気まぐれなサイコロVR

趣味の競馬を中心に、日常で気になったこと津々浦々を気まぐれに書いています。

今日の特注馬

2007-09-30 08:23:48 | 競馬
*自信の本命馬
【阪神8R 古馬500万:⑦トウカイフラッグ】
メンバーの半数以上が未勝利馬ということでメンバーにも恵まれた。休み明けを1度使っての上積みも見込めるし、距離短縮もプラス。ここは絶好のチャンス。

【中山9R 習志野特別:④エーピーチャージ】
芝に戻った前走でキッチリ2着を確保。3走目の今回はもう走り頃。鞍上には武豊Jを確保して必勝態勢が整った。距離延長も問題ないはず。

【札幌10R すずらん賞:⑧ペプチドルビー】
デビューは未勝利戦になってしまい既走馬相手だったが、スピードの違いで押し切った。結構素質のあるメンバーが揃ったが、1200mが初めてという有力馬が多いだけに不安を抱えているはず。この馬のスピードで連勝できる。

*魅惑の穴馬
【阪神10R 元町ステークス:⑦クールシャローン】
初芝の前走が圧巻の内容。スタートダッシュもついたし、ハナを切るまでももたつかなかった。昇級戦で相手は一気に強化されるが、勢いのある今ならチャンスはありそう。

【中山7R 古馬500万:⑨ジャガーメイル】
デビュー戦の前走はスタートで出遅れて、ジワジワと追走してきて差しきった。時計的には及第点の内容。昇級戦になるが、距離延長で追走は楽になるはず。相手強化されるが、素質で連勝まであるはず。

【札幌4R 3歳未勝利:⑥スイートジャスミン】
距離短縮で内容が一変した。確かに血統的に見れば短距離の方が良さそう。相手はかなり手ごわいが一発の可能性は秘めている。

人気blogランキングへ

スプリンターズステークス予想

2007-09-29 22:38:47 | 競馬
暑いと思っていたら、急に肌寒くなるなどよくわからない天候。秋のGⅠが始まるが、このレースも天気同様に読みにくいレース。キッチリ当てて好スタートを切りたいのですが果たしてどうか…。

【中山11R:スプリンターズステークス】
◎③アグネスラズベリ
○⑦アストンマーチャン
▲⑮スズカフェニックス
△⑥サンアディユ
×①アイルラヴァゲイン
×⑭クーヴェルチュール
×②プリサイスマシーン

いよいよ秋のGⅠ開幕戦。過去2年は外国馬が勝利していたが、今年は外国馬の参戦はなし。日本の短距離界も絶対的な存在がいない大混戦。このレースをそれを象徴しているし、インフルエンザ騒動で帰厩が遅れた馬もいて混迷に拍車をかける。この馬が出るレースでは殆ど本命にしているアグネスラズベリにまた本命を打つ。前走のセントウルSはサマースプリントのチャンピオンを狙って札幌から中1週の強行軍で参戦したが、マイナス20キロの場体重が示すように裏目に出た。レースも大外枠から脚を使わされて直線に向いても全く伸びず。状態面が一息が敗因。中2週で中山までの輸送があるだけに馬体重が鍵を握るが、陣営のコメントを見る限りある程度は回復しているよう。今度は内枠を引いてロスのない競馬ができそう。当日の状態次第ではあるがここまで人気が落ちるのは意外。狙って面白い存在。
対抗は3歳牝馬のアストンマーチャン。前走の北九州記念は、前半の3ハロンがかなり速く前に行った馬は壊滅状態。この馬の通るところも馬場状態が微妙なところもあった。ただ、それほど負けていない。休み明けと考えるとマズマズの内容だろう。その後はここ1本に絞って調整をされてきたのは好感が持てる。中舘Jが栗東まで調教に乗りにくるのだから本気度も高い。昨年はウオッカとも差のない競馬をしているし、今年のレベルの高い3歳牝馬なら古馬相手でも通用はするはず。あとは中山の直線の坂を克服できるか。
春の高松宮記念でスプリント界を制したスズカフェニックス。あの時は状態も完璧だったし、レース内容も完璧だった。安田記念は展開が少し不向きだったとはいえ最後差してはきた。この秋は目標が定まらなかったのはインフルエンザ騒動に巻き込まれてしまった。帰厩が遅れ急仕上げなのは確かだろう。それでも調教の時計は出ているから、それなりの態勢は整ったと見たい。中山コースは?がつくが、外枠を引いたので、揉まれない競馬はできるはず。あとは展開が向くかどうか。
サマースプリントシリーズを逆転で制したサンアディユ。その前走のセントウルSはどうも掛かったようだが、それでも直線では一追いごとに後続との差が開いていき5馬身差の圧勝で、タイレコードのおまけまでついた。芝に替わっての3戦で2勝と転身が成功した。前走の競馬が今回もできるならGⅠ制覇も濃厚だが、前走の反動も多少は懸念したいし、川田Jも土曜日の騎乗で怪我をしたようでそのあたりもここにきて不安材料。それを考えての△評価。
アイルラヴァゲインは中山コースとの相性はいい。前走は少し間隔が開いたのももたついた原因か。最内枠を引いただけにどう乗りこなすかが鍵を握る。1度つj買った強みを活かせれば逆転も可能か。
クーヴェルチュールは1200mではかなりの強さを見せている。前走でもアグネスラズベリの猛追を凌ぎきった。ただ、今回はこの馬以上にスピードを持っている馬が多いし、平坦巧者だけに中山の坂はマイナス。それも問題にしなければ連対は可能。
プリサイスマシーンは高松宮記念で3着。8歳になったが、スプリント戦でも好走している。久々もそれなりに走るが、関東の競馬場では好成績を残せていないのが気がかり。上手く立ち回って連対圏までか。

