(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然

姫路市 宮本住建 木造住宅の新築・リフォーム施工事例・現場進捗、日々の日記を綴ります。

耐震・断熱リフォームで一番大切なポイント

2020年11月24日 | リフォームのツボ
いつもご覧いただきありがとうございます。

さて、耐震リフォーム、断熱リフォームで一番大切なこととはなんでしょう?


答えは「業者の知識」です。


耐震リフォームでいえば、

現状の耐震性能を把握すること

耐震改修案を提案すること

この二つが大切と思われていますが、これ以上に大切なことがあります。

それは

「現場を図面通りに仕上げること」

です。


図面通りに仕上げるのは当たり前と思うかもしれませんが、

新築と違って今ある建物を改修するとなると図面や構造計算で指定した方法が現場では不可能なことがたくさんあります。


壁の中を開けてみたら取り外しができない部材のところに新しい金物を設置するように図面には記載されている。

梁や柱が歪んでいて図面通りに仕上げることができない


などなど、耐震リフォームはイレギュラーのオンパレード


なので、大切なのは「イレギュラーが出た時にどう対応するのかを判断する知識」が実は一番大切になります。


これはまず耐震リフォームの経験があるかないかが大きなポイントになりますが、

それよりももっと大事なのが「良いか悪いかの判断ができるかどうか」です。

ダメなことと気づかずそのまま工事をしている場合、多いと思います。


弊社は某リフォーム番組のように柱と梁だけ残して、さらにジャッキアップして基礎からやり直しなんていう耐震リフォームの経験もありますし、

新築含めて常に構造計算と現場を合致させる経験と知識を持ち合わせています。



次に断熱リフォームですが、これも「どの断熱材を、どれだけの量を使うか」がポイントになりますが、

これも図面上の性能と「体感」のズレがどのくらいあるかの経験と知識がないと「思っているのと違う」ってことになります。


断熱を上げるに際して二つの大きな要素「窓」「壁」の組み合わせを予算と合わせてどのようにマネジメントするか?


これが本当に難しい

なぜなら、建物が必ずしも南向きで窓もバッチリと光が当たる家ばかりではないからです。

例えばどうしても西に窓を作らなければならない場合など、その家にあわせたチョイスが必ず必要だからです。

これも耐震と同じく、新築ならば図面通りに施工可能なこともリフォームでは不可能なことたくさんあります。

既設の土壁を取ると外壁の支えがなくなってしまうので取り外し不可

なんてことたくさんありますので、、、


なので、断熱も求めていたことができないときに体感にどれだけ影響が出そうかが予測できないと成り立ちません。


12月12日に構造・断熱見学会を開催いたします。

ちょうど寒くなってきたので新築・リフォームを問わず手刻みの技術的なこと、吹き付け断熱の高さ、ノウハウを知っていただける機会になると思います。

詳細はあらためてインスタやホームページにて記載いたします。

予約不要ですが予約優先とさせていただければと思います。

こうご期待!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リフォーム提案はゼロ円リフォームから始まります

2020年11月16日 | リフォームのツボ
いつもご覧いただきありがとうございます。


今日の午前中にキッチンリフォームのお客さまの現調をしました。

現調をするとき、「散らかしているので片づいてから見に来てください」とよくお伺いいたしますが、

逆に「片付いていない状態を見せてください」とお願いしています。


ただきれいになるだけではリフォームではない


これ、私のリフォームの一番大事なことです。

たとえ1000円の工事であってもただ新品に交換するだけや取り付けるだけででは「模様替え」

使い勝手が上がらないと「リフォーム」とは言えないと思っています。


たとえば、、、


ダイニングテーブルのイス、食べ終わってきちんとテーブルの下にイスを戻していますか?

炊きあがりの湯気を逃がすための炊飯器のスライド棚、きちんと戻していますか?

テレビドラマに出てくるようにキッチンのカウンターの上やダイニングテーブル周りに一切物がなく整然としていますか?


