宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

丈夫な肌を作るために(その2)

2019年11月30日 07時25分14秒 | スキンケア
ひどい乾燥肌の方が増えてきました

冬本番に入りかけたばかりなのに、今の時期でこれでは、この先が心配ですね

そもそも、乾燥肌とは、いったいどういうことでしょうか?
乾燥肌とは・・・皮膚の一番外側の角質層の水分量が減少した状態です。
皮脂・・というアブラは、高齢者では減少していますが、それ以下の年齢では季節にはそれほど関係しません。
ですから、アブラを塗っても大きな効果を期待できません。
最近のはやりのオイル美容などは、表面がオイルでべたべたするので、一瞬良いような気がしますが、角質層の水分量が上がるわけではないので、どうかな~と思います。

乾燥肌は、ふたつの原因で進行します。
ひとつは・・・・・発汗の低下
二つ目は・・・・・環境の湿度の低下

寒くなると、毎日の発汗が低下します。
身体の内側からの汗の量が大きく低下します。
そこに、エアコンやファンヒーター、床暖房といった部屋全体を暖める暖房の過剰使用により湿度が下がると、わずかに残っている角質層の水分が蒸発してしまうのです。

こうして、冬の乾燥肌が進行していくのです

だから、まずは、重ね着

このブログを書いている私の部屋は、14度です。
綿のTシャツ
暖かなインナー
ワンピース
ベスト
カーディガンの2枚重ね
腹まき
首にはネックウォーマー
足にはレッグウオーマー
重ね着しても寒い場合は、電気ストーブか、床暖房を一番弱めにつけます。

ショウガ入りのホットミルクティを飲んで、全身がじんわり汗ばんできました。
ちょっと暑いくらいに感じ始めています
温かい血流が全身を回り、顔の素肌もしっとりしてきました。
これが私の究極の美容法なんです
保湿クリームの効果も上がりますし、乾燥小じわも減らせますね。

この続きは、また次回に書きますね

~~お知らせ~~
年内は、12月28日土曜日が最終となります。
28日土曜日は、お薬のみの処方となりますので、お気をつけください。
12月は、年末の処方を行います。
いつもより多めの内服、外用薬の処方が可能です。
( ただし、内容によりご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。)

なお、来年は、1月11日土曜日より診療を開始いたします。
例年より、やや遅いスタートになりますので、お気をつけください



















この記事についてブログを書く
« 丈夫な肌を作るために(その1) | トップ | 10日は臨時に休診し、お薬... »

スキンケア」カテゴリの最新記事