気まぐれなサイコロVR

趣味の競馬を中心に、日常で気になったこと津々浦々を気まぐれに書いています。

今日の特注馬

2008-01-27 08:55:06 | 競馬
【京都8R 4歳以上1000万:⑦ポートラヴ】
少し間隔の開いた前走。1400mと微妙に長い気のする距離で4着なら上々。今度は1200mだし、前走よりは前で競馬もできるはず。クラスにも慣れそろそろチャンス。
買い目:馬単1着流し⑦→⑧⑯④⑬

【京都3R 3歳未勝利:③ビーチパトロール】
距離短縮とダート替わりの前走で一変した。適条件を見つけ出し連闘をかけてきた。1度使えば息の保ちも違うはず。今度こそ勝機。
買い目:馬単1着流し③→⑤⑪⑦

【中山9R 菜の花賞:①スワンキーポーチ】
前走は抜け出したところを、さらに外から差されたが、2戦目で重賞ということを考えると上々の内容。距離延長に関しては何ともいえないが、前半溜めて末を活かす競馬をすれば大丈夫なはず。期待している馬だけに、ここも好走に期待。
買い目:3連複2頭軸流し①⑭→⑦⑪④②

【中山1R 3歳未勝利:⑧エアワルツ】
デビュー戦が既走馬相手の未勝利戦を選んできた。調教の時計だけを見れば走れそうな感じはする。血統的に見てもソコソコの期待は持てる。メンバーも強力ではないし、配当妙味を考えても狙い目。
買い目:馬単1着流し⑧→⑫③②

【小倉1R 3歳未勝利:⑩ディープリング】
前走は大外枠からハナを奪うまでにかなり脚を使ってペースが速くなってしまった。それでいて上がり3Fを40秒を切ってまとめたのは評価できるし、時計も水準級以上。ローカルの小倉ならまず負けない。
買い目:馬単1着流し⑩→②⑧⑫

【小倉10R 小倉城特別:⑦マースエンペラー】
前走は距離も少し長かったが、勝った馬の末脚を褒めるべきか。堅実なレースは出来ているし、降着になったとはいえ、2走前には1着でゴールしている。そう強力なメンバーではないだけに、初勝利も間近。
買い目:3連複2頭軸流し⑦⑬→④⑨⑯

人気blogランキングへ

1月27日メイン予想

2008-01-26 23:02:02 | 競馬
【中山11R:アメリカジョッキークラブカップ】
◎⑩ドリームパスポ-ト
○⑨シルクネクサス
▲①トウカイトリック
△⑥メイショウレガーロ
×⑤エアシェイディ
×⑦アドマイヤメイン
×⑯ブラックアルタイル

転厩騒動に巻き込まれたドリームパスポート。美浦にやってきたが、調教の動きに関しては悪くない。このメンバーに入れば実績を見ても少し抜けた存在。休みあけを1度叩いた前走の有馬記念は4角で他馬と接触する不利があっての6着。まともなら掲示板はあったはず。GⅠ2走の疲れはないと判断したい。久々の勝利を手にするのも間近。
相手筆頭はペリエJ騎乗のシルクネクサス。早目の競馬をした前走の中山金杯は4着。最近は上がりもある程度まとめることが出来るようになった。4走前のオールカマーで2着したように、中山2200mはこの馬には合うはず。今回もその時と同じような競馬ができれば逆転もあるかも。
トウカイトリックは3000mのオープン特別なら走って当たり前か。それでも上がり34秒0で走った前走は評価できる。2000mでも勝ち鞍があるだけに2200mも走れるだろうが、もう少し長い距離の方がいいのも確か。あとは蛯名Jがどう乗るかだけか。
メイショウレガーロは回避予定だったが一転出走してきた。休み明けの前走の中山金杯は逃げて3着。絶妙のペースだったが、勝った馬の力が一枚上だった。自分の競馬さえ出来れば走れる。2走ボケは気になるが、逃げれば好走は必至。
エアシェイディは重賞でまた2着。本当に勝ちきれないが、最後はしっかりと伸びていた。1ハロン延長は決してプラスとはいえないだけに、今回は押さえまで。アドマイヤメインの前走はハイペースが祟った。休み明けの分粘れなかったかもしれない。外回りでゆったりとしたペースで行けるのならチャンスはあるはず。ブラックアルタイルは昇級で重賞は厳しいが、ここに来て力をつけているだけに侮れない。

【京都11R:平安ステークス】
◎④クワイエットデイ
○③ドラゴンファイヤー
▲⑨メイショウトウコン
△⑥マコトスパルビエロ
×⑭フェラーリピサ
×⑬ロングプライド
×⑮サンライズレクサス