生活をしている限りそんな完璧にはいかないですよね。

出たままになっているイスや炊飯器スライド棚、それから足もとやキッチンカウンターの上に物が置いてあることはごく普通のことだと思います。

それは普段、無意識のうちにイスやスライド棚を避けながらキッチンを使っているということでもあります。


「システムキッチンへの交換をしたいんです」とお伺いしたとき、ただ単に交換するだけでは使い勝手はあがりません。

新しくシステムキッチンを交換しても同じような使い方をする限り、同じようにイスなどを避けての生活となります。


そうならないように、お客さまが気づいていていないポイントを見つけ、改善するのがリフォームです。


キッチンでいえば、リフォームをするために必要なことが大きく二つあります。

ひとつは床の張替えやシステムキッチンの交換など建築工事としての部分

それからもうひとつは「整理」です。


一昔前まで法事などで家に人が集まることってたくさんありました。

でも今では「法事自体は家で行っても食事は外で」という場合が多いと思います。

となると、今まで多くの来客に対応するために置いていた食器&食器棚が不要になってくるのですが、

だいたいが、使わないままの大きな食器棚がキッチンの中の広いスペースを取っています。


なので、私のリフォームのご提案は整理のご提案から始まります。

食器棚を一つ片づけるだけで「スペース」が生まれます。

建築工事で高価なカップボードを買う前にゼロ円リフォームの整理を行ってスペースを作り、

広がったスペースを使ってプランニングをして建築工事を行うことで使い勝手がグンとあがるリフォームとなります。


今回、私がご提案したことは

食器棚を整理をすることで部屋の広さがさらに確保できます

システムキッチン横に併設されてる棚を撤去して、そこに冷蔵庫を移設することで元スペースが空いて通路がきちんと確保されます

床下収納庫をもしも使っていなくて収納庫の枠の出っ張りにダイニングテーブルのイスが当たったりして邪魔になるようなら収納庫を撤去をお勧めします。

などなど、まずは「お客さま自身が今まで気づいていなかったことに気づいていただくきっかけ作り」から弊社のリフォームは始まります。


次回は耐震と断熱リフォームのポイントについて書きたいと思いますのでこうご期待!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上棟の手順はこんな感じで進みます!

2020年11月14日 | 匠の技
いつもご覧いただきありがとうございます。


上棟の一日ってどんな風に進んでいくんだろう?

ってキョウミシンシンの方もいらっしゃると思うのでポイント含めて書いてみますね。


まずは朝礼



昨日も書きましたが、手刻みの上棟は組み上げる順番をあらかじめ棟梁が決めています。

その手順も手刻みを行っているときにすでに構想し、組みにくいところをあらかじめ余裕のある加工にしたりしています。


それから、最も大事なこととして「安全確認」があります。

何をするにも「安全」が最優先

職人さんは往々にしてリスクを負うことよりも作業を進めることを優先しがちですが、

弊社は「作業を止める勇気を持て」と常々言っています。

作業を進めるために危険を承知で作業をしていて、もしも事故が起こったら?

けがをした本人もご家族もどれだけ悲しむでしょう。

お客さまにもどれだけ迷惑をかけるでしょう。

事故が起こればその作業を安全に行うために必要な作業を止める待ち時間の何十倍も現場が止まります。

急がば回れ

安全に作業を行うために朝一番は必ずミーティングから開始です。


そのあと私は今回のもうひとつの楽しみであるタイムラプス作成のためのカメラをセット



お隣さまにお願いをして現場の真正面にカメラをセットしました。

その様子はインスタにUPしていますのでご覧くださいませ!


作業は、階数関係なく、基本的な流れは「柱を立てて、その上に梁を載せる」の繰り返し

まずは一階すべての柱を立てて、それから外周回りから作業はスタートします。



梁が載った柱は単独では自立できませんので、自立できるようにコーナー部から開始し、

外周回りと、それから東西南北の基軸となる梁を組み上げて自立させます。

このときも念のため転倒防止で要所に仮筋交いを設置して万が一の倒壊を防ぎます。

とにかく安全第一




基軸の梁が組みあがれば、その間にある梁も設置

このころになると木材の大きさも相まって迫力ある風景になってきます。




一階が組みあがればそのまま二階へ、、、、


ではなくて!


