宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

暖房をつける前に

2019年11月19日 07時32分13秒 | スキンケア
だんだん寒さを感じる季節になってきましたね

クリニックにはすでに乾燥肌のご相談が増えてきました

まだ暖かい気温の日もあるのに、電車やデパートなどにエアコンが強く効いていることが多くなっています。
「まだ早いだろ!!」
と突っ込みを入れたくなります

近年つくづく思うのですが・・・東京の冬は砂漠以下の湿度の生活で、世界で一番乾燥がひどいのではないかと感じます

都会の生活は、夏は猛暑の日が増えがんがんクーラーをかけて室内で過ごすことが多くなり、秋から冬は長い期間エアコンなどの室内をぽかぽかに暖める暖房の中で生活します。
昭和の子供に比べて平成生まれの子供は屋外での運動が減り、室内でゲームなどであそぶケースが増加しています。

そのせいで、運動能力の低下が危惧されていますが、同時に、発汗の機能も下がっているようです
つまり・・・。
上手に毎日発汗していないので、汗をかくにくくなっているのです。

その結果、初夏には熱中症になりやすくなり、これからの季節はすぐに乾燥肌になってしまうのです

皆さまにアドバイスです

室内でちょっと寒いな・・・と感じたら。
すぐにエアコンをつけるのではなく、まずは一枚羽織るとか、靴下をはくとかしてください。

最近の子供は、運動不足で発汗の機能が落ちていいるのに、冬はエアコンや床暖房などのぽかぽかの部屋で裸足で薄着の生活をしがちです。
これでは全身が乾燥し、かゆみや湿疹だけでなくアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、花粉症や喘息にもなりやすくなるのです

暖房をつける前に・・・まずは洋服や靴下などで調節する工夫をしてください。
これ、すごく大切です。
お子様が一生アレルギーの治療を必要とすることをなんとか食い止めたい・・・と思うのです
この記事についてブログを書く
« 展覧会の御礼 | トップ | 丈夫な肌を作るために(その1) »

スキンケア」カテゴリの最新記事