活きのいい4歳馬も多く参戦して、面白そうなレースになりそう。ただ、本命には8歳のクワイエットデイとした。復帰戦の前走は内を上手く通って3着。さすがに脚抜きのいいダートは走る。ゲートや走る気分など課題は多いが、上手く噛み合えばこのメンバー相手でも十分勝ち負け可能。使い込まれるとダメな馬だし、叩き2走目は走る。今回も内枠を引いた。良馬場でも京都なら問題ない。
対抗は4歳馬のドラゴンファイヤー。4連勝と勢い勇んで挑んだ前走のジャパンカップダートは6着。スタートで出遅れたり等もあったが、相手が強力すぎた。とはいえ3歳秋であれだけ走れれば十分。2走前には53キロのハンデだったとはいえ重賞勝ちをしている。追ってからも確実に伸びる馬。逆転も可能。
昨年の勝ち馬のメイショウトウコン。JCダートも追い込んではいるが、勝った馬にレコードで走られては厳しい。前走の東京大賞典も水の浮く追い込みにくいダート。早めに動いたが3着が精一杯だった。京都コースでは破格の切れを見せるだけに、今回もその脚が使え届くかどうかだけ。
マコトスパルビエロはエルムSでメイショウトウコンの2着。この馬も絶妙の走りはしたが、それで負けたのだから力差があるのだろう。それ以来になるが、調教の動きは悪くない。成長も見込めるし、前々の競馬で粘りこめればチャンスはある。
フェラーリピサの前走は最内枠がマイナスに働いた。スムーズなら突き抜けていたかも。力はある馬だけにスムーズなレースが出来れば連対圏まで。ロングプライドは早めに動いた前走だが、勝った馬の力が上だった。京都コースは走るが、3走前の内容がイマイチだけに、中央の重賞でどこまでやれるか。過信は禁物かも。穴は武豊J騎乗のサンライズレクサス。1800mは微妙に長いが、能力はあるだけに侮れない。

【小倉11R:関門橋ステークス】
◎⑨ファランドール
○⑯バトルバニヤン
▲⑥カネトシリベルテ
△⑬フィレンツェ
×⑫ブレイズワン
×⑮アースクリスハーン
×④コスモダンスナイト

昨秋の休み明け以降堅実に走っているファランドール。小倉コースも得意にしているし、小回りコースも大丈夫。前走は展開が嵌っての2着ということもあるが、力をつけているのも確か。輸送で馬体さえ減らなかったら、今回も確実に走ってくれると見て本命にする。
対抗はバトルバニヤン。前走も2番手からの抜け出しと正攻法の競馬をして勝利。キャリアはまだ浅いが素質はオープンでも十分通用するものは持っている。小倉コースは2戦2勝と得意。大外枠は気になるが、土曜日は好調だった中舘Jの騎乗に期待をする。
カネトシリベルテの前走は自分の競馬をさせてもらえなかった。さすがにこのクラスまで勝ち上がると厳しいものはあるが、小回りコースの小倉になる今回は、徹底的に行くはず。逆転の可能性はある。フィレンツェは以前は1400mがベストだった。ただ、展開が向いたとはいえ前走の3着には驚き。今回も嵌るかは微妙も、一変した内容には注意したい。
ブレイズワンも前走では崩れたが、このクラス2走目で、小回りの小倉に変わって巻き返しはある。アースクリスハーンも相手なりだけにこのメンバーなら連対のチャンスはある。休み明けでも調教をしっかり積んでいるコスモダンスナイトが穴。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-01-26 08:21:12 | 競馬
【京都9R 若駒ステークス:②キングスエンブレム】
少頭数ながら好メンバーが揃い注目の一戦。前走は人気馬ファリダットに競り勝った直後にブラックシェルに差しきられたが、あれは勝った馬を褒めるべき。この馬も内容は良くなっている。堅実なレースが出来るのは魅力。このレースとの相性の良い武豊Jにも注目したい。
買い目:3連複フォーメーション②→⑥③→⑥③⑧⑤

【京都6R 3歳新馬:⑧ダイワスピリット】
ダイワスカーレットの弟にあたる血統馬。昨年の11月からビッシリ乗り込まれているようで調教量は万全で、動きも良さそう。陣営は細身ということを気にしているが、牝馬だけに極端でなければだろう。注目のデビュー戦。クラシックに向けてここは負けられない。
買い目:馬単1着流し⑧→⑬⑨⑮

