宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

クレンジングの選び方

2020年10月11日 07時32分49秒 | スキンケア
いきなりの寒さに、身体がびっくりしています
風邪をひきやすい気候なので、くれぐれもお気をつけください。

さて。

台風が過ぎ去るごとに、秋がどんどん深まっていきます。

すると。。。

顔のお肌の状態がごろっと変化します。
汗をかく量がぐ~~んと減少するのです。

ついこのまえまで、顔は汗と脂でベタベタしていて、マスクの下がむれて真っ赤になっていたと思います。
それが、いきなり汗が減ってしまい、寒さで血流が落ちると、潤いのキープが出来なくなっていきます。
ほんの1~2週間のうちに、顔の肌の状態は劇的に変化しているのです

洗顔の後、顔がつっぱりませんか?
くちびるが乾いたり、ひりひりしたりしませんか?

これは顔の肌の水分量が減少し、潤いを保つことが出来にくくなっている証拠です。
これが続くと、顔がかゆくなったりひりひりしたり、くちびるのかわがむけたり赤くかゆくなったり、マスクの下の肌ががさがさブツブツしたりするのです
男性ですと、ひげそり負けをおこしやすくなります

さて、ここで今日のテーマですが。

クレンジングのお話です。

これはメイクのクレンジングはもちろん、日焼止めクリームのオフも関係します。

顔に一日つけているメイクや日焼止めクリームは、肌の表面だけでなく毛穴や汗の穴などの小さな溝やしわの中に入り込んでいます。
これを毎日きちんとオフしないと、かぶれたりニキビや吹き出物の原因になります。
さらに、くすみの原因にもなるのです。
ですから、毎日のメイクや日焼止めクリームやホコリや雑菌をきちんと落とさなくてはいけないことは、皆さまもご存じですね。

でも。
ここからが本題

クレンジングのチョイスを間違えると、肌荒れや湿疹の原因になるばかりか、その後のシミや黒ずみの原因にもなるのです

まず、しっかりメイクをしたり、濃いめのアイメイクをしている方は、オイルクレンジングを選ぶと良いです。
オイルクレンジングはメイクオフのパワーが強く、きれいに落ちます。
一方で、界面活性剤の量が多く、肌ダメージが強いので、敏感肌やアトピー性皮膚炎や花粉症のある方には向きません。
皮膚科に縁のない丈夫な肌をお持ちの方は、使いやすいと思います。

敏感肌の方は、メイクは薄めにして、ミルククレンジングやジェルクレンジング、クリームタイプが刺激が少なめで良いと思います。
ただ、いずれも洗い流すタイプが良いです。
ティッシュやコットンで拭き取るタイプは、摩擦で肌荒れが進み、かえって危険だからです。

シートに洗浄剤が含まれている拭き取りコットンタイプは、簡単便利な一方、肌の摩擦が強くアルコールなどを含む場合が多いので、肌荒れしやすくおすすめしにくいです。
敏感肌やアトピー性皮膚炎や花粉症の体質のある方は避けた方が良いですね。

今回、肌保湿研究所のYouTube動画ではこういったクレンジングのことをくわしくお話ししています。
健康な肌を守るために、正しいクレンジングのチョイスは欠かせません。
クレンジングで肌荒れして、その後ブツブツしてくると、クレンジングが原因と気づかずお化粧品が合わなかったと思いファンデーションを買い換える人も少なくありません。
でも、ぜひ、クレンジングのことをじっくり考えてみてくださいね

さて。
話は変わりますが、私はいよいよ重ね着をスタートしました。
急に寒さを感じると、すぐにエアコンを入れる方も知ると思いますが。
私は絶対に大反対
まずは重ね着です

ヒンヤリを感じる室内で、私はいま、靴下をはいて、ネックウォーマーをつけて腹巻きを一枚着ました。
もう、今はぽかぽかして、じんわりと汗をかき始めるくらいです。
これは、暖房による乾燥の予防だけでなく、秋や冬でも自分からの汗を誘導できるので、いっそう肌の乾燥を予防できます

これから本格的な寒さがやってきます。
安易に暖房ばかりにたよらないで丈夫な潤いのある肌を守るためのアドバイスをこれから続けていきますので、このブログにご注目くださいね

~~~おまけ~~~
肌保湿研究所のYouTube動画ではもう20本アップしています。
スキンケアは、健康な肌の基本です。
私は医師ですが、薬ばかりにたよりきっている治療にかねてから疑問を感じています。
だから、YouTube動画を通じて、正しいスキンケアを学んで欲しいのです。
20本の中から興味のあるものを選んで見てくださいね。
最近は、化粧品かぶれの原因、クレンジングの選び方をアップしました。
以前出した、メンズスキンケアの動画が予想以上に反響があります。
どうぞご覧くださいね。








この記事についてブログを書く
« コロナ対策で増える手荒れ | トップ | 臨時休診のお知らせ »

スキンケア」カテゴリの最新記事