宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

春の花粉症(その1)

2020年01月11日 18時54分55秒 | 花粉症
令和2年の診療スタートしました。

本日は、とにかく乾燥肌に伴うトラブルがとても多かったです
今年の冬は雪が降らず、雨も少ないため、空気が乾燥し続けています。
その上、どこの家でも、また職場や学校や塾や電車などいたるところでエアコンがついているため、乾燥は砂漠並みなんです

そのため、顔や首、頭の地肌、背中や腰、腕や手、太ももやすね・・・とほぼ全身に乾燥が目立っていました。
ピリピリしたりむずむずしたり、あるいはひどいかゆみが出ている方が多いです

また本日はすでにスギ花粉症と思われる症状が出始めている方がけっこういました。
目のかゆみや鼻のむずむずなどです。
まだひどいくしゃみや咳の方はいませんが、油断できませんね。
エアコンなどの乾いた空気を吸ったり触れたりすると、鼻や喉や目の粘膜が乾き、早めに花粉症がおこりやすくなります
だからエアコンなどの暖房も花粉症を悪化させる原因なんです。

花粉症の時期に、顔や目の周りやくちびるの湿疹の患者さんがたくさん来院します。
この時期にとても気をつけたいのが、化粧のメイク落としです。

花粉の時期、顔の肌荒れが起こりやすいのでメイクをしないですっぴんにする方がいます。
しかし、メイクはむしろしていた方が安全です
ファンデーションなどで花粉が直接肌につきにくくなるからなんです。
でも。。。
この後が要注意です
それは。
クレンジングの選択です。

クリームを塗ってティッシュやコットンで拭き取るクレンジングは・・・ダメです
拭き取りコットンといったあらかじめ液体が含まれているシートで落とすのも・・・ダメです
オイルクレンジングは、刺激の強いものがほとんどなのでこれも・・・ダメです
マイルドなクレンジングとうたっている商品は基本は安全ですが、メイクの落ちが悪いものが多く、肌にメイクが残ってしまうので、結局ダメなものがあります。
そこで、あれこれ研究をかさねて昨年より発売したのが、しっとり!もちもち!保湿クレンジングです。

これは、なめらかにクリームを塗り広げ、その後洗い流すだけですが、しっかりメイクが落ちます。
また、その後、肌に潤いを残し、かさつきを感じません。
角質層を守るように作りました。
だからクレンジングによる肌荒れも起こしにくく、安心して毎日使えると思います

これからの季節、花粉から肌を守るためにメイクはむしろ必要ですが、その後のクレンジングには注意を払ってください。
クレンジンの仕方によっては、花粉かぶれを悪化させるからです

しっとり!もちもち!シリーズのクレンジングとオールインワンジェルをオススメするのは、それにより肌荒れを予防することが期待できるからです。
花粉かぶれはいったんおこしてしまうと、治療してもくり返しやすいのです。
2月から4月に花粉かぶれを何度もくり返すと、肌は老化してしまい、シミやくすみや小じわの原因になります。
だから、毎日のスキンケアがとにかく重要と考えます
この記事についてブログを書く
« 充電完了しました | トップ |   

花粉症」カテゴリの最新記事