いくら精巧に加工しても木材は天然の物ですから加工している間にもねじれや反りが起こります。

それに、組み上げた時のほんの数ミリの誤差も出ます。

それを修正してから二階を組みます。


おもに垂直方向の誤差を補正する作業を「建ちを起こす」といいます。

ようは柱が真っすぐに建ってる状態に補正するのです。



一階の通り柱にさげふりをセット



そして歪みを補正するツッパリ棒のような工具を使って東西南北それぞれの歪みを補正し、

仮筋交いで固定します。


これ、やらない会社もたくさんあると聞きます。大きい会社ほどね、、、

土台の水平さえ保ってあれば、その上に建つ建物はおのずとまっすぐ建つだろうという想定のことらしいのですが、

たとえ機械で加工しても建物は絶対にまっすぐに建ちません。

例えば10センチ角の穴の中に10センチ角の柱が収まるかといえば無理ですよね、穴のほうがたとえ1mmでも大きくないと入りませんもん。

なので、その余裕は誤差でもあるのです。


たかが1mm、されど1mm

柱の根元から1mの高さで1mm倒れていたら、上に向かってどんどん開くわけですから3m上の柱の頂点部分では単純に3mm違います。

住宅はだいたい二階建てですから、たった1mmの倒れが二階柱頂点では6mmも倒れていることになります。

たった6mmと思うかもしれませんが、外壁材にしても内壁材にしても6mmも違えば真っすぐ施工できないので隙間ができてしまいます。

その隙間はどうするかといえば、例えばクロス工事の際にパテなどで強引に埋めるのです。


上棟の時点でゼロミリに合していても建築中に木が変形して誤差が起こるのに、もともと誤差があれば1mmの狂いでは到底納まりませんので、

大工の目で何度も確認です。


その後、二階床を施工する前に建築基準法で定められた金物類を施工していき、一階部分を強固に固めます。




それから二階の床を施工

建物の水平方向の変形を防ぐために火打ち材(ひうちざい)というものがあります。

梁の交点、すなわち部屋の四隅に斜材をとりつけて変形を防ぐ、これが昔の住宅でした。

今では二階の床材全体で水平方向の変形を防ぐ「剛床(ごうゆか もしくは ごうしょう)仕様」で施工するのが一般的になり、

二階の床下に根太を施工することがなくなりました。

ようは火打ちのように点で支えるよりも床材を使って面で支えるほうがより変形を防げるというわけです。




二階の床ができれば、また二階の柱を建てて、その上に小屋梁を載せ、そしてまた建ちを起こして、いよいよ小屋組みへ




屋根の部分を小屋(こや)といい、屋根の中の柱のことを束(つか)といいます。

束を建て、その上に屋根下地を支える「母屋(もや)」と呼ばれる材を載せます。

そして、母屋の中で一番高い位置に設置される材を「棟(むね)」といいます。

上棟とは、「棟が上がる」という意味なので、棟が設置されれば上棟完成です。


束ももちろん垂直に建っていることをすべて確認

そして、雲筋交い(くもすじかい)と呼ばれる屋根裏の中の筋交いも設置して、

それから垂木(たるき)と呼ばれる屋根下地材を支える材を母屋の上に設置をして、

野地板(のじいた)を屋根前面に施工

というのが上棟の流れです。




そして、作業終了後に御幣(ごへい)を設置



大黒柱や屋根裏の中の南向きに設置するのですが、最近の屋根裏は屋根勾配が緩いので入りきらない&弊社は吹き付け断熱なのでそのまま設置しておくと汚れるので、

仮でリビングに設置しておいて一旦はお預かりして、吹き付け断熱後に屋根裏へ正式に納めます。

御幣の裏には日付とお客さまの名前を記載していて、リフォームの際でもだいたいがきれいに残っています。


上棟の後は、まずは戸締りができるように、それから雨じまいができるように屋根や外壁下地から工事が始まります















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上棟いたしました!

