の結果降着にはならなかったが、レース後しばらくして池添Jの騎乗停止が発表された。結果はセーフだけど実質アウト?といったようなものか。
私見だがアウトだと思う。おととしのエリザベス女王杯でカワカミプリンセスが降着で今回がセーフなのは?。基準がないし、以前から言われているように審議を担当する人にもオブザーバーなどJRA職員以外の人も入れるべきではないか。こういったグレー決着がつづくのは将来的には良くないはずだが…。
いよいよ今週はダービーウィーク。オークス同様に混戦だが…。結論は明日。

【中京11R:金鯱賞】
◎⑤サクラメガワンダー
○⑬アドマイヤオーラ
▲⑰ローゼンクロイツ
△⑩スウィフトカレント
×⑫エイシンデピュティ
×⑦インティライミ
×③ヴィクトリー

宝塚記念の前哨戦ということで好メンバーが揃った。雨の影響は気になるが雨量は少なそうだし、先週は雨上がりの重馬場でも速い時計の決着だったように馬場状態は絶好。ここもある程度の時計勝負になりそう。そこで本命にサクラメガワンダーを推す。前走のオーストラリアTは勝ったオーシャンエイプスを褒めるべきで、この馬も負けて強しの内容だった。あの決め手を使えるのは復調してきた証拠。ベストは1800mな気もするが、2000mでも大丈夫。左回りに実績がなく、中京は初めてだが、今の状態の良さなら克服できるはず。
対抗はアドマイヤオーラ。前走のドバイは末は伸びてきたが結果は9着。遠征帰りになるが、先々週のヴィクトリアマイルでもウオッカが2着しているように、状態さえそれなりに整っていれば、能力で克服できる。これまで殆どのレースで上がり33秒台の末脚を使えるのは魅力。初の58キロも今後を考えれば克服してほしい。
中京巧者のローゼンクロイツ。中京で連対を外したのは前走の中京記念。58キロのハンデもあったが、それ以上に4角で先頭に並びかける早仕掛けが響いた。それでも勝った馬とは0秒2差なら上々。再度一息入るも、久々から走れるし態勢は整った。ただ、馬場が渋るとダメな馬だけに、雨の影響がどこまであるか次第。
昨年の2着馬のスウィフトカレント。この馬も中京では連対を外していないコース巧者。前走の新潟大賞典は不得手と思われる上がりの速い決着にもそれなりに対応できた。休み明け2走目での上積みも見込めるし、これで少しでも時計がかかれば申し分はない。一発の可能性は秘めている。
東京コースで重賞勝ちはあるが、左回りはイマイチなエイシンデピュティ。2000mは前走で克服したが、今回は更に流れが速くなる中京だけに対応できるか如何。インティライミも中京では大崩がない。この馬としては雨が結構降ってほしいはず。大穴はヴィクトリー。横山典Jと初めてコンビを組む。何か策は考えているはずだし、逃げるようなら面白いかも。近走不振でも押さえたい。

【東京11R:欅ステークス】
◎⑯ワールドハンター
○⑨フェラーリピサ
▲⑫アイスドール
△④ユノナゲット
×⑭ナムラアトランテス
×⑪ベルーガ
×③クランエンブレム

オープンに昇級しての2戦でソコソコの競馬をしているワールドハンターを本命にする。前走の栗東Sは1200mのスペシャリストが揃った。それだけにこの馬には少し苦しかったが6着ならマズマズ。近走は1200mばかり使っているが、この馬のベストは1400mそれだけに絶好の条件の今回が走り頃だし狙い頃だろう。
対抗にはフェラーリピサ。前走はスタート後挟まれる不利が響いた。荒れでレースの流れに乗れなかっただけに参考外。オープンでも勝てる能力があるが、どうもムラ駆けの印象がある。東京コースがベストだし、ある程度集中できる1400mがこの馬には最適の条件かも。メンバーは前走よりは楽だし、久々の勝利の可能性も十分。
アイスドールは上がり34秒9の豪脚を使って3着。勝った2頭には離されたが、ダートであればオープンでもやれることは示した。今回は別定の54キロになるが問題ないはず。流れは速くなりそうだし、前走のように嵌れば一発ある。ユノナゲットはオープンだと少し足りない気もするが、東京コースには絶対の自信を持っているだけに、そこに期待しての△評価。
1600mだと1ハロン長いナムラアトランテス。今回はベストの1400m戦で、昇級2戦目。前走よりも上昇は見込める。ベルーガは久々になるが調教はしっかりこなしている。いきなりから走るし東京コースも好相性。大穴はクランエンブレム。オープンに昇級してからはさっぱりの内容が続いているが、今回はダート替わり。下級条件のときとはいえ結果を残しているし、東京コースも走る馬。藤田Jで一変の期待もできるが…。