人気blogランキングへ

9月30日阪神・札幌メイン予想

2007-09-29 21:36:13 | 競馬
【阪神11R:ポートアイランドステークス】
◎⑧マイネルスケルツィ
○⑥スーパーホーネット
▲③アンブロワーズ
△⑨マヤノグレイシー
×⑯インセンティブガイ
×⑦グレイトジャーニー
×④トウショウカレッジ

今まで戦ってきたメンバーから見るとマイネルスケルツィにとっては少し楽なメンバー。重賞2勝はここでは実績上位。久々でも調教は積んできて走れる状態にありそう。斤量も56キロ有利だし、右回りコースには絶対の自信を持つ。今後のためには勝って賞金を稼いでおきたいところ。
スーパーホーネットも重賞では厳しいが、オープン特別なら威張れる存在。坂のある阪神でも勝っているし、距離的にもベストの条件。久々は走らないが、今回は楽しみはある。
アンブロワーズは使ってきた強みがある。間隔は開いたがリフレッシュになったはずだし、調教も積んでいてチャンスはある。復活したこの馬の末脚は不気味。マヤノグレイシーは久々の前走が好内容。8歳になるがキャリアは少ないだけにまだ若い。距離短縮はプラスだし、一発の可能性は十分。
インセンティブガイはオープン特別なら走るだけに、今回は可能性十分。グレイトジャーニーは脚はあるが、突き抜けるだけの破壊力は影を潜めてきた。あくまで展開の助けが必要。トウショウカレッジは前走のようなレースが出来ればここでも有力。ただ、久々がどうかだけ。

【札幌11R:STV賞】
◎②テンザンアモーレ
○⑦ミスターケビン
▲⑪ナチュラルメイク
△⑧サクラプログレス
×⑭フサイチバルドル
×④ブルーミングスノー
×⑥センターバシレウス

札幌もいよいよ最終日。メインレースはどこからでも入れる難解な一戦。昇級2走目になるテンザンアモーレを本命にした。昇級戦の前走がマズマズの内容。時計のかかる最終週の馬場は向くはず。差し切りに期待。
ミスターケビンはここにきて復調してきた。美浦から再度輸送してきてのレースだけに疲れが心配。スタート五分なら逆転まである。ナチュラルメイクは札幌とは好相性。調教の軽さは気になるが、これがいい方に出れば。
サクラプログレスは叩いて一変がありそうな感じ。フサイチバルドルは末脚はいい物を持っているだけに、スタートで出遅れないことが条件。ブルーミングスノーも時計のかかる馬場なら昇級でもチャンスがありそう。ダートなら強気になれるセンターバシレウスだが、今なら芝でもやれるはず。穴ならこの馬。

