宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

丈夫な肌を作るために(その5)

2019年12月22日 09時14分57秒 | スキンケア
早いもので、12月もあと9日を残すのみとなりました

10年ぶりの風邪でぐったりしているうちに日が過ぎていったみたいで、なんだかやり残したことがいくつもあるような気持ちです

年内の診療は、28日土曜日までですが、この日はお薬の処方のみとなります。
多めに処方が可能なので、お申し付けください。
通常の診察は27日金曜日が最終です。
年末年始は多くの診療所や病院がお休みになりますので、少しでもご心配なことがあれば、この日までにご相談ください。

当院では、皮膚に安全で効果的な化粧品をいくつも取り扱っておりますが、12月に入ってまとめ買いの方が増えていますね。
アレルギーをおこしにくい基礎化粧品や石けんやシャンプー。
冬でもむれて匂う脇や頭の汗のにおいを抑えるクリームやシャンプー。
アンチエイジングに効果的な美容液。
シミや肝斑にぬる美白クリーム。
肌荒れでも使用できるファンデーション。
肌を傷めないクレンジング。
一年中使用するための日焼止めクリーム。
・・・・・など、さまざまな商品を取り扱っています。
これは、きれいで丈夫な健康的な素肌を保つために、毎日使用する基礎化粧品の選択が間違えてはならないという考えからです

シミやくすみ、小じわなどを気にされて受診する方も多いですが、実は大切なのは毎日の正しいスキンケアです

シミやくすみ、小じわなどがすべて年齢に伴うものと思い、早く効果の出る高い化粧品を買おうと思う方は少なくありません。

でも。

洗顔料でこすったり、クレンジングで摩擦したり、早くつるつるにしたくてピーリングしたり、なんとなくマッサージしたりをくり返している方は意外にも多いのです。
その結果、肌がヒリヒリして赤くなったり、かゆみを感じたりすることがあります。
実はこれは、とても怖いことなんです
これをくり返すと・・・・・実はシミや色素沈着や変なしわしわになってしまうからです

肌は安全な洗顔をすること。
その後、ゴシゴシこすったり摩擦せずに、シンプルで効果的な保湿ケアを行うこと。
これをくり返すうちに、丈夫な角質層が保たれていきます。
丈夫な角質層は、外部からの異物の侵入を予防し、その結果、潤いを保ち続けていきます。
つやのある、小じわの目立たない、健康な素肌作りのお手伝いも、立派な皮膚科診療の一環であると考えています

スキンケアのみのご相談も承ります。
最近は男性のスキンケアのご相談も増えてきました。
都会の冬は、砂漠以下の超乾燥ですから、当然と言えますね
この記事についてブログを書く
« 丈夫な肌を作るために(その4) | トップ | 令和元年最後のブログです »

スキンケア」カテゴリの最新記事