宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

季節の花 スイカズラ(花言葉:愛の絆)

2012年05月22日 18時55分48秒 | 宮代ニュース

野にスイカズラの甘い香りが漂っている。

 

スイカズラ(吸い葛)。またの名をニンドウ(忍冬)。キンギンカ(金銀花)という生薬にもなる。その花が今、宮代町の野に咲き誇っている。まさに季節の花である。

だが、この花が注目されることは少ない。どちらかというと、嫌われ者のひとつでもある。それは、その生命力の強さにある。別名のニンドウ(忍冬)は冬の厳しさを耐え忍ぶ力強く生命力旺盛な花であることを表す。

ところで、これまでの写真を見ていただいて、お気づきのことがあるのではないだろうか。

そう、この花は必ずといっていいほどペアーで咲く。仲の良い二人のように・・・二個対で。

それは中には、対だが反目するようにそっぽを向き合っている花もある。

この花は、咲き始めは白い色で、銀に輝き、終わりには金の落ち着きと重厚さを見せる。その辺からキンギンカ(金銀花)の名の由来があるのだろうか・・・。

大部分の花は、金色に輝く金婚式を迎え、幾星霜重ねてもなお、仲良く寄り添う。理想の二人をあらわす。そんなめでたい花である。

花言葉は「愛の絆」。もっと注目されて良い花ではないかと思い取り上げてみた。ちなみに、スイカズラの名は、花を口にくわえて吸うと甘い蜜が出てくることから名づけられたものとされる。

--------------------------------------------------------
宮代NOW(出来事編)ブログへのご注文・ご意見・情報提供はこちらからお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 金環日食に動物たちの反応は... | トップ | 巣立ちのとき トキのように... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮代ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事