宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

急な寒さの訪れ

2019年10月21日 07時30分37秒 | 診断と治療
昨日の日本ラグビー戦、良い結果は出ませんでしたが、諦めない熱い戦いは胸に響くものがありました
私は夏クールのテレビドラマの影響でラグビーに興味を持ったにわかファンですが、それでもワールドカップにはしびれました

さて。

ついこの前まで厳しい暑さが続いていましたが、台風の後から急激に涼しい秋が訪れ、朝や夜はむしろ寒いと感じる日もありますね。

これからは日に日に気温が下がってきます。
身体が寒さに慣れていないので、ついついエアコンのスイッチに手が伸びる方もいると思います。
でも・・・。
ご注意ください

薄着のまま、エアコンなどの暖房で暖を取るという習慣は、とても危険なんです

最近は真冬でも、トレーナーなどを一枚着るだけで、後はエアコンやファンヒーターなどで部屋をぽかぽかに暖めて過ごす習慣を持つ人が少なくありません。
これは本当に危険です
身体の奥の方は冷えたままで、外からだけを暖める習慣は、全身の肌や目や鼻の粘膜をカラカラに乾燥させます。
その結果、皮膚も粘膜も乾燥して、外からの異物の侵入を防御することが出来ません。
皮膚も粘膜も、ハウスダストやカビや花粉などにアレルギーをおこしてしまう体質を増悪させてしまうのです

つまり。
安易な暖房生活は、アレルギー体質を引き起こすリスクがあるのです

そこで、私からのアドバイスです

毎日、少しずつ、室内での重ね着を工夫してください。

靴下をはく。
首にネックウォーマーをつけてみる。
カーディガンをはおる。

こうしたちょこっとの重ね着を、少しずつ少しずつ加えていくのです。
さらに、あたたかい飲み物を飲みましょう。

こうしたちょっとした工夫で、体内の奥深いところに流れる血液が暖められ、芯から暖かくなってくるというわけです

自分の工夫で、自分の身体をあたため、アレルギーをおこしにくい体質にしましょう
これは、インフルエンザなどの風邪の予防にもなりますよ

~~~明日は祝日のため、休診になりますので、お気をつけください





この記事についてブログを書く
« 休息の日々・・・ | トップ | 美容と健康に重ね着! »

診断と治療」カテゴリの最新記事