【中山9R 若竹賞:⑧スマイルジャック】
前走は東京スポーツ杯2歳Sで3着。オープンでも大崩れはしていないが、少し詰めの甘いところがある。ただ、今回は自己条件戦。一息入ってもこのメンバーならキッチリ勝っておきたい。
買い目:馬単1着流し⑧→③⑫①

【中山12R 4歳以上1000万:⑦ダノンブライアン】
前走は圧勝。勝ち時計も500万としては優秀だし、このクラスに昇級しても勝ち負けできる時計。中山1200mは絶好の条件。東京に開催が替わる前にここは好勝負しておきたいはず。連勝は濃厚と見る。
買い目:馬単1着流し⑦→⑨⑭④⑮

【小倉3R 3歳未勝利:③マリーンショット】
新馬戦はダートを使って大敗。ゲートを出てから全く行けず、ただ1周してきただけのような感じだった。まだまだ馬が若いのか走る気になっていないのかだが。血統的には走れるはずだし、芝の方が良い。芝を求めての小倉遠征で、鞍上にはペルエJ。一変があるなら今回のはず。
買い目:馬連流し③→⑬⑮①⑤

【小倉9R 4歳以上500万:⑦ステイトリーデイズ】
休み明けになるが、昨夏の北海道でのレースぶりから、このクラスを勝つだけの能力は持っている。栗東での調教は2本のみも、牧場で乗ってきたという陣営のコメントから仕上がり良好なはず。久々の今回が配当妙味を考えても狙い目。
買い目:馬連流し⑦→②⑯⑫

人気blogランキングへ

1月26日メイン予想

2008-01-25 23:04:04 | 競馬
【京都11R:伏見ステークス】
◎⑬サンクスアロット
○①ミルクトーレル
▲⑪サウスティーダ
△③マッハジュウクン
×⑧エアニックス
×⑨シルクドラグーン
×⑤ザットフラッシュ

前走は折り合いを欠いてしまったサンクスアロット。それでいて直線では鋭い伸びを見せて4着。スムーズな競馬ができていれば突き抜けたかも。1ハロン延長は問題ない。スムーズな競馬ができて溜めれば末脚は切れるだけに、再度の期待をこめて本命に。
対抗はミルクト-レル。昇級しての2走とも内容は決して悪くない。ハイペースは必至だけに。最内枠さえ捌ければこの馬の差しが活きる可能性は十分。
サウスティーダのスピードはこのクラスでも上位。1400mで大崩れしたのは重賞の阪神牝馬Sのみ。それだけに久々で息が保つかだけ。逃げ切りの可能性も秘めている。マッハジュウクンは自分からペースを作っての2着。ただ、今回は強力な同型がいる。とはいえ、離れた2番手を追走して、逃げと同じ形に持ち込めればチャンスはありそう。
1400mでも大丈夫そうなエアニックス、シルクドラグーンの差しも要注意。使われつつ上昇しているゼットフラッシュまで押さえたい。

【中山11R:アレキサンドライトステークス】
◎⑭ブラックランナー
○⑧ウルフボーイ
▲⑪パピヨンシチー
△⑮スプリングヘッド
×①ダイショウジェット
×②コーナーストーン
×③トーセンクラウン

有力馬がことごとく除外。メンバーの半分が今回昇級戦となる難解な一戦。ここにきて連勝と漸く素質開花の兆しのあるブラックランナーを本命にする。2走前は直線だけの競馬で勝ち、前走も息の長い末脚を使っている。最後は少し抑える余裕もあった。今の勢いで今回のメンバーなら十分に勝ち負け必至。内田博Jとのコンビも魅力的。
相手筆頭はウルフボーイ。休み明けになるが久々でも走れる馬。調教もしっかり出来ており問題はないはず。中山の1800mではしぶとい馬だけに、いきなりでも要注意。
パピヨンシチーは今回が昇級戦。前走の時計はブラックランナーと変わらない。ただ、終いが少しかかった分だけ恵まれたともいえる。相手なりに走るだけに、昇級でもこのメンバーなら好走は確実かも。スプリングヘッドは前走の時計は平凡も、中山は2戦2勝。それだけに怖さはある。
ダイショウジェットの前走は少し離されての4着。どちらかといえば時計がかかったほうがいいだけに中山は合いそう。昇級戦で初ダートになるコーナーストーンとトーセンクラウンの2頭。どちらも血統的にダートが全くダメということはないはず。不気味さはあるだけに押さえておきたい。

【小倉11R:大宰府特別】
◎⑤ウィルビーキング
○③パッションレッド
▲②トウカイアワード
△⑨ディルシード
×⑯ワンマンシャチョウ
×⑫エーティーボス
×⑥ロードエキスパート

