宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

汗で柔らかくなった皮膚は・・・

2019年05月29日 22時11分58秒 | 診断と治療
このところ、天候が変わりやすいですね

暑くなったり、涼しくなったり、強い紫外線を感じたり、急に雨風がひどくなったり・・・。

こういった気温の上下が激しいとき、身体が疲れやすくなります
そのせいか、帯状疱疹の患者さんが増えています。
また。
手足の汗が多くなり、ふやけて手足の皮膚炎も多いですね。

今の時期は、疲れすぎないように、無理は禁物ですね。
また、なるべく早めに布団に入り、睡眠時間をしっかりとった方が良いですね

さて。

梅雨の時期が近づいてきて、だんだんジメジメしてきます。
こうなると、皮膚の表面が汗で柔らかくふやけてきます。
汗を長時間かいたまま放置すると、かゆみがおこりやすくなります。
これをついうっかりかいてしまうと、ふやけた角質層に傷がつきます

角質層に傷がつくと、細菌が侵入しやすくなり、化膿してトビヒになったり、膿んで痛くなったりします。
また、角質層がもろくなり、さまざまなアレルギー物質が容易に侵入します。
するとかぶれやすくなり、また、肌荒れの原因になります。

汗でふやけた皮膚はとても敏感です
こすりすぎないこと、ふきすぎないことなどにこころがけてください。

もう5月が終わります。
早いですね・・・。
梅雨が近づいています。
汗はなるべく早めに水で洗い、優しくふいておきましょうね

~~~お知らせ~~~
6月は、毎年、皮膚科学会に出席のため、休診する日がございます。
今年は、6日から8日まで休診となります。
よろしくお願いします。
この記事についてブログを書く
« 汗のお話 | トップ | 保湿クレンジング発売が始ま... »

診断と治療」カテゴリの最新記事