2020年11月13日 | 物件事例 建築物語⑯
いつもご覧いただきありがとうございます。

昨日はものすごくよい天気の中で上棟できました!



今回は初めての試みで、一階すべてを手刻み、二階より上をプレカットという組み合わせ。

お客さまのご希望でした。


「手刻みとプレカットを混ぜても良いの???」と思われるかもしれないのですが、、、

木材を継ぐ箇所の加工を機械でするのがプレカット、職人の手で加工するのが手刻みなわけですが、

実はこの継ぎ手の部分は建築基準法にも詳しい定めがないので構造計算にも一般的には考慮されません。

すなわち

プレカットでも手刻みでも計算上は同じ結果ということになりますので大きな問題はありません。


ただ、計算結果と実際の強度は別物です。


例えば通り柱

1階から2階まで一本の柱を使う通り柱、建物の四隅など重要な部分に使用されますが、

実はこれも通り柱かどうか計算には一般的には考慮されません。

実際はもちろん通り柱のほうが柱が途切れず連続しているので強いです。


それは計算外の「余裕」があるということになります。


手刻みの差しまえも同じで、計算外の余裕が生まれることになります。


それがどのくらい実感できるかというと、、、



二階床の合板が設置されてない、ただ組み上げただけの状態の時、

プレカットでは組みながら金物で補強しなければ「倒壊」します。

大げさな話ではなく10000%確実に倒壊します。

なぜなら機械で加工するので加工部が簡易だからです。




順番考えずに適当に組み上げてもどこからでも組みあがります=金物を併用しないとすぐに外れてしまう


ということでもあります。


ですが、手刻みはなんせコレですから組み上げてしまえば絶対に外れることはありません。



だからこそ組み上げる順番を間違えると組みあがりません=一度組みあがると外れない、そして組み上げるにも技術が必要


ということになります。


その差はこの写真の状態の時に上に乗るとすごくすごくすごくわかります。

プレカットは金物を仮施工してもグラグラです。

対して手刻みは金物の施工なしの状態でもまったくビクともしません。

それだけ計算外の耐震性能の余裕があるということです。

工事中の危険な時にしかわからないことですが、手刻みはものすごーーーく耐震性能をアップさせます。


じゃあ「宮本住建のプレカット仕様はダメなのか?」


いいえ、そんなことはありません。プレカットですら弊社オリジナルの余裕をたくさん持っています。


コチラの梁



計算上では梁の背の高さは330mmでOKでした。

ですが、弊社の棟梁の感覚では390mmでしたのでその大きさで再計算しています。


たった60mmの余裕??


と思うかもしれませんので数値で表します。


曲げに対する強さは幅(b)と背の高さ(h)で表し、幅は仮に100mmとしましょう。

計算式としては「幅の二倍✖背の高さの3乗」が関係し、330mmでも390mmでも幅は同じ条件なので高さで最終的な強さが決まります。

330mmと390mmでは1.2倍の大きさの差

なので、1.2の3乗で1.2✖1.2✖1.2=1.728

たった6センチの差

それなのに390mmの木材は330mmよりも1.728倍強いということになります。


もう一つ建物の耐震性能全般の大事なこととして「たわみ」があります。

木材自体も重さがありますし、部屋に荷物を置けば梁はたわみますので「たわみ計算」はとても大事です。

この計算式は「幅の二倍✖高さの2乗」を使います。

すなわち、1.2✖1.2=1.44倍強いということになります。


さらに!


弊社使用の木材はすべてE110



この「E」がたわみの余裕がどれだけあるかの証明でして、E100が余裕もないけど不足もない基準となる木材です。

このEがクセものでして、同じ断面の木材でもE80くらいから特殊製材した強いものだとE150くらいまであります。

E90だとE100に比べて1割たわみ性能が低い、E110だと1割たわみ性能が高いということなので、

1.44倍強いことにプラスしてさらに1割の余裕がONされます。


そして、このEは明確な法律がありません。

木材の断面についてはスパンなどによっていろんな定めがありますが、材自体のたわみに関係するEには明確な定めはありません。

なので、安くしようと思えばE90などの木材を使います。


でも木材の断面は関係ないので大きな材を使えば見た目は立派に見えます!