人気blogランキングへ

9月29日メイン予想

2007-09-28 23:06:13 | 競馬
先週の神戸新聞杯はドリームジャーニーの復活の勝利だった。武豊Jにああいった馬を乗せると本当に上手く乗る。折り合いもついたし、末脚も鋭かった。今度は3000mが舞台。距離克服が鍵。
アサクサキングスもダービー2着馬の意地は見せたし、右回りでもいい競馬ができたのは収穫。こちらは1度叩いた上積みも大きいはずで次は要注意。ヴィクトリーは折り合いにまだ難はあるが、春ほどではない。我慢ができるようになってきた。この馬の場合は3000mの距離が持つには折り合いだけ。フサイチホウオーは見せ場なく惨敗。立て直しには時間がかかりそう。
いよいよGⅠ戦線が開幕。その前に土曜日は重賞が2レース。いずれも面白そうなメンバーが揃った。

【阪神11R:シリウスステークス】
◎③ドラゴンファイヤー
○⑦オースミヘネシー
▲①ワンダースピード
△⑧ラッキーブレイク
×④ツムジカゼ
×⑤ヒーローアンセム
×⑫アロンダイト

今年から阪神の2000mに条件が変更された。昨年の最優秀ダート馬アロンダイトが今年初戦を漸く迎える。昨年は未勝利から5連勝でJVCダートを制した。今回はそれ以来になる。昨年は勢いに乗った部分があるだけに久々はマイナス。それにハンデも59キロと一気に増えた。調教の動きも緩慢でここは押さえまでの評価。
本命には上昇一途の3歳馬ドラゴンファイヤー。前走はスローペースを最後方から追走。4角の手ごたえも良くは見えなかったが、一追いごとに伸びてきた。時計は平凡も中身は濃かった。再度の輸送も問題ないはず。追い切りの軽さは気になるが時計が出ているだけに大丈夫と見た。53キロのハンデはある意味恵まれた。連勝して秋の大舞台に進みたい。
対抗には少し捻ってオースミヘネシー。中京で行われた昨年は大きな不利を受けての敗退。それ以来精彩を欠いているが、前走の内容は悪くなく、復調の兆しが見えてきた。広いコースに替わって距離延長もプラス。好材料が揃った今回は一発ありそう。
阪神2000mのレコードホルダーのワンダースピード。長距離のダート戦は安定している。休み明けの分だけ割り引くが、久々もある程度走る。上手く流れに乗れれば逆転まであるはず。
阪神コースが得意なラッキーブレイク。取り消し明けの前走はマズマズの内容。1度叩いての上積みも見込めそう。
ツムジカゼはこの条件での好走実績がある。前走は逃げれなかったヒーローアンセム。今回は逃げられそう。4走前の内容が強さを示すもの。行ければ要注意の存在。

【札幌11R:札幌2歳ステークス】
◎⑩サブジェクト
○⑤マイネルスターリー
▲⑦オリエンタルロック
△⑫ウイントリガー
×⑨ヤマカツオーキッド
×②ネオスピリッツ
×⑬アモーレヴォレ

毎年好メンバーが揃うが、今年もそれなりの粒ぞろいの感じ。新馬戦を勝って1戦しかしていないサブジェクトを本命にする。前走はスローペースを後ろから一気の差し切り。開幕週で時計の出やすい馬場とはいえ、上がり34秒4は優秀。荒れた馬場で、ペースも速くなりそうな今回は楽ではないが、この馬の素質で十分カバーできる。調教もしっかりされている。仕上げにぬかりはなさそう。
対抗はマイネルスターリー。デビューから2戦ともに差す競馬。前走で見せたテンションの高さは気になるが、落ち着きさえあればこの馬らしい競馬が出来るはず。今の馬場なら中団からの競馬ができる馬の方が有利。
オリエンタルロックの前走は時計的にはマズマズ。今回は武豊Jを確保できたのは大きい。レースセンスのありそうな競馬をする印象がある。天気は気になるが良馬場でできるなら逆転まであるはず。
ウイントリガーは連勝中。前走はメンバー的に恵まれた感があるが、勝ったことは評価したい。未勝利勝ちのときは不利を克服してのもの。距離延長は問題ない。一瞬の切れを生かすタイプだけに、馬場状態は微妙も力はあるだけに侮れない。
逃げてこそのヤマカツオーキッド。前走同条件は勝ったが、展開に恵まれたのも大きい。メンバーが揃った今回が試金石。ただ勢いがあるだけに注意したい。zネオスピリッツは再度の輸送だけが気がかり。新聞での陣営のコメントが妙に強気なアモーレヴォレが穴馬か。

