宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

保湿のお話(その4)

2015年09月27日 09時35分49秒 | スキンケア
ここ数年、毎年、暑すぎる夏としつこい残暑がやっと終わったかと思ったら、ちょこっとだけ秋があって、すぐに寒くなってしまう・・・そんな感じでした。
なので、私が一番好きな秋を楽しむ期間が短かったように思います。

でも。

今年は、かなり様子が違いますね

酷暑がいきなりばっさりと終わり、心の準備が出来ていないうちにど~っと秋の空気が訪れています。
乱暴にほうきではかれたように、セミの鳴き声も消えました

よく、季節の変わり目・・・という言葉がありますが。
突然変わった感じですよね

私が四季の中で一番すきなのが秋です。
空気が澄んで、空が高くなって、視野が明るく開けるように感じます

でも。

近年、ちょっと困ったことが出てきました
それは。
秋の花粉症の増加です。

イネ雑草花粉、ブタクサ花粉、ヨモギ花粉、カナムグラ花粉などなど・・・。
こういった秋の花粉は、さわやかな秋晴れの日によく飛びます。
目のかゆみ、鼻水やくしゃみ、しつこい咳、のどのいがいがなど、スギ花粉症と同じような症状が出ます。
また、皮膚の症状もでやすいです。
目のまわりやほほ、口のまわりのかゆみ。
頭の中や、耳の中のかゆみ。
首から胸回りの湿疹。
うでやすね、おなかなどにも湿疹が出やすいです。

昨日の当院は、まるで行楽地のようでした。
いえ、別に楽しいイベントをしたとかではなく。
親子ずれの患者さんがすごく多かったからなんです。
おそらく。
今年のシルバーウィークのお天気が素晴らしく良かったため、家族ずれでお出かけになった方が多く、秋の花粉をたくさん浴びてアレルギーがおこってしまったのかもしれません

秋は楽しいイベントが目白押し。
花粉アレルギーを感じている方は、アレルギー対策を十分にして楽しみたいですね。

抗アレルギー剤の内服、点眼剤、点鼻薬の処方をしています。

あ。
保湿剤のお話という題名なのに、ぜんぜんお話ししていなかったですね
でも。
今からの時期、全身の保湿ケアを十分に行うことがとても重要です。
保湿が足りないと、皮膚が乾燥し、乾いて弱った角質層から花粉が侵入するのです。
皮膚から侵入した花粉により、アレルギーがおこりかゆみや湿疹の原因になるのです。

さまざまな種類の保湿クリームやローションを処方しています。
しっかり毎日保湿ケアをして、秋を十分に楽しみましょうね