人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-05-25 05:07:34 | 競馬
【中京10R パールステークス:⑫セラフィックロンプ】
前走は牝馬限定戦で相手関係にも恵まれて快勝。時計は強調できるものではないが、ペースが遅かっただけに仕方がない。昇級するが再度限定戦。道悪での圧勝歴もあるし、中京コースも得意にしている。連勝の期待は十分できる。
買い目:馬単1着流し⑫→③①⑦⑩

【中京2R 3歳未勝利:⑪ブレイブファイト】
前走は勝った馬に早目に抜け出される形になってしまい届かなかっただけ。3着には5馬身の差をつけており、未勝利戦を卒業するのも時間の問題。道悪は何ともいえないが、今回はメンバーに恵まれた。
買い目:馬単1着流し⑪→⑤⑨⑰

【東京12R 江の島特別:⑦マイネルシュピール】
前走でも馬体は絞りきれていないようだったが、それでも2着に粘ったのは能力の証明か。前走同様今回も道悪だけに、マイペースの逃げが打てそうな今回は勝ち負け必至。
買い目:馬単1着流し⑦→①⑩⑧

【東京3R 3歳未勝利:⑦スマートサプライズ】
前走は2走目ということもあるが距離短縮で一変した。勝った馬が強かっただけで、この馬の時計も未勝利戦としては水準級以上。脚抜きのいいダートは良さそうだし、東京コースに替わることも問題ないはず。
買い目:3連複2頭軸流し⑦⑮→②③⑥⑯

【新潟5R 3歳未勝利:⑬パカパカグランプリ】
前走はデビュー戦だったが、既走馬相手に3着と健闘した。上位2頭にはやや離されたが、内容としては決して悪くなかった。1度使っての上積みはあるし、道悪にノメらなかったのも好材料。減量起用で前進必至。
買い目:馬単1着流し⑬→⑯⑧④

【新潟12R 胎内川特別:③ドレックセル】
デビューして3着以内は5回あるが、全て新潟コースのものだし、唯一の勝利が今回と同じ新潟の2200m戦。この条件なら不思議と走るし、道悪もそんなに苦にしない。狙いの条件だけに、今回は面白いはず。
買い目:馬連流し③→②⑬⑫⑩

人気blogランキングへ

オークス予想

2008-05-24 19:48:58 | 競馬
雨の影響がありそうで道悪のオークスになりそう。順当に収まることが少ないだけに、今年はどうなるか。今年はまだGⅠでの的中がないだけに、そろそろと思うが、今週、来週のダービーともに自信が全くない。

【東京11R:オークス】
◎⑫ソーマジック
○④レッドアゲート
▲⑱リトルアマポーラ
△⑩レジネッタ
×⑧マイネレーツェル
×⑤ムードインディゴ
×⑬スペルバインド