【中山11R:内房ステークス】
◎⑥エンドレスビジネス
○②エアアドニス
▲⑪ウエスタンウッズ
△③マヤノルドルフ
×④ダブルアップ
×⑧ウエスタンビーナス

休み明けの馬も多くつかみづらい感じもするが、ここは使われてきたエアアドニスと、一息入ったエンドレスビジネスの力が1つ抜けている。どちらを上位に取るかだが、ここはエンドレスビジネスにした。1000万条件を連勝して今回が昇級戦。前走の追い込みが圧巻。あの内容なら昇級戦でもやれる。久々も走るだけに3連勝に期待。
エアアドニスもオープン特別で2走続けての3着。そう考えると自己条件に戻れば強気にもなれる。中山コースも走るし、頭数が少なくなり捌きやすくなったのも有利。あとは展開が向くかだけ。
ウエスタンウッズはスピードだけなら魅力十分。時計的にも上位とそう遜色はない。ただ、今回は休み明けその分だけ割り引いて考えたい。マヤノルドルフは時計的に若干足りないが、ペースが速くなれば差しには要注意。
ダブルアップも3走前にこの条件を勝っている。ただ、行ってこその馬だけに同型との兼ね合い次第。ウエスタンビーナスは久々のダートになるが問題ないはず。大崩はないだけに連対圏ならば。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2007-09-23 08:59:46 | 競馬
*自信の本命馬
【阪神3R 3歳未勝利:⑬ザサンデーフサイチ】
前走は期待したが2着。血統的に見ても未勝利にいる器ではない。時期的に見ても今回がラストチャンス。メンバー的には結構厳しいが、ここでは負けられない。

【中山8R 古馬500万:①ロトブルースター】
格上でも勝ち負けしていた馬。休み明けを2走して確実に良化している。3走目になるし、このメンバーなら勝たないといけない。

【札幌10R グリーンチャンネルカップ:⑨ステイトリーデイズ】
平場なら牡馬相手でも好成績を残している。今回は特別戦になるが牝馬限定戦。未勝利馬も参戦しているようにメンバーレベルは高くない。先行しての押し切りが濃厚。

*魅惑の穴馬
【阪神7R 古馬500万:④アクセルファイヤー】
未勝利馬が500万クラスで通用するのは厳しいが、この馬の場合は通用できるだけの末脚がある。展開次第という面はあるが、一発の可能性は秘めている。

【中山9R 勝浦特別:⑤スプリングタピアン】
休み明けの前走は快勝。今までの詰めの甘さが嘘みたいな内容。昇級になるが、相手なりな馬だけに通用しそう。中山コースの実績もあるし、速い時計の決着ならチャンスはある。

【札幌12R オホーツクハンデキャップ:⑪トーセンベルボーイ】
どの馬からでも入れそうな大混戦のメンバー。前走の内容で漸く復調の気配がうかがえた。今回はハンデ戦で54キロ。展開が嵌るかは微妙かだが、この馬の脚さえ使えれば連対は可能。

人気blogランキングへ

9月23日メイン予想

2007-09-22 22:17:13 | 競馬
秋分の日というのに真夏日というのだから。家でもクーラーももう使わないかと思ったが、暑くてやはりつけてしまいました。いつまで今年は使うのだろうか。

【阪神11R:神戸新聞杯】
◎⑭ドリームジャーニー
○⑨ヴィクトリー
▲⑫フサイチホウオー
△⑤マンハッタンスカイ
×⑨ホクトスルタン
×⑥マイネルキーロフ
×⑮ヒラボクロイヤル