先週の小倉で大活躍だった鮫島克Jの騎乗が魅力的なウィルビーキングを本命にする。詰めの甘さは否めないが、2000mはこの馬には少し長いのかもしれない。2勝を挙げている1800mに距離短縮して、54キロのハンデの今回が狙い目かも。
対抗はパッションレッド。500万条件を勝つのに時間を要したが、大崩れしないのは魅力。4歳の牝馬で54キロのハンデは、少し見込まれたかもしれない。今回は牡馬相手になるだけに少し割り引いた。小倉巧者のトウカイアワード。近走不振でも小倉なら変われるはず。
ディルシードは勝つか負けるかの両極端。久々よりは1度使ったほうが走れそう。ただ、マイペースで行けるかどうかだけ。力は十分通用する。ワンマンシャチョウも1度使っての上積みが見込める。エーティーボスも前走でこのクラスのメドが立った。久々、昇級と条件は厳しいが、ロードエキスパートは前走がきっかけになれば…。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-01-20 08:57:50 | 競馬
【京都9R 紅梅ステークス:②ラベ】
前走は届かないと思ったシンガリ追走から差しきり勝ち。本当に直線だけの競馬だった。ただ、新馬戦は先行して抜け出して勝ったように、どんな競馬でもできる強みがある。今回決して楽なメンバーではないが、3連勝を飾る可能性は十分。勝って桜花賞戦線に挑みたい。
買い目:3連複2頭軸流し②⑩→⑧⑦⑪

【京都2R 3歳未勝利:⑧スズカクリエート】
前走は15着大敗。敗因がよくわからないだけに、今回巻き返せるか疑問なところはある。ただ、姉にはダート戦線で活躍したプリエミネンスのいる血統。それだけに、今回のダート替わりで一変する可能性は秘めている。狙うなら今回は面白いかも。
買い目:3連複2頭軸流し⑧③→⑪①⑥⑨

【中山9R 初春賞:②ファルカタリア】
昇級戦の前走は2着だが、時計的に見てもこのクラスにメドは立った。今回で7戦目になるがまだまだ上を目指せる素質を持っている。特別戦になっても問題はないだろう。
買い目:馬単1着流し②→⑪⑭⑦⑮

【中山1R 3歳未勝利:②ソーマジック】
前走は僅かに競り負けたが、3着には8馬身もの差をつけた。前走の時計だけ走れれば未勝利を勝ちあがるのは時間の問題。今回は再度の限定戦。メンバーを見てもまず大丈夫だろう。
買い目:馬単1着流し②→⑮⑪⑧

【小倉7R 4歳以上500万:⑬ビクトリーフラッグ】
休み明けの前走で3着と好走。仕上がり途上であの内容だから1度叩いた上積みは見込める。道悪に関してもそこそこの実績があるだけにこなせるだろう。2走ボケだけは気になるが、大丈夫と信じたい。
買い目:馬単1着流し⑬→⑦①③

【小倉2R 3歳未勝利:⑬アメイジングベガ】
前走はスタートで出遅れて、道中で少し脚を使ったため、最後に脚がなくなってしまった印象。短期放牧を挟んだとはいえ、調教の時計はマズマズで、今週も格上と併せて遅れていないなら大丈夫だろう。道悪でも、今日最初の芝のレースなら前に行けるこの馬には有利。
買い目:馬単1着流し⑬→⑫⑥⑯

人気blogランキングへ

1月20日メイン予想

2008-01-19 22:57:30 | 競馬
今週行われる東西の重賞ともフルゲートになることは少ない。それが両レースともフルゲート。高額条件になるほど楽には出走できない現状。準オープンクラスでは昨年同様にレースが追加される発表があった。柔軟に変化させるのはいいことだが、除外の多さはわかっていたことだけに、番組発表の段階で考えてレース編成すべきなのだと思うが。

【京都11R:日経新春杯】
◎⑫ダークメッセージ
○①アドマイヤジュピタ
▲⑪トウカイエリート
△⑥オースミグラスワン
×⑬マキハタサイボーグ
×②アドマイヤモナーク
×⑨ヒラボクロイヤル

