軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 軽井沢を 「 コーク・レッド 」 が 走る・・! しなの鉄道

2018-05-25 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

  若葉がムクムク 勢いを増すこのところの軽井沢  

 明治時代に敷設された 旧国鉄の信越本線を引き継いで   長野新幹線開業時から 「 しなの鉄道 」としてスタート

 始発の軽井沢駅から  2両編成だったり 3両編成だったりで  いろいろなデザインの列車が走っている

 その経営努力の中で  地元の乗客や鉄道ファンに楽しんでもらおうと   

 過去に信越本線を走っていた  「 懐かしい車体カラー 」を現在