今年から2400mになってより菊花賞に直結するトライアルになるはず。今までの2000m戦とは趣が異なるはず。先週のセントライト記念とは異なり、ここは春の実績馬が多数参戦。成長度がどの程度かと仕上がり度合いが鍵を握りそう。
ここはドリームジャーニーを本命にする。ダービーでは距離不安があった中で5着。4角シンガリから上がり33秒1の脚を使って追い込んだ内容が良かった。切れる脚があるだけに上がりの勝負でこの脚が活きればチャンス。初騎乗の武豊Jになるが、このタイプの馬には合う騎手だし、距離的にもここが勝負。
対抗は皐月賞馬のヴィクトリー。皐月賞はこの馬の持ち味を存分に活かしたレース。ダービーはスタートで出遅れて万事休す。ひと夏越しての気性面での成長がどの程度かがポイントになりそう。調教でも春ほど気の悪さを出しておらず、スタート五分でスムーズな競馬ができれば逆転まで。
フサイチホウオーのダービーは仕上がりすぎてしまい、精神的にも一線を越えてパニック状態だったとか。皐月賞の内容を見る限り強いのは確か。この中間の調教は思ったほどではないのが…。昨年急下降したフサイチジャンクと似たような戦績を辿っているのがどうも気になってしまう。ここは▲評価まで。
マンハッタンスカイの前走の敗因は道悪。木庭相手に連勝したその前の内容は決して悪くない。ただ、上がりの勝負や時計の速い決着は向かないだけに、スタミナ勝負の流れなら台頭の余地あり。
ホクトスルタンは逃げたいだけに同型馬との兼ね合い次第。ただ、1度使った上積みは大きい。マイネルキーロフも同様のタイプ。ただ、番手からの競馬ができるのは強み。ヒラボクロイヤルも実績はあるが、どうも今回は人気がなさそう。調教の動きも悪くないだけに一発があるなら。

【中山11R:産経賞オールカマー】
◎⑥マツリダゴッホ
○④タマモサポート
▲⑬ダイイチアトム
△①ネヴァブション
×⑨サンツェッペリン
×⑫シルクネクサス
×②ダークメッセージ

このメンバーならマツリダゴッホにとっては絶好のチャンスが到来した。前走の札幌記念はインフルエンザ騒動で調整にかなり苦労したよう。今回は得意の中山に戻るし、年明けにAJC杯で圧勝した舞台。あの時ように淀みのない流れになりそうなメンバー構成だけに、再現に期待したい。
タマモサポートの前走には少々ガッカリ。追い込む競馬もできるが、この馬にとっては逃げるのがベスト。折り合えさえつけば最後の粘りも違うはず。初めての距離になるが問題はなさそう。
3番手評価はダイイチアトム。新潟記念のときも期待したがあの時は52キロのハンデもあって4着。オープンでもそれなりということは見せた。再度の格上挑戦。今度は別定の57キロとなり条件は厳しくなるが、今のデキなら一発あって不思議ない。右回りも今は問題ない。
ネヴァブションは休み明けは2戦2勝。前走の天皇賞は一気の相手強化と距離が敗因。インフルエンザの影響で入厩の遅れでの調整遅れは気になるが、あの動きならマズマズ仕上がったはず。狙いはいきなりからだが、果たして今回はというのはある。
3歳馬のサンツェッペリンは調整遅れでここから始動。春の実績から3歳牡馬では上位ランクされる。古馬相手にどこまで通用かは?がつく。ここは押さえの評価まで。シルクネクサスは上がりのかかる外回りコースは向くが、距離が辛抱できるかだけ。ダークメッセージは休み明けはイマイチだが、力のあるところを示した春シーズン。連対圏はうかがえそう。

【札幌11R:HTB賞】
◎③マイハッピークロス
○⑧コーナーストーン
▲⑦ウインボールド
△⑤フェスティヴナイト
×①フェラーリセブン
×②スズカライアン

前走同様に今回もマイハッピークロスを本命にする。多少早めに動いても粘った前走。時計がかかりだしてきただけに、再度チャンスがある。今回も少頭数で捌きやすいのは何より。
コーナーストーンの前走は決して力負けではない。大逃げのハイペースにリズムが狂ってしまった。この頭数ならレースはしやすいはず。クラス2走目で前進必至。ウインボールドは復帰してからの2戦から上々の内容。昇級してもチャンスはある。フェスティヴナイトも追い込みが決まれば連対はありそう。フェラーリセブンはこの乗り替わりはどうか…。上手く乗れればzね走動揺の内容は期待できるのだが。スズカライアンまで押さえれば大丈夫。

人気blogランキングへ

今日の特注馬

2007-09-22 08:40:47 | 競馬
*自信の本命馬
【阪神3R 3歳未勝利:⑫ゼネラルメデューム】
もう僅かしかない3歳の未勝利戦。デビューから2戦していずれも2着。時計、内容的には決して悪くない。長距離輸送だけが心配だが、今回は鞍上に武豊Jを配して必勝を期した。3度目の正直で今回こそ。

