宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

スギ花粉症の飛散が増えてきました

2019年02月27日 21時10分30秒 | 花粉症
早いもので、もう2月も終わりに近づいています。

3月になれば、季節はもう冬を過ぎて春の訪れですね

春は、日差しが明るくなり、風景も柔らかい日差しに包まれて、なんだかワクワクしてきますね

でも・・・。
うれしいことばかりではなく、皆さまがお悩みのスギ花粉症の季節でもあるのです。
3月に入るとスギ花粉の飛散はピークを迎えます。
くしゃみや鼻水、鼻詰まり、目のかゆみや涙、のどのイガイガや咳、顔や首や頭のかゆみや湿疹などに悩まれる方が急増します

春は何かとイベントが多く、外出が多くなる時期ですが、花粉を吸い込んだり浴びたりするため、症状が悪化しがちです。

外出して帰宅したら、なるべく速やかにシャワーを浴び、着替えてしまいましょう
花粉をたくさんつけた服は、すぐに脱いでお洗濯することをオススメします。
そのとき、洗濯物を外に干さないでください。
ぬれた洗濯物についた花粉は、乾いた後にしっかり固着し、払っても全く取れません。
それを身にまとったり、外干しのタオルで顔や身体をふくと、花粉をたくさん全身につけてしまうのです
2月になってから、顔や手が乾燥したり、くちびるがピリピリすることを感じる方は、単なる乾燥ではなく花粉のせいと考えられます。

耳鼻科の医師の発表によれば、花粉症の患者さんは年々増加の一途で、これからもまだまだ増加し続けると考えられるとのことです。
やっかいなことですね・・・。

症状が悪化しないうちに、抗アレルギー剤を内服することは効果があります。
また、同時に目薬や点鼻薬を併用するといっそう軽くすみます。
お子様でも飲める薬もありますし、最近は、全く眠くならないのみ薬も何種類かあり、受験生や車の運転にも差し支えないものもあります。
ご相談ください
この記事についてブログを書く
« ホームページのリニューアル... | トップ | ホームページのお詫び »

花粉症」カテゴリの最新記事