↑これがクセモノな部分、見た目は良くても中身が1割弱いということがあり得るわけです。


でも弊社では標準でE110を使用し、さらに構造計算で余裕が少ないところはE120~E150を使います。


なので、弊社のプレカットは構造計算と弊社オリジナルの余裕を各所に持たせてるのでプレカット屋さんまかせになる他社とは全く違います。


構造的な部分は建築基準法さえクリアできれば良い

これが普通の会社の考え方です。悪い意味ではなくそう考えるのが普通です。

だからE90も普通に使うでしょう。


でも、

「法律に決まりがないからE90でええやん」なんでしょうか。


よく「そんな高スペックが必要ですか?普通の家でいいんですが、、、」と聞かれますが、弊社は高性能ですが、高スペックでも高級でもありません。


「必要なところに必要な余裕を作る」


そのために構造計算をし、手刻みを駆使し、E110を使い、断熱性能も高めます。


もしこう言われたらどちらを選びますか?


「ウチはローコスト住宅ですが、そのかわり建築基準法ギリギリで余裕のない建物です」

「ウチは高級住宅ではありませんが、きちんと建築基準法に余裕をプラスしてる建物です」


E90とE110、木材の値段はほとんど変わりません。たとえ一円でも儲けなくちゃ!と考えるのなら別ですが、、、

手刻みをすることで数百万円も変わるイメージかもしれまんせんが、かかる木材費は同じなわけですから施工費がプレカットと極端に大きく変わるわけありません。

構造計算費用は、安心のための必要な費用ですが、これもロードバイクのほうがはるかに高かったりします 笑


それでも想定外の地震がいつ起こるかわからない昨今、ましてや大手ハウスメーカーが長期優良住宅の耐震性能を標準としているのに

建築基準法ギリギリでしかも余裕のない不安いっぱいの建物を選びますか?


弊社の建物は高級ではなく、どんな予算の中でもきちんと適正な余裕を持たせたバランスの取れた高性能住宅にします。

耐震性能と断熱性能やシステムキッチンなどなどお客さまの希望の中でバランスよく。

その一環として手刻みとプレカットの併用などの仕様も手掛けているのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手刻み見学会開催中!

2020年11月07日 | 匠の技
いつもご覧いただきありがとうございます。


さて、今日は雨が降っていますが手刻み見学会を開催中です!

詳細はコチラ!


弊社の作業場は広大なので雨が降っても大丈夫!



一番の見どころの「差しまえ」はこんな感じ


これだけ複雑な加工で柱にドッキングされるので耐震性能は格段にあがります!


様々な道具、様々な機械などを使いながら加工をしていきますが、腕のある大工さんしかこの作業は無理です。


なぜか?


柱には四面ありますよね?

そこにこの加工の出っ張った部分が四方から組み合わさってくるわけですが、

出っ張ったところ同士がぶつかるともちろん組みあがらないわけで互い違いに加工が施されます。

その複雑な加工の墨をつける棟梁もすごいですが、

加工する大工も「あうんの呼吸」がわかっていないとできないんです。加工のさじ加減がわからないので。。。。

例えば、「ここは組み上げる時にキツそうなので加工に余裕を持たせておこう」などは「わかっている者」にしかできないんですよね。


加工はガバガバでもダメだし、キツ過ぎて入らないのもダメですから、そのさじ加減も重要なんです。




それから機械の調整も大切


コンマ何ミリを合わせるわけですから、機械の微調整もすごく行います。


簡単に切った削っただけではなく、加工にもいろんなノウハウがあります。

それらを親方から脈々と引き継いで、それに自分なりのこだわりなどをプラスして独り立ちしていく。


手刻みはお客さまのための技術を最大限に発揮する場でもあり、職人としての腕磨きの場でもある。

職人の腕が上がればお客様の安心も上がる

その良い循環を弊社はできています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加