【中山7R 3歳未勝利:⑥アグネストカチ】
この条件を求めての東上のはず。前走は距離短縮がよかったし、それ以上に積極的な競馬ができたことが収穫。坂のある中山でも粘れるはず。

【札幌12R ニセコ特別:⑯ウスイ】
ここ2走は左回りで好走。ここにきて確実性が出てきた。少し間隔は開いたが、それほど影響はないはず。混戦メンバーだけに、自在な競馬ができるのは有利。好勝負は必至。

*魅惑の穴馬
【阪神12R 古馬500万:⑬マイネルオレア】
1000万条件でも好勝負していた馬。今回は休み明けになるし、調教も緩いということでやや人気落ちしそうだが、今回は降級戦。2000mは久々も成績は残している。このメンバーなら格上の存在。いきなりからが勝負。

【中山12R 古馬500万:⑪マイネサンサン】
前走もこの馬の末脚は使っているが、時計が速すぎた感じがする。中山コースは勝ち鞍があるようにこなせるが、今週からCコース使用で内の痛んだところを使わない。その分先行有利で届かないことも想定されるが、一発あるのなら。

【札幌8R 古馬500万:③ノーフォークパイン】
休み明けの前走は初めてのダートで度外視していい。今回は芝に替わるし、1度使った上積みも見込める。デビュー戦以降は下降線を辿る成績もそろそろ上向きになるか。時計のかかるようになってきた今の札幌の馬場はこの馬に合いそう。

人気blogランキングへ

9月22日メイン予想

2007-09-21 22:40:05 | 競馬
先週に続き今週も3連休。ただ、競馬はいつものように土日の2日間だけ。こうも連休が続くと生活のペースがどうも乱れてしまう。

【阪神11R:大阪スポーツ杯】
◎①クイーンオブキネマ
○⑫メイショウシャフト
▲⑭ヒカリアイ
△⑨アドマイヤキラメキ
×②アグネストラベル
×⑪ピサノアルハンブラ
×⑦スウォードキャット

一長一短のメンバー構成でかなり迷ったが、昇級戦になるクイーンオブキネマの連勝に期待して本命を打つ。前走は好時計で快勝。前に行って粘った内容は評価できる。この枠だけに揉まれる心配はあるが、あとは鞍上の武豊Jの手腕に期待。1ハロンの距離延長も大丈夫。
対抗はメイショウシャフト。使い詰めても疲れを見せないタフさがある。前走は勝ちにいった競馬をして末が甘くなった。ただ、上位2頭はかなり強力だった。1400mもこなせる距離。あとは真面目に走るかだけ。
ヒカリアイは休み明け。調教の内容からマズマズ仕上がったと見たい。久々も走るだけに案外勝負できるかも。距離は1ハロン長いが、ハイペースで展開が嵌れば一発ある。アドマイヤキラメキはこのメンバーなら力は上位のはず。ただ、平坦巧者だけに阪神の坂の克服如何。3走前の内容だけ走れれば逆転まで。
アグネストラベルは1400mになるのは有利。ここ2走は格上挑戦。今回は自己条件に戻って巻き返す。昇級になるピサノアルハンブラの逃げは警戒したいが、前走の時計は平凡。相手強化でどこまでか。穴はスウォードキャット。福島でしか走れない馬も、右回りの今回は連対の可能性十分。

【中山11R:ながつきステークス】
◎⑯スマートストリ0ム
○⑪サトノスローン
▲①マイネルテセウス
△⑧ガイアレーサー
×⑬キャピタルフライト
×⑦チザルピーノ
×⑩リッチスマイル

上位と下位の力差がある程度ハッキリしている印象。勝ちきれない面は気になるが、堅実なスマートストリームに連軸の期待をして本命に。休み明けでも走れる馬。札幌から戻ってきてからの調教本数は足りない気もするが、その前はある程度乗られており大丈夫か。パワータイプだけに今の中山の馬場状態も合いそう。大崩れはないはず。
ダートでは底を見せていないサトノスローンが対抗。1000万条件では力が上だった前走の内容。昇級になるが今の充実度なら問題ない。3走前のようなことはもうないはず。ただ、不安といえば初めての1800mの距離か。
マイネルテセウスは前走で、先週1000万条件を楽勝したピサノデイラニを問題にしなかった。昇級になるが元々がこのクラスの馬。最内枠を引いたことで逃げるしかない。スムーズなレースが出来れば逆転まで。ガイアレーサーの前走は4角で後退してそこからよく盛り返したが相手が悪かった。このメンバーならチャンスは十分。この4頭の争いか。
ただ、伏兵もいる。前走は出走取消のキャピタルフライト。立て直す時間は十分にあっただけに今は順調。詰めが甘いだけに連対までか。穴は久々になるチザルピーノ、リッチスマイルの2頭。前が有利な流れなら前者、追い込みの競馬なら後者の台頭がありそう。