今年は久々にフルゲートになった。ハンデ戦ということもありやや難解。再度の格上挑戦になるがダークメッセージを本命にする。前走はオープン特別の万葉S。最後の伸びは目立った。今回は重賞になって前走よりメンバーは揃うが、ハンデは据え置きの55キロ。そのあたりは少し不利だが、オープンでも戦える力はある。昨年は50キロで3着。今年はそれ以上は見込めるはず。
対抗は前走で初重賞制覇を飾ったアドマイヤジュピタ。その前走のアルゼンチン共和国杯は格上挑戦だった。2番手から抜け出しての完勝だった。今回は少し間隔が開いたが、有馬記念出走も考えていたほどだから、そのあたりは問題ないはず。ただ、今回はトップハンデの57キロだけに楽ではない。岩田Jの3週連続の重賞制覇も十分ある。
昨年の2着馬のトウカイエリート。その後はやや冴えない成績も、休み明けの前走で復調を示す2着。距離不足の2000mでのものだけに評価できる。今回は京都2400mと絶好の条件。ただ、勝ち味に遅いだけに勝ちきるまでは難しいのかも。
オースミグラスワンは前走の鳴尾記念で上がり33秒4の脚を使って5着。復調したのかこの馬らしい末脚を使えた。まだ、信用は出来ないが前走以上は見込める。ただ、上がり勝負になっても2400mは長いはず。
マキハタサイボーグは前走のステイヤーズSを4角捲りで快勝。それだけに今回は真価を問われる一戦。3勝を挙げている京都2400mなら条件に不足はない。アドマイヤモナークは重賞制覇まであと一歩のところまできている。この馬の末脚を発揮できれば連対圏は十分伺える。ヒラボクロイヤルはまだまだ復調の兆しが見えないが、陣営が積極策を匂わせているだけに不気味なところ。

【中山11R:京成杯】
◎⑭ステルスソニック
○⑬リトルアマポーラ
▲⑮アイティトップ
△⑪マイネルチャールズ
×⑯マイネルファルケ
×③ダンツウィニング
×⑤ベンチャーナイン

こちらも久々のフルゲート。このレースでの活躍馬がクラシック戦線でも好走することがある。まだまだクラシック候補がハッキリしてこないだけに、このレースも注目。1戦1勝馬を本命に推すのは危険なところもあるがステルスソニックを本命にする。デビュー戦の前走は3角過ぎから進出していって、4角では先頭に並びかけて5馬身差の圧勝。時計面は平凡も内容は優秀だった。かなり素質を秘めているように感じた。再度中山の2000m。キャリアの浅さが不安もカバーできる力はある。
相手筆頭はメンバー唯一の牝馬リトルアマポーラ。前走は牡馬相手に上がり34秒3の末脚を使って差し切った。メンバーもそれなりに揃っていただけに評価は出来る。距離延長に関しては何ともいえないがダメということはないはず。あとは長距離輸送を克服できれば。
2連勝中のアイティトップ。前走は直線だけの競馬になってしまったが、末脚はかなり強烈だった。前走は後方からの競馬だったが、もう少し前で競馬はできるはず。重賞の今回が試金石の一戦。鞍上の丹内Jも初重賞制覇が懸かっている。平常心で乗れればチャンスは十分。
マイネルチャールズは前走で力のあるブラックシェルを負かした。その前走も掛かったりしていたし、決して楽な競馬ではなかった。中山2000mでのレースが好内容。レース振りから見ても大崩れは考えられない。
マイネルファルケは前走のラジオNIKKEI杯2歳Sで5着。スローペースで逃げてのものだが、直線でかなり粘っていた。大外枠はマイナスも、マイペースで逃げれれば粘りこみも一考。ダンツウィニングはラジオNIKKEI杯2歳S6着。初芝も問題はなかった。あとは良馬場で時計が速くなったときに対応できるかだけ。末脚は見どころがあっただけに軽視は禁物。ベンチャーナインは直線の競馬に徹すれば確実に脚は使える。坂のある中山も問題ないはず。あとは展開が嵌れば。

【小倉11R:エクセル博多開設記念】
◎⑦ウイングビート
○⑩テイエムカゲムシャ
▲①タムロスターディ
△⑧ブルーミングスノー
×③フミノバラード
×②ロングフラワー
×⑪ユメノオーラ

小倉は雨予報で道悪になるか。開幕週の馬場だけに極端に馬場が悪くなることはないか。ここ2走は逃げて掲示板に載っているウイングビート。元々逃げ馬ではないだけに少し妙な感じはするが、自在な競馬ができるのは強み。相性の良い小倉で中舘Jが騎乗する今回は面白いはず。期待をこめて本命にする。
対抗は連闘のテイエムカゲムシャ。前走はまだ馬体が太かったのと、やはり1ハロン長かった。連闘で小倉までの輸送で絞れれば、得意の小倉で一変も可能。タムロスターディは1度使っての上積みは見込める。道悪もこなす馬だけに、最内枠を上手く捌ければ逆転も可能。
ブルーミングスノーも道悪は走れる。9秒台の決着なら出番は十分。フミノバラードはこのクラスの安定勢力。ただ、やはり1200mは忙しい気がする。それだけに押さえまで。馬場がかなり悪化すれば道悪得意のロングフラワーの台頭もある。関西馬ながらこの時期に小倉に滞在しての調整。意欲は相当なもの。ユメノオーラの前走は2走ボケか。再度53キロのハンデ。巻き返しは見込める。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-01-19 09:21:34 | 競馬
【京都7R 4歳以上500万:⑯サクラプレジャー】
前走も特注馬として取り上げたが、再度狙いたい。前走はハナは楽に切ることができた。少しペースが速く最後は失速してしまったが、5着なら十分メドは立った。大外枠は何ともいえないが、1ハロンの距離短縮はプラス。今度こそ逃げ切りに期待。
買い目:馬単1着流し⑯→⑨⑭②

