宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

今年ならではの皮膚病

2020年07月05日 07時56分43秒 | 診断と治療
東京のコロナ感染の増加が止まらず、じわじわと不安を感じて過ごしている人は多いと思います
手洗いは大切なのはもちろんですが、同じくらい重要なのが人との会話だと思います。
マスクを外している食事中の会話が、感染のリスクだと思います。
友人との食事中は、会話はひかえて、さらに食事の際の距離も必要だと思います
ワクチンや有効な治療法が確立するまで、注意が必要なのは、手洗いと同じくらい、マスクを外さないことなのだと思います。

・・・・と色々不自由なことばかり書きましたが、コロナの時代をうまく生き抜くためには、この注意を続けることしかできませんね。
クリニックでは、定期的な消毒と換気には注意しており、かつ、蜜の時間を短くするために、受付した後の外出をオススメしています。
また、待合室内ではマスクの着用をお願いし、かつ、会話をひかえていただくようお願いしています。
気持ち良く受診できるように、ご協力をお願い申し上げます

そんなwithコロナの時代に突入し、今年はこれまでなかった皮膚病の患者さんがものすごく増えています

とにかくすごく増加しているのが、、、
マスクによる顔のトラブル

手洗いやアルコール消毒による手荒れや手の湿疹の悪化
なのです。

どちらも昨年まではあまり見られなかった状況なので、治療には注意と工夫が必要になります。

もちろん必要な情報を詳しくお話ししていますが、どうしても時間には限りがあります。
なので、肌保湿研究所でYouTubeで情報を発信しているのです。

このところ、患者さんから
「YouTubeを見てすごく勉強になりました!!」
とか
「いけないスキンケアをしていたことがわかりました!!。すごくわかりやすいです。」
とか
「知りたいことが、すっかりわかりました!!」
などとおっしゃることが増えています


毎日のスキンエアの方法や、生活の仕方などをYouTubeを通じてお話ししていますが、正しい方法を身につけることが、実は皮膚病の治療がスムーズに進む大きなポイントなんです
せっかく受診して良い薬をもらっても、日常のケアが間違っていて薬が効果を出さないとしたら、本当に残念です

患者さんの中には、薬を飲んで塗りさえすれば必ず治ると思っている方もいらっしゃると思います。
でも、これは、全然違うのですよ
たとえば。
湿疹やかぶれの塗り薬を塗っていても、その皮膚をかきむしっていたりかさぶたを剥がしたりすると、薬の効果は激減してしまいます
また。
洗顔や身体を洗う際、使う石けんやクレンジングの選択も間違うと皮膚病は悪化し、さらには洗う力の入れ方も影響するのです
withコロナの時代になり、日常のケアの影響はこれからも大きくなると思います。

YouTubeでは、敏感肌のスキンケアや、手荒れのアドバイス、くちびるの皮むけの注意、くり返す頭のかゆみの原因、ニキビの話、マスクのトラブルの注意、メンズのスキンケア・・・などのそれぞれの注意点を動画でわかりやすくお話ししています。
皮膚科王になった方は、ぜひ私にご報告くださいね

~~~お願い~~~
皮膚科の外の門は8時くらいに開きます。
早めに来院される方は、診療所の戸があく8時半までは、やむを得ずお並びいただいてしまうことになります。
その際、戸の前からお並びいただき、列が伸びた場合、門から道路に出ないようにお願いいたします
道路に列ができると、通行の妨げになり、また自動車の往来もあって大変に危険なのです。
列は、駐輪場の内側でお並びいただくよう、お願いいたします。
8時より前にいらして道路にお並びにはならないよう、くれぐれもお願い申し上げます
また、道路上に、一時的にでも自転車やバイクや自動車をお止めになることは絶対におやめください。
混雑してくると、一時的に道路にとめる方がいらっしゃるようですが、近隣の方々のご迷惑にもなりますので、ご協力ください。
お願いばかりで恐縮ですが、気持ち良く診療をお受けいただくためになにとぞよろしくお願いいたします。
この記事についてブログを書く
« withコロナの時代・・・に関... | トップ | 危険な夏の乾燥肌! »

診断と治療」カテゴリの最新記事