【札幌11R:藻岩山特別】
◎①アドマイヤディーノ
○⑧フミノサチヒメ
▲⑤ニシノアンサー
△⑦エキゾーストノート
×③ディープエアー
×⑥マイネルパシオン

このメンバーならアドマイヤディーノは負けられない。前走は届かない位置から2着までよくもってきた。57.5キロのハンデを考えると優秀な内容。今回は定量戦。スローペースでも問題ない。
対抗はフミノサチヒメ。前走3着は昇級戦を考えれば上場。定量戦で斤量増でも大丈夫なはず。札幌コースとの相性の良さも見逃せない。ニシノアンサーの前走はペースが速すぎた。この頭数は有利だし、単騎逃げが見込める。逃げ切りは一考したい。
エキゾーストノートの前走はアドマイヤディーノと上がり3ハロンのタイムは一緒。内容が一変しただけに同条件で不気味。ただ、アドマイヤと斤量差がなくなったのは不利。ディープエアーは札幌では連対を外していない。1度叩いて上積みありそうなマイネルパシオンまで押さえれば大丈夫。

人気blogランキングへ 

今日の特注馬

2007-09-17 08:24:42 | 競馬
*自信の本命馬
【阪神1R 2歳未勝利:⑥マイネルトリオンフ】
前走はスタート後からついていけず、直線だけの競馬で2着確保。上がり35秒9は優秀。距離が延びるのはプラスだし、直線に坂のある阪神なら差しきれる。

【札幌9R 手稲山特別:⑦ナイトレセプション】
前走は直線で馬が邪魔になり、捌くのにかなり手間取ったのが響いた。前残りの流れの中でこの馬の末脚は光った。得意の札幌で決めたい。

*魅惑の穴馬
【阪神12R 美作特別:④ビッグベアシチー】
2000mは少し短い感じがするが、阪神コースは相性がいい。実績馬はそれぞれにハンデを背負っているし、不安な点もある。結構メンバー的には混戦だけに、このハンデならチャンスはある。

【札幌10R サロマ湖特別:③シャペロンルージュ】
前走時も穴として期待したが3着。内容は上々だった。今度はハンデ戦。斤量は据え置きだが、古馬相手に戦えることは示せた。再度狙ってみたい。

人気blogランキングへ 

9月17日メイン予想+α

2007-09-16 22:11:42 | 競馬
ローズSはダイワスカーレットが快勝。ハナに立つ形になってしまったが、折り合いもついたし思い通りの競馬ができた。余裕を持って勝った事で秋華賞でウオッカと再度対戦するのが楽しみ。
ベッラレイアも追ってから思ったほど切れなかったのは休み明けのせいか。それと直線で少し行き場に戸惑ったのもあったはず。ただ、馬体は回復していたし1度叩いたじそうは上積みも大きい。レインダンスは調子の良さを生かしたが3着まで。権利を獲得できたのは収穫も上位との力差はすこしあるような内容だった。
セントライト記念はロックドォカンプがデビューから4連勝。今回はきっちり折り合って直線でもしっかりと伸びていた。菊花賞の距離が向くとは思えないだけに、次走どこを使うかが注目。これから伸び盛りだけに要注目の一頭。
ゴールデンダリアもいい末脚を見せたが、位置取りが後ろ過ぎた。この馬も中距離の差し馬タイプだけに菊花賞となるとどうか…?スクリーンヒーローは思った以上に人気がなかったのにびっくり。しぶとさを見せた内容だった。こういった馬が菊花賞では不気味かもしれない。
月曜日は阪神と札幌での開催。ダートの重賞もあり秋のダート戦線に向け注目の一戦。

【札幌11R:エルムステークス】
◎①ロングプライド
○⑧メイショウトウコン
▲②オリンピアンナイト
△⑤フサイチパンドラ
×⑦マコトスパルビエロ
×⑪ドンクール
×⑩イブロン

