宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

二段階の治療のお話

2014年09月29日 22時04分18秒 | 診断と治療
今年は、例年に比べて、秋が長く感じられます。

昨年は10月に入ってもまだ暑い日があったのですが、今年はすっかり秋らしい過ごしやすい日が続いています。

なので、アセモやトビヒなどの夏らしい皮膚病はかなり少なくなっています

でも。ご注意ください。
秋の花粉症は、今、ピークを迎えています

過ごしやすい、さわやかな秋晴れの日に、秋の花粉の飛散が多いのです。
とくに、さわやかな風がふいていると、かなりたくさん飛んでいます
運動会や遠足などのあとに、アレルギーが悪化するので、お気をつけください。

さて。

今日は、二段階の治療のお話です。

これは、どういうことかというと。

皮膚病が悪化した場合、まずは病院に受診し、治療を受けると思います。
これは、当然ですね。
それで、治療がうまくいくと、かゆみも取れて楽になります。

でも、皮膚が敏感な方や、アトピー性皮膚炎の体質がある方は、いったん治っても、またくり返すことがたびたびあります。
とくに、今の時期のように、花粉が多く飛散していると、くり返しやすいです。

そこで。

二段階目の治療が重要になってくるのです。

つまり。
いったん治した後、かゆみやつらさがおさまり、一見きれいになっている時。
この後に行う治療が、実はとても重要と言うことです

それは、再発の予防のために行う積極的な予防治療です。
最近、皮膚科医の間でもポピュラーになってきたプロアクティブ治療ともよばれるものです。

再発させない積極的治療・・・これが実はとても重要であり、また、有効であるとされています。

このようなお話をしていましたら、患者さんから
「真の治療は、実は、その二段階目なんですね。」
と言われました。
なるほど。
そのとおりかもしれません。

この二段階目の治療は、実は、個々にそれぞれ方法が異なるので、かなりきめ細かい経過観察が必要になります。
でも。
患者さんと医師で協力しながら、地道に努力を続けていくと、結果的には体質改善にもつながるのです

アレルギーは、くりかえしやすいやっかいなものです。
だからこそ、長期戦で、きめ細かく治療を行うことが重要ですね

基本は、清潔な洗浄と、正しい保湿ケア。
あとは、かきむしらない努力です。

とはいえ、個々に治療法やアドバイスが異なりますので、ご相談くださいね