古伊万里江戸後期物、その日の気分で俳句も

古伊万里江戸後期ものを中心としたブログです。
あとたわいもない俳句も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2021/02/04

2021年02月04日 18時53分00秒 | 俳句 徒然
両の手で顔を覆えり春一番

春一番てふ初恋に似たるもの

コロナ禍の何はともあれ春一番

春一番水面(みなも)に魚のよく浮かぶ

春一番座椅子の猫のよく眠る


コロナ感染者の数も、ピークを過ぎつつあるようで、ホッとしますよね。このコロナ禍は、人類にとって災難には、違いありませんが、大自然からの啓示である事は、ほぼ間違いないような気がします。現代人は、神を信じないかも知れませんが、私は何かを意味しているような気がします。

👀




コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021/01/29 | トップ | ペットロス »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