”くびきの”から情報発信! 上越市のサラリーマンブログ「みやっち」のひとりごと

NHK大河ドラマ「天地人」ゆかりの地、
上越市から地元の情報を発信します!

自分探しの30キロラン

2018年10月07日 | スポーツ
楽しみにしていた「越後・くびき野100キロマラソン」が急遽中止に。

リージョンプラザ上越で前日受付をし、前夜祭盛り上がっているなーと見て
牧区内の無線放送でも「牧区を選手通過の際は応援お願いします」とアナウンスされた
ばかりの中止だったために驚きの中止だった。

「寝水に水」
「晴天の霹靂」
とはこのこ事か。

残念でほとんど眠れなかったが シューズにつける計測用のチップは
回収との事で早朝にリージョンプラザへ向かった。

スタート時間の朝5時30分近くにに行ってみる。
多くのランナーがいた。

この表示を見て 半信半疑位だった中止を実感する。
しかし、モヤモヤ感は回復しない。



朝5時30分の様子。

自主的にスターするランナーも多く見られた。
どこまで走るのだろうか?


自分もこの困惑を打破するために、とりあえず走ってみよう。
コースを少しと、リージョンプラザ周辺を走ってみた。
自分探しのランの始まりだ。

天気はいいのだが風が強い。
この風の中での開催はやはり厳しいだろう。


んーでも走りたかった。


7キロほど走って車に乗ってコースを流してみる。
うわっ、うわっ、自主的に走っているランナー多し。ガンバレ!



そして牧区まできました。




手作り看板とかかしがほのぼのとさせてくれます。
メッセージが響きます。
走っているとさらにこの言葉響くだろうなー。




おっ、クイズもか!


そして一旦自宅に帰り
朝食を食べてからランニング再開。

次は浦川原区。
うらがわら駅に車を停めて朔日峠(ついたちとうげ)に向かいます。


ココがくびきの100キロマラソンの最後(5つ目)の峠越え。



雨の中、峠に到着。

往復で6.5キロほどでした。


さて、最後に向かったのは「ゆーとぴあ くびき」
そう、100キロマラソンのゴール地点であります。

使われなかったテントが寂しく置いてあります。


頸城区は晴れていました。
ゴール地点からコースを逆走し大潟区へ向かいます。

灯光器が悲しい。

100キロマラソンの距離表示の看板とコース矢印が早くも外されていて
コースがわからなかったのですが、この灯光器のおかげで
コースを把握できました。

5キロほど逆走し往復10キロ。

ここまでで累計23.5キロ。
あと少し走れば30キロを達成するじゃないの~。

自分探しランはもう少し頑張ります。

しかし、30キロまでの6.5キロがつらかった。




そして、30キロに達しゴールイン!
雨もあたってきました。


それにしても30キロでバテバテです。

みやっちの練習量では大会が開催されても とても100キロを完走する
実力はなかったでしょう。
実力を思い知るランでした、。

次回大会には完走できるレベルに自分を高めていきたいです。


自分探しのランは30キロ走って何かが見つかった気がします。

2年後に待ってろよ! くびき野100キロマラソン!!





(2年に一度の開催だけれど 来年、開催しないかな・・・)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドキュメント14H | トップ | 第20回 城下町高田花ロード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事