大波乱に終わった桜花賞だが、それ以外の勢力でもこれといった馬が出てきていない。桜花賞から一気に800mも距離延長して殆どの馬が初体験となる2400m。雨予報もあって道悪は必至。本当に荒れる要素は満載といえる。例年の傾向を見ても桜花賞からの直行組が好成績を残している。本命は桜花賞を使った組とするが、その中でも3着になったソーマジックを今回は推したい。前走の桜花賞は直線で勝ったレジネッタに外から寄られる不利があった。そこから最後盛り返しての3着は十分評価できる。それに少し早目に動いたことも結果としては…だが、それで粘るのだから力はある。芝に使うようになってからのここ3走はいずれのレースでもいい差し脚を見せている。そういったのも長い東京の直線コース向き。直前の調教は軽めだが、一週前にびっしり追っておりデキに関しても前走以上は確かか。血統的に見て桜花賞よりはオークスでこそと思えるだけに、桜花賞での雪辱をここで果たしたい。
対抗には本命馬と同じ田村厩舎のレッドアゲートとした。フラワーC2着のあとは桜花賞にも登録せずにオークスに狙いを定め、トライアルのフローラSを使ってきた。これまでのレースと違い、ある程度前につけて直線抜け出す競馬をできたのは収穫。小柄な馬だが、追ってからは長くいい脚を使えるのはオークス向き。そしてメンバーの中でこの馬だけが東京の2400mを経験しているのは強み。そのレースがレベルの高いといわれている1回東京でマゼランが勝った500万条件。この馬のその時の走破時計2分26秒4で今回も走れるなら、オークスでも十分勝ち負けできる。桜花賞不出走になるが、フローラS勝ちでここに挑むのは昨年のベッラレイアと同じパターン。あの馬と似たイメージも抱くだけにここも好勝負は必至。田村厩舎の親子丼、そして内田博JのJRA騎手としての初GⅠ制覇の可能性も十分ある。
桜花賞5着のリトルアマポーラ。桜花賞は勝ったレジネッタよりも速い上がりタイムの脚を使っている。展開的にも絶好と思えたのだが、届かなかったのはスタートで出遅れて位置取りが悪くなってしまったことに尽きるだろう。本当にあれさえなければもう少し際どいレースが出来ていたはず。今回は最後の枠入れとなる大外枠というのは出遅れないことを考えればいいのだが、枠順的には大外枠というのはマイナス。クイーンCでは外から長くいい脚を使っているように、広々とした東京コースに替わるのはプアラスに働くはず。3走前の京成杯で牡馬相手に僅差の4着というのが力の証明。この馬のレースぶり血統的に見てもオークスの方が向いている。道悪でも勝ち鞍があるように、馬場が相当渋るようならこの馬の逆転もあるはず。
桜花賞の勝ち方が鮮やかだったレジネッタ。最後は一追いごとに伸びて小牧太Jに初GⅠ勝ちをプレゼントした。この中間はゲート試験もあってそれの対策に時間を要したのも確か。ただ、先週の坂路で自己ベストの時計をマークしているように、状態に関しては前走以上といえるかもしれない。決め手があるだけに追い比べの展開にでもなれば2冠の可能性も十分。父フレンチディピュティというのが気になるが、天皇賞のアドマイヤジュピタの例もあるし、この馬の血統を見ても全兄のアエローザが距離を克服していることを考えても大丈夫と判断したい。
マイネレーツェルは今回武豊Jを鞍上に迎えた。前走の桜花賞でもマズマズの競馬をしているが、一押し足りないのは確か。ただ、今回は道悪だけにタフさ比べになれば浮上の余地はありそう。血統的には距離をこなせる要素はありそう。
忘れな草賞を勝ったムードインディゴだが、その時の勝ち時計が平凡。ただ、今回はオークスで4年連続連対している福永Jの騎乗というのが如何にも不気味。オークス2着のチャペルコンサートを姉に持つ血統だけに、距離に関しての不安は全くない。上がりのかかる競馬になりそうなだけに連対圏はうかがえそう。
大穴はスペルバインド。1走ごとに馬体が減っているのは気になる。中2週で再度の東京遠征だけに馬体の維持が条件。前走の内容を見れば広い東京コースがベスト。この馬も兄にシックスセンスがいるように、距離に関しての不安はない血統。

人気blogランキングへ

5月25日中京・新潟メイン予想

2008-05-24 19:25:28 | 競馬
【中京11R:東海テレビ杯東海ステークス】
◎⑪ワンダースピード
○①サンライズバッカス
▲⑤フィフティーワナー
△②メイショウトウコン
×⑥ロングプライド
×⑭ゲイルバニヤン
×⑩アルドラゴン

