気まぐれなサイコロVR

趣味の競馬を中心に、日常で気になったこと津々浦々を気まぐれに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月24日メインレース予想

2010-01-23 19:03:00 | 競馬
【中山11R:アメリカジョッキークラブカップ】
◎①デルフォイ
○⑨ネヴァヴション
▲④キャプテントゥーレ
△②トウショウシロッコ
×⑦マイネルキッツ
×⑧ゴールデンダリア
×⑩ダイワワイルドボア

一長一短のメンバー構成で本命はかなり迷ったが4歳馬のデルフォイにした。前走の中山金杯は時計的には評価できないものの、休み明けのこの馬には見せ場十分の内容で、次につながるものだった。昨春に京都新聞杯2着したように、重賞制覇まであとわずか。距離延長とゆったり競馬のできる外回りコースに替わることで前進必至なはず。
相手筆頭はネヴァヴション。有馬記念は外枠も堪えたし、メンバー的にもしんどかった。昨年のこのレースで勝っているように、このレベルのGⅡなら十分勝負になる。横山典Jへの乗り替わりも魅力だし、連覇の可能性は十分。キャプテントゥーレは2200mは少し長生きもするが、なんとかなりそうな感じも。そこはルメールマジックに期待して。
トウショウシロッコは勝ちきれないものの堅実なレースができるのは魅力。マイネルキッツは59キロが微妙で押さえまで。中山2200mは得意なダイワワイルドボアが穴。

【京都11R:平安ステークス】
◎⑤ダイシンオレンジ
○⑨アドバンスウェイ
▲⑪ウォータクティクス
△①トーセンアーチャー
×⑬ダイショウジェット
×⑦ネイキッド

頭数の割りに逃げ馬が揃ってハイペースになる可能性大。それなら逃げ馬を見る位置から競馬ができるダイシンオレンジを本命にする。前走は逃げ馬をキッチリつかまえての勝利。昇級戦になるが、これまでのレース内容から、この相手なら十分勝負になる。得意の京都コースで連勝に期待。
対抗はアドバンスウェイ。前走は重い中山のダートも合わなかったが、逃げないと持ち味が活きないような感じ。逃げ馬揃いでどうかとも思えるが、こういったときこそスンナリ隊列が決まり、想像以上にペースが上がらないことも。武豊Jがどう騎乗するかも興味はある。
ウォータクティクスは脆さ同居だが、強いときにはぶっちぎれるくらいの相手関係。番手からの競馬もできるようになったし、スピードの活きる京都コースならチャンスはある。
京都1800mが得意のトーセンアーチャーは差しの活きる展開になれば面白い。

【中京11R:名鉄杯】
◎⑧エアシャトゥーシュ
○⑤マイネルクラリティ
▲⑭アメジストリング
△②エテルノ
×⑯タガノプルミエール
×⑫エーシンコンファー
×⑮ゴールディーロック

中京競馬の名物レースの名鉄杯。今年は準オープンクラスのハンデ戦。波乱の可能性もあるが、ここは順当にエアシャトゥーシュを本命にする。昇級戦の前走で3着とクラスにもメドを立てた。中京コースにも勝ち鞍があるし、56キロのハンデでローカルのレースなら今度こそ勝てると思う。
相手筆頭は中京コース2戦2勝のマイネルクラリティ。今回は昇級戦になるが、これまで大きく負けたのは重賞の2戦のみと、このクラスに壁がある馬とは思えない。54キロとハンデ的にも妙味はありそうで中京なら逆転まで。アメジストリングは中京なら2000mがいいのだろうが、相性のいいコースだけに侮れない。
エテルノはムラな面がなくなってきたし、中京コースなら更に一押し利きそう。単騎逃げが見込めそうなエーシンコンファーは中京1800mは2戦2勝だけに穴候補。

コメント   この記事についてブログを書く
« 1月23日メインレース予想 | トップ | 1月30日メインレース予想 »

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事