【京都9R 花見小路特別:⑯リアルコンコルド】
以前は2000mを越える距離で活躍していたが、最近のレース内容を見ると1600mが一番ベストなのかもしれない。前走は道悪が響いた感じ。2走前の500万を勝ったときはメンバーも揃っていたし、時計も優秀。1600mになればこのクラスでも大丈夫なはず。
買い目:馬単1着流し⑯→⑪⑩①

【中山10R 成田特別:⑮プレシャスピクセル】
前走の1800mはこの馬にと手は少し距離が短い気もしたが2着に好走。このクラスにもメドは立ったし、漸く馬が良くなってきた感じ。距離延長はプラス。ハンデも55キロなら勝ち負け必至。
買い目:3連複2頭軸流し⑮③→④⑤⑭⑨

【中山7R 4歳以上500万:⑮ローランウェルズ】
前走は勝った馬が強すぎただけで、この馬自身の時計も500万クラスを勝ち負けできるもの。安定して走れるようになったし、今回のメンバーなら大丈夫だろう。
買い目:馬単1着流し⑮→③①⑩

【小倉12R 巌流島特別:⑮チェリーフォレスト】
前走はペースもすこし速かったし、最終週の荒れた馬場もこの馬にはマイナスだったか。開幕週の1200m戦を狙っていたようで、今回は逃げ切り濃厚。
買い目:3連複2頭軸流し⑮⑪→②⑧⑩⑭

【小倉6R 4歳以上500万:⑭バリバリセレブ】
中央転入緒戦の前走で2着。時計的には決して強調できるものではないが、ハナをるスピードがあることはわかった。それだけに1ハロン短縮の1000mはプラス。ローカルの小倉の今回のメンバーなら逃げ切れる。
買い目:馬単1着流し⑭→⑤⑧④

人気blogランキングへ

1月19日メイン予想

2008-01-18 23:01:54 | 競馬
寒くなってきたからなのかはわからないが、また馬インフルエンザの陽性馬が出た。終息までにはまだまだ時間がかかるのだろうか。被害が拡大しないことを祈るのみ。

【京都11R:淀短距離ステークス】
◎⑦クールシャローン
○⑧マイネルレーニア
▲⑪ステキシンスケクン
△⑤ワイルドシャウト
×⑩カノヤザクラ
×②ファイングレイン
×①サイキョウワールド

昇級戦でいきなり重賞。条件的に厳しかった前走のクールシャロン。それでも勝ち馬から0秒2差の6着なら上々。オープンのスピードにも十分対応できて2番手から追走できたのも収穫。前走よりメンバーが楽になった今回は本命を打つ。芝に替わってから充実している。順番的には今回は勝つはず。
対抗は少し捻ってマイネルレーニア。前走は久々の1200mだったが、それでもある程度前で競馬をすることは出来た。着順は10着も差は僅か。それにこの馬には不得手の道悪も響いた。少し馬場は荒れても良馬場なら大丈夫。内容的には復調している。そろそろ連対しても。
前走は降着になったステキシンスケクン。結果は少々残念も、控える競馬もできて3位入線した内容は評価したい。右回りに替われば前走のようなことはないはず。重賞2勝の実力馬も復活間近。ワイルドシャウトの前走は間隔が開いて太目残り。それにハイペースを2番手から追走しては失速も当然。中3週で京都までの輸送。1200mの重賞で掲示板を確保できる馬。馬体が絞れれば巻き返し必至。
カノヤザクラは重賞でも堅実な馬。オープン特別なら大チャンスだが、勝ちきれない馬だけに過信は禁物かも。ファイングレインは前走でもやや掛かり気味。速い流れの1200mで折り合っていければ一変まである。先週の坂路の調教で49秒台を叩き出したサイキョウワールド。デキはいいだけにもう一度押さえにはしたい。