昨年の1、2着馬が出走してきたし、近況好調な馬も多い。なかなか面白い一戦になりそう。本命には昨年2着の雪辱を果たしたいワンダースピードとした。休み明けの前走は早目の競馬をして押し切った。休み明けいきなりからあそこまで走るとは思わなかったが、今の充実度を物語っている。2走前の阪神2000mを2分1秒0の破格のレコード勝ちしたように、脚抜きのいいダートは得意。ここもレコード決着の可能性があり、そうなれば重賞連勝の可能性大。
対抗にはGⅠ勝ちの実績のあるサンライズバッカス。休み明けの前走は少し攻め不足と思ったが、最後は上がり35秒5の末脚で追い込んで3着。追い込みにくい展開を考えれば上々の内容といえる。距離延長に関しても問題はないだろうし、1度使っての上積みも期待できる。あとは1番枠を捌けるかどうか。
フィフティーワナーはここ2走がやや物足りない。前走も展開としては絶好だったが粘りを欠いた。これはプラス12キロの馬体増が影響していたか。調教も緩めずにやっており絞れていれば前進必至。距離に関しては何ともいえないが、ペース一つでこなせるはず。
昨年の勝ち馬メイショウトウコン。前走は展開が向かなかったとはいえ全く伸びなかった。やはり連戦の疲れがあるのだろうか。ただ、調教はしっかりとできており、動きも悪くなさそう。追い込み馬だが、脚抜きがいいダートの方がいい。先週GⅠを制した藤田Jで新味が出れば。
ロングドラゴンは左回りの方がいいが、あとはスタートを互角に出れるかどうか。ゲイルバニヤンの前走は大外枠で流れに乗り切れなかった。ただ、前走だけで見限ることはできないし、前々から粘りこむような形になればしぶとそう。地方馬のアルドラゴンは3走前の名古屋大賞典でメイショウトウコンと僅差の競馬をしている。実力は侮れない。あとは左回りの中京コースの克服如何。

【新潟11R:邁進特別】
◎⑨ボムシェル
○⑯クリスティイモン
▲⑦リボンノキシ
△④リリウオカラニ
×⑩トップオブドーラ
×⑥ソロソログランプリ
×⑫カルパントラス

雨の影響もあるし、最終日の直線競馬。外枠が有利だが、本命には中枠になったボムシェルを本命にする。前走は最後の最後にしっかりと伸びて差しきり勝ち。内容としては文句なし。ここはスピード自慢が揃ったし、馬群さえスムーズに捌ければ最後は伸びるはず。道悪も走るだけに、昇級戦でも問題なさそう。
大外枠と絶好の枠番になったクリスティイモンが対抗。前走は1番人気に推されたが、最終日の馬場で休み明け。息が保たなくても仕方がなかったか。今回は外埒につけて他の馬にこられなければ逆転の可能性は秘めている。直線コース向きのスピードはある。リボンノキシもスピードだけならこのメンバーでも1,2を争う。芝の実績はないが、直線競馬ならそのあたりは大丈夫だし、道悪で時計がかかるのはありがたいはず。
リリウオカラニは控えても競馬ができるようになってきた。内枠はマイナスだが、道悪もこなせるだけに、差す流れになれば不気味。同じことはトップオブドーラにもいえる。芝実績は殆どないが、唯一の連対が直線競馬。この条件での一変にも期待したい。新人の三浦Jが騎乗するソロソログランプリは芝でも大丈夫なはず。久々だが、直線競馬の実績があるカルパントラスまで押さえたい。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-05-24 08:26:37 | 競馬
【中京10R 昇竜ステークス:⑥ナムラハンター】
前走はスタートで出遅れ、道中は砂を被って頭を上げ、勝負どころでは前が詰まるなど全くスムーズな競馬ができなかったが、最後は伸びてきて3着。まともならもう少し迫れたはず。今回は目の上のたんこぶ的存在はいないし、未勝利戦を圧勝した中京コース。頭数も手頃で流れにも乗りやすいはず。
買い目:馬単1着流し⑥→②⑦⑫

【中京6R 3歳500万:②ノーブルマン】
前走は抜け出そうとしたところを外から一気にこられてしまった。勝った馬は昇級戦で3着と好走しており相手が悪かった。前々でレースができるのは開幕週の馬場では有利。今回も好走必至。
買い目:3連複2頭軸流し②⑭→⑧⑱③⑯

【東京3R 3歳未勝利:⑨ミルシャイナー】
デビュー戦となった前走は後方から強烈に伸びて2着確保。直線だけしか競馬をしていない印象。1度使えばもう少し競馬も覚えてくるだろう。距離延長も問題なく、血統的に未勝利で時間を食ってもいられない。
買い目:馬単1着流し⑨→④①⑭⑤

【東京6R 3歳500万:③サクラリーバポート】
デビュー戦はスタートで出遅れて道中は後方から、直線は豪快な追い込みで一気に差し切った。時計も水準級だし勝ちっぷりは鮮やかだった。昇級するが上積みは見込めるだけにやれそうな気もする。
買い目:3連複2頭軸流し③⑫→⑧⑬⑪