3歳馬の参戦もありなかなか面白いメンバーが揃った。ここは3歳馬のロングプライドを本命にした。前走はスタートで出遅れて最内枠がアダになってしまった。今度も最内枠ということで微妙な気もするが、スタートさえ五分に出られれば巻き返しは必至。ダートではまだまだこれからの活躍が見込める馬。調教も意欲的で仕上がった。
対抗は実績馬のメイショウトウコン。ブリーダーズGCはインフルエンザ騒動で除外措置が取られ出走できず。その分乗り込めて仕上がりは上々なはず。年明けの平安Sで上がり35秒1の末脚を使ったように、ダートでも芝並みの脚があるのが魅力。札幌コースも得意にしており逆転は可能。ただ、58キロの斤量がやや不安。
オリンピアンナイトも前走は除外された。絶好条件だけに使いたかったのは確か。距離の1700mと小回りコースには一抹の不安を残す。調教の動きが良く、今の状態ならこなせるかもしれない。あとは時計が多少かかればいうことがないのだが…。
フサイチパンドラの前走は状態に不安があって軽視したが、熱発明けでも問題なかった内容。逃げる展開も嵌ったのは確かだが、牡馬相手のGⅡで勝ったのは優秀。ダートは1度しか使っていないだけにまだまだ未知数だが、反動さえなければここも連勝の可能性はある。
3歳馬のマコトスパルビエロはここにきて連勝で、前走はレコードで快勝。ただ、端午Sでロングブライドに1秒差をつけられている。それだけにやや不利。ドンクールは大崩れしないが一押し足りない。イブロンは休み明けはマイナスだが、ここにきて力をつけているだけに軽視は出来ない。

【阪神10R:エニフステークス】
◎④シンボリエスケープ
○③サンライズキング
▲①メイショウサライ
△⑥ワキノカイザー
×⑫オフィサー
×⑦チョウカイロイヤル

久々のダートになるが今後のためには賞金を稼いでおきたいシンボリエスケープを本命に抜擢。GⅠではやはり荷が重いが、2走前にはGⅡで2着と力があるのは確か。休み明けは走らないが、今回は動きが良くいきなりから走れそう。ダートも勝鞍があるように問題ない。
逃げればしぶといサンライズキングが対抗。前走は差し馬有利の流れの中よく粘ったし、ハンデ差も影響した。今回は別定戦に替わるし、行く馬もそうおらず楽にハナが切れそう。阪神の坂はマイナスも、ペース次第で粘りこみは十分。
メイショウサライは3走前に最内枠で勝利した実績もあるように問題ないが、やはり気になる材料。2走前ほど展開が速くなればだが、そうでもないと末脚不発があるかも。上位2頭に比べ1キロ軽い斤量は有利も、ここは▲評価まで。ワキノカイザーの前走はいい競馬だった。ああいった自在性が身につけばここも有力だが、今回は別定戦で前走より3キロの斤量増。今回が試金石の一戦になりそう。距離は1400mの方がいい。
オフィサーは以前ほどの鋭さがないが、展開一つのところがある。それほど頭数も多くないだけに捌みやすいだろ。チョウカイロイヤルはあと一歩足りないが、内容そのものは決して悪くない。ハイペースを願うだけ。

【阪神9R:阪神ジャンプステークス】
◎⑦マルブツシルヴァー
○⑧ウインクリューガー
▲⑫コウエイトライ
△②コアレスプレジャー
×⑪メイショウタロー
×④アインオーセン

馬インフルエンザの影響を受けた馬が多い。前走62キロの斤量で重賞勝ちしたコウエイトライは今回60キロで出走できるのが有利。阪神では多少甘さがある。それに帰厩してから間もなく追い不足。息がどれだけ保つか。今回は▲評価まで。
本命には順調なマルブツシルヴァー。前走はメンバーに恵まれたとはいえ楽勝。余裕残しで勝ったのは今回につながる。ハナには拘らないし状態も上向いている。前走より相手強化も問題ない。
ウインクリューガーはGⅠのNHKマイルCを勝った馬。それだけに平場の脚はある。前走は障害も無難で、時計的にも優秀。負かした馬が次々と未勝利勝ちしたようにハイレベルな一戦。一息入ったが問題はないくらい調教を積んでいる。連勝の可能性も十分。堅実なコアレスプレジャーも圏内。

人気blogランキングへ ←ぜひクリックを