【中山11R:ニューイヤーステークス】
◎⑤メテオバースト
○②マヤノライジン
▲⑨ニシノデュー
△③マルカシェンク
×⑮マイネルフォーグ
×⑯マイネルハーティー
×⑬スターイレブン

除外されて出走権利のある馬でフルゲートになってしまったように、近走で好走している好調馬が殆どいない混戦模様。ここは昨年の2着馬のメテオバーストを本命にする。昨秋の復帰後3走、内容としては決して悪くない。2走前の適距離に近い1800mでは3着。それだけに今回はベストの1600mなら前進は必至。このメンバーなら十分チャンス。
対抗はマヤノライジン。取り消し明けで順調さを欠いていた前走で3着。力のあるところは見せた。今回のメンバーでは比較的好調な1頭。道悪は不得手だっただけに前走は価値がある。良馬場でレースできる今回は勝ち負け可能。
前走はスタート直後に落馬。外傷はしたようだが、回復が早いという陣営の言葉を信じたい。昨年のこのレースは3着。同型はいるが、マイペースで逃げることが出来れば、昨年以上の成績も見込める。ニシノと同厩舎のマルカシェンクは今回復帰戦。2歳時はクラシック候補と騒がれた馬。それだけに今回のメンバーならこの馬の力は相当上だが、久々はあまり走らないだけに△まで。
8枠に入ったマイネルの2頭。フォーグは前走で復調の2着。揉まれるのは嫌だけに、不利とはいえ外枠の方がいいはず。ハーティーは前がやりあっての展開待ち。ただ、重賞勝ちのある中山1600mならチャンスはある。中山コースでは好走の多いスターイレブンまで押さえたい。

【小倉11R:早鞆特別】
◎⑥リバプールサウンド
○④トシセント
▲⑮ツルマルビビット
△⑨トラベルシチー
×⑪ゲットアウト
×⑧キングアーサー
×①トップオブザロック

小倉の鬼メイショウカイドウの誘導馬のお披露目式が行われ、主戦の武豊Jもかけつける豪華さ。小倉の開幕に華を添えている。その武豊Jが騎乗するリバプールサウンドが本命。長期休養明けの3走全てで連対。昇級してからの2戦とも2着。前走はメンバーがかなり揃っていた。このメンバーならソロソロ順番。小回りも問題ないだけに今回は決めたい。
対抗はここ2戦連続2着のトシセント。前走は勝った馬が強かっただけ。この馬もそろそろ順番を迎えてもいい。2戦2勝と相性の良い小倉に替わるのは好材料。ツルマルビビットは昇級してから尻下がりの成績。追い込み一手の馬だけに展開が鍵。3走前の時計はこのクラスを勝ってもおかしくないものだった。調教の時計は悪くなく、そろそろ復活してもいいのだが。
トラベルシチーの前走はハイペースが祟った。マイペースならもう少し粘れる。ゲットアウトは元々上のクラスでレースをしていた馬。馬体さえ絞れれば一変も。唯一の関東馬のキングアーサー、昇級戦がマズマズの内容のトップオブロックまで押さえる。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2008-01-13 08:18:58 | 競馬
【京都10R 羅生門ステークス:⑮ウインルーセント】
近走は不利の連続でまともに能力を発揮していない。前走でもスタート直後に寄られて最後方から。それでいて直線で馬群を縫うようにに追い込んで2着。力のあるところは示せた。今回は鞍上に武豊Jを配して万全の態勢。まともなら今回は。
買い目:馬単1着流し⑮→⑯②⑩

【京都4R 障害未勝利:⑪エイシンニーザン】
特注馬で障害を取り上げるのは初めてかも。この馬も今回が初障害。調教の時計を見ていると、栗東の障害コースで水準の100秒を切っている。そして平地では準オープンで勝ち負けをしていたほどの脚力もある。飛越も安定しているなら、緒戦から力を出せるはず。
3連複2頭軸流し⑪③→⑤⑦⑩④

【中山8R 4歳以上500万:⑦タカラパーク】
今回が1年ぶりの出走となる。2歳時の戦績から見ても、500万クラスならすぐに勝ち負けできそうな素質は秘めているはず。調教もかなり出来ている。今週、新馬に遅れたのは気になるが、時計が時計だけに目を瞑る。配当的にも来ればおいしいはず。
買い目:馬連流し⑦→⑫⑪④⑩

【中山2R 3歳未勝利:⑬レオアヴァロン】
前走は前半のペースが少し速すぎて、直線も追ってから思いのほか伸び切れなかった。ただ、時計だけはキッチリ詰めているように上積みはあった。3走目の今回でソロソロ未勝利を脱出したいところ。
買い目:3連複2頭軸流し⑬⑫→①④⑥⑦

