宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

開校から32年、PTAのない学校に幕 宮代町立笠原小学校

2012年05月27日 21時11分15秒 | 宮代ニュース

宮代町立笠原小学校で27日、昭和56年4月1日設置開校から32年にして初めて、難産の末、PTAが誕生した。埼玉県内ではPTAのない極めて珍しい小学校としてそのユニークな教育環境が注目されていたが、3.11東日本大震災を経て、想定外の緊急時の対応等、組織としての保護者組織が必要視されたことからPTA誕生となったもの。1年ほど前から「PTA設立準備委員会」を結成して検討を続けてきた笠原小学校だが、設立総会の当日まで、議論百出、挙手による賛否の結果、ようやく設立に至った。

 

埼玉県でも、PTAのない学校はきわめて珍しく数校しかないといわれていた。こうした保護者による自由で自主的な教育環境の整備を好んで、笠原小学校への入学を希望する保護者がいる一方、自主的な活動の限界、学校側の負担の過重、さらには、3.11東日本大震災など緊急時の対応などにはその受け皿となる組織が必要等の論議が高まり、検討を進めた結果「とりあえずPTAをスタートさせ、様々な問題は組織の中で検討・調整していこう」ということとなり、27日、設立総会となった。

 

それだけに、総会当日も、様々な意見が出され、「とりあえず」のスタートで決着した。

 

なお、初代会長には蛭間氏が就任した。

【設立総会を見て】

教育行政側としては念願であったPTAの設立。その設立に奔走した笠原小学校前校長の山黒氏は「とにかくホッとしている。心から喜んでという状況ではなく、これからが重要である」とし、祝辞でも「おめでとう」でなく「感謝している」と率直な気持ちを表した。

 

学校教育現場に保護者としてどう関っていくか。子どもの成長の糧としての活動、教育環境に一層の充実を願うという意味では、保護者としての気持ちは同じだが、それをどう行動に結び付けていくか・・・。

PTA組織の功罪については様々に論議されている。笠原小学校では開校以来、保護者がボランティアという形で、学校行事を支え、教育現場に関ってきた。組織化されると、「旧習に倣って」とか、「上意下達の感があって楽しく参加できない」などの声から、イベントごとにボランティアが創意工夫を盛り込んで対応する形が続けられてきた。

そのことから「PTA活動に縛られない学校」ということで、笠原小学校への入学を希望する保護者もあった。

しかし、イベントごとのボランティア組織は、安定的な継続といった面では問題も多く、学校側の負担も軽微ではない状況が指摘されていた。

こうした中で、教育行政サイドからは度々、PTAの組織化が出されてきたが、実現しないまま今日に至っていた。

こうした中で発生した3.11東日本大震災。子どもたちを学校、保護者、地域の全体が守り、育むことの重要さが改めて認識され、急速に、PTA組織化の動きが強まった。

ボランティア活動の場合、事前の十分な時間と見通しがある中では、力が発揮されるが、マニュアル化されていない想定外の緊急な出来事では、対応が間に合わない状況も考えられる。

こうした問題の受け皿となる常設の組織としてPTAをいう論議となった。

ただ、そうした常設の受け皿組織を作るとしても、それを旧来のPTA組織とするのか、進化させた組織とするのかという論議が期待されたが、その面の検討は設立総会での質疑を聞く限り進んでおらず、準備委員会でも「とりあえずスタートし、そのなかで論議を」というソフトランディングの答弁に終始した。

「任意加入」「強制加入」組織なのか、学校との立ち位置関係は、教育環境の整備についての行政との線引きはなどなど、PTA組織が持つあいまいゾーンいついても「これから」。

むしろ「これから」がポイントのスタートという印象を受けた。

--------------------------------------------------------
宮代NOW(出来事編)ブログへのご注文・ご意見・情報提供はこちらからお願いいたします。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 宮代町の公共施設貸します ... | トップ | クリーン宮代~町内一斉美化... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮代ニュース」カテゴリの最新記事