宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

汗のトラブル

2019年08月06日 19時32分59秒 | 診断と治療
連日の厳しい、いや、厳しすぎる暑さに、体力の消耗を感じている方は多いと思います

気温は35度と発表されても、アスファルトの上は他瓶50度以上あると思います。
アスファルトから立ち上る熱風は、いわば温風ヒーターの前にずっといるような状態です。
つまり、アスファルトの上を歩くだけで、全身が乾燥肌になってしまいます。

乾燥した角質層に、吹き出る汗がたまると、汗トラブルがおこります

汗は時間がたつと、ホコリやカビや雑菌や花粉で汚れてネバネバベタネタに変化します。
この不潔な汗が、乾燥した角質層から侵入し、かぶれたような湿疹が出てくるのです

単純なアセモといった状態より、重症になります。

汗を拭くときに、ゴシゴシと強くこすると、汗でふやけた角質層が傷ついてはがされます。
そこに、汗に混ざった汚い成分が、傷ついた角質層から侵入し、肌荒れや湿疹を起こしてしまうわけです

予防法は・・・。

汗をかいたら、なるべく速やかにシャワーを浴びること。
そして、忘れずに保湿クリームなどで保湿ケアをし、角質層を守ります。
その後に、クーラーや扇風機で涼しく過ごしましょう。

プールの塩素や、日焼けでも、角質層は乾燥し痛みます。

毎日、しっかり保湿ケアをしましょうね
しっとり!もちもち!オールインワンジェルで全身を保湿ケアしている方も増えてきました。
このジェルは、少量でするすると伸び、べたつきませんが、保湿効果は強力です
おすすめしますよ。

アセモの薬や、アセモがひどくなった湿疹の薬も処方します。
ご相談ください
この記事についてブログを書く
« 夏休みのお知らせ | トップ | 夏の終わり »

診断と治療」カテゴリの最新記事