人気blogランキングへ

1月13日メイン予想

2008-01-12 22:56:23 | 競馬
やっぱり雨が降ると難しいですね。冬場ということで馬場の回復に時間がかかるようだけに、どこまで回復するかそのあたりをよんでの予想も難しいところ。

【京都11R:日刊スポーツ賞シンザン記念】
◎①ミッキーチアフル
○④ドリームガードナー
▲⑫タケミカズチ
△⑤ドリームシグナル
×⑧オースミマーシャル
×⑭ウイントリガー
×⑩シゲルハスラット

久々にフルゲートになったが、これといって軸になる存在もなく混戦模様。本命には近走堅実に走っているミッキーチアフルにした。ここ2走はいずれも500万条件を2着。3走前には重賞で5着と掲示板は確保。そのときは道中での不利も響いた。格上挑戦でも力差はそんなにないはず。初勝利を挙げた京都に替わっての前進に期待したい。抽選を突破した運にも注目。
対抗はドリームガードナー。前走はGⅠ戦ということもあるが、それ以上に中山1600mの外枠では流れに乗れなかった。2走前の東京でのレースでは勝負強さも見せていた。相性の良い安藤勝Jはの乗り替わりもプラス。調教でも好時計を出しており調子は良さそう。逆転も可能。
タケミカヅチは追い込み一手。嵌れば2走前のデイリー杯2歳Sのように連対圏まで突っ込んでこれる。前走は末脚はかなり切れていたが、道中の位置取りがかなり後ろ過ぎで届かなかった。外からの差しも届く今の京都の馬場はこの馬向き。あとはスタート五分なら面白いはず。
ドリームシグナルは京王杯2歳S2着、朝日杯FSで4着と今回のメンバーでは実績は一番。調教の動きは前走よりは良さそうでデキは維持できている。時計のかかるのもこの馬にとっては有利。ただ、ジワジワと伸びる馬だけに人気ほどアテには出来ない気も…。
オースミマーシャルは京都での2戦が案外なのは気がかり。ただ、上がりの決着になりにくい今の馬場は向く。あとは馬場の回復を願うばかり。ウイントリガーは前走は太目残り。近走は馬体重の増減が激しい。450キロ台ならチャンスはある。大穴はシゲルハスラット。前走は完敗の4着も、嵌ったときはいい末脚を使える馬。展開が紛れるなら連対圏まで。

【中山11R:ガーネットステークス】
◎⑬ニシノコンサフォス
○⑦スリーアベニュー
▲⑧トーセンザオー
△①プリサイスマシーン
×⑫シアトルバローズ
×⑯タイセイアトム
×⑪コパノフウジン

番組改変のため今年で最後の開催となるこのレース。ハンデ戦ということも近年は波乱の決着も多い。ただ、重ハンデの馬でも来ているだけに難しいところ。昨年のこのレースは3着と負けて、今年こその雪辱を期しているニシノコンサフォスに本命を打つ。昨年は前半3ハロンが33秒0。ハイペースについていってしまい最後は止まってしまった。もう少しゆったりといければ粘れるはず。前走は久々の分失速してしまった。1度使っての上積みは確実だし、中山コースも走る。去年ほどペースは上がらないだろうから、今年こそ。
対抗は昨年の覇者のスリーアベニュー。昨年はハイペースで展開が嵌った感じもするが、ダートの短距離では大崩れしていないだけに、力はあるのだろう。休み明けの前走は1400mと適距離ではない中で4着とマズマズの内容。今度は着外のない1200m戦。今年のハンデ56キロと案外恵まれたのかもしれない。中山は2戦2勝。脚抜きのいいダートも走るし、連覇の可能性も十分。
トーセンザオーは前走で久々の勝利。得意の中京コースならあれくらい走っても当然なのかもしれない。今回はダート戦になるが、2走前に久々のダート戦で好走している。その2走前は案外前で競馬をしたが、基本的に差し馬。差しの利く展開になればチャンスはある。
プリサイスマシーンは前走で59キロのハンデで2着。地方交流の重賞とはいえハンデを克服できたのは大きい。中央のメンバーでどこまでというのはあるが、ダートであれば最近は連対を外していない。あとはこの最内枠をどう捌くかだけ。
シアトルバローズは外枠に入ればやはり走る。前走同様の枠。時計も前走くらいならこの馬にもチャンス。タイセイアトムは連勝して勢いはあるが、今回が昇級戦。スピードに乗って逃げることが出来れば面白いかも。近走は結果の出ていないコパノフウジンもダート1200mなら変わり身があるかも。穴ならばこれ。

人気blogランキングへ