【新潟8R 4歳以上500万:⑮ディスパージョン】
前走もこの馬のレースはしたが3着に惜敗。あと一粘りほしい感じがするが、今回は3キロ減の減量騎手を起用してきた。その効果があればだし、前走同様に外枠を引いた。最終週ならとても有利だし、得意な条件の今回で勝っておきたいところ。
買い目:馬単1着流し⑮→⑪⑧②⑬

【新潟1R 3歳未勝利:⑤フサイチワイバーン】
デビュー戦の前走は差し馬の流れにならなかったが、4角過ぎから捲り気味に進出していって2着は確保した。上がり37秒3の脚は評価したい。1度使ってもう少し反応もスムーズになるだろう。先週固め勝ちをした好調な新人の三浦J。今週も勢いのまま1Rを勝ってほしい。
買い目:馬単1着流し⑤→⑥⑩①

人気blogランキングへ

5月24日メイン予想

2008-05-23 21:53:34 | 競馬
開催が替わって関西圏は中京の開幕。この開催は全て左回り。そして今週は新潟もありサウスポーウィークとでもいってもよさそう。って、こんなこと去年も書いたような気が…。

【中京11R:テレビ愛知オープン】
◎③カノヤザクラ
○⑫ステキシンスケクン
▲⑯ニシノプライド
△⑥エムオーウイナー
×⑨アーバンストリート
×⑧キョウワロアリング
×⑭ワイルドシャウト

夏の中京の開幕。雨予報だが開幕週だけに、速い時計の決着は濃厚だろうし、前に行った馬が有利なのも確か。ただし、ペースが速いと差し馬の台頭も見込まれる。そう考えてカノヤザクラを本命にした。前走はスタートでやや後手を踏んだのが痛かった。前々走の中京戦は道悪で4着と、馬場が悪化しても走れることは示した。重賞でも好勝負しているし、久々でも走るタイプ。ペースは速くなりそうだし、スタート五分なら好勝負必至。先週、絶好調の藤岡佑Jとの初コンビにも期待したい。
対抗はステキシンスケクン。前走は久々でやや太め残りだったし、レースでもスムーズさを欠いた。今回は中2週で当日輸送なら絞れる要素は満載。1200mに関しては年明けのレースで克服しているように問題ない。道悪も大丈夫なはずだし、前々から粘るレースができれば。
ニシノプライドは番手からの競馬で抜け出した前走が収穫。これまでの一本調子の面がなくなったのは良かった。ここは、外枠からでもハナを切れるはず。あとは昇級戦での相手関係とペース次第。オープンでも走れる能力は秘めている。エムオーウイナーもここはハナを主張したいはず。多少恵まれたとはいえ2走前の重賞オーシャンS2着のときのようなレースができれば。
3連勝中と勢いのあるアーバンストリート。前走は道中殿からの追い込みは強烈。中京コースも好相性だが、開幕週の馬場と時計に不安がある。高松宮記念でマズマズのレースをしたキョウワロアリング。調教をかなり積んで絞れていればワイルドシャウトガが穴。久々走るだけに不気味。

【東京11R:フリーウェイステークス】
◎⑯モルトグランデ
○②コンティネント
▲⑱キタノリューオー
△⑩ウエスタンヒート
×⑥ライトグランデュア
×⑪ガブリン
×⑨ハネダテンシ

今回の相手関係ならモルトグランデは勝ち負けしなければならないとみて本命にする。前走は長距離輸送で馬体が大きく減ってしまったが、それでも2着は力のある証拠。今回は東京なら輸送も短いし大丈夫なはず。昨秋56キロのハンデを背負って今回と同条件で2着。それから1キロ増になるが不安はない。
対抗にはコンティネント。前走は休み明けもあるし、早目に先頭に立つレースも誤算だった。昇級してからの2戦はいずれも2桁着順だが、戦ってきた相手も少し強かった。休み明け2走目で距離短縮、内枠で溜めるレースができれば、今回一変しておかしくない。雨の影響が少なくすみそうなのも好都合。
キタノリューオーの前走は少し間隔が開いたのもあるが、道悪も影響していたはず。昇級して3走とも大きく負けていないだけに、流れ一つで浮上の余地はありそう。前走ほどの道悪にはならなそうだし、それなら巻き返しもありそう。ウエスタンヒートは勝った馬が強すぎただけで、この馬としてはマズマズの内容。東京の1400mは合っていそうなだけに要注意。
早目に動いていって最後まで粘っていたライトグランデュア。1ハロン短縮はプラス材料。久々の芝になるが、良績はあるガブリン。ここは展開的には楽に逃げられそうな気もするし押さえたい。3走前に2着したときと同じ東京1400mならハネダテンシが穴。

【新潟11R:赤倉特別】
◎①リミットブレーカー
○④ストロングラリー
▲⑧クイーンスプマンテ
△⑩エバンジェリスト
×②スズカライアン
×⑭ホーマンアラシ
×⑫マイネルテアトロン

昇級してからもマズマズのレースをしているリミットブレーカー。前走は時計が速すぎたのもあるが、この馬の展開にならなかった。それでも最後伸びてきているだけに、やはり左回りの方が良い。最終週の新潟で多少時計がかかればだし、平坦で長い直線のこのコース向き。好走必至とみて本命にする。
相手の筆頭候補はストロングラリー。前走は上がり33秒6の末脚を駆使しての差しきり勝ち。新潟コースは連対を外していないように、得意の条件で一変した。昇級するが、前走の時計だけ走れるならここでも勝ち負けできる。クイーンスプマンテは牝馬限定戦で3着を2度しているが、今回は牡馬相手。ただメンバーを見て、そして中舘Jが騎乗することを考えればこの馬の逃げだろうし、単騎で行けそうなだけに逃げ残りには要警戒。
エバンジェリストも芝に変わった前走でこれまでの詰めの甘さが嘘のような鋭い末脚を使った。長い新潟の直線でさらに持ち味が活きれば昇級戦でも面白そう。久々走るスズカライアンも、ベストは1800mだけにあと1ハロン辛抱できるかどうか。休み明けのトップハンデと買いにくい条件だが、新潟コースとは好相性だけにホーマンアラシも押さえたい。大穴は障害帰りの前走を勝利したマイネルテアトロン。効果がありそうなだけに…。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-05-18 08:38:38 | 競馬
【京都5R 3歳未勝利:⑰ロザリオ】
休み明けの前走は勝ち馬からは離されたが、レース内容としては悪くなかった。今度は上積みも見込めるし、末ももう少し鋭くなるはず。血統的に未勝利にいる馬ではないし、今回は順番かも。
買い目:馬単1着流し⑰→②⑮⑫⑦

【京都2R 3歳未勝利:⑬ザザ】
今回は初めての2000mになるが、折り合いには進境も見せている今ならこなせるはずだし、血統的にはむしろ向くと思う。詰めの甘さは否めないが、前で粘るレースをすれば結果は残せそう。
買い目:3連複2頭軸流し⑬⑥→⑨⑮⑭

【東京10R 立夏ステークス:⑤セイウンプレジャー】
前走でもしっかりと伸びて2着は確保した。スタートにやや課題も残すが、前走くらい出られれば今回もチャンスだし、直線の長い東京コースは相性がいいだけに、今回はまともなら勝ち負け必至。
買い目:馬単1着流し⑤→⑦⑮⑥⑭

【東京4R 3歳未勝利:②ジュセトゥ】
前走は逃げるレースをしたが、やや展開が厳しくて粘りを欠いた。今度は終いを活かす競馬に徹するようで、今までとは違った面が見られるかも、距離短縮はプラスだし、内枠を上手く活かせれば。
買い目:馬連流し②→⑯⑭⑬

【新潟9R 4歳以上500万:⑧サトノコクオー】
前走は大外に持ち出してからの伸びは強烈。上がりは35秒8は出色だろう。本来はもう少し前で競馬ができるタイプだし、今回は平場戦ということもあり相手関係は前回より楽になった。ここは負けられないところか。
買い目:馬単1着流し⑧→⑤⑨⑬

【新潟8R 4歳以上500万:③リヴィエラブルー】
休み明け3走目で漸くこの馬らしさが出てきた前走。新潟コースも問題なかった。連闘後の中1週が気がかりだが、今のデキなら大丈夫だし。前々からレースをして粘りこみが今回もできそう。
買い目:3連複2頭軸流し③①→⑩⑫⑪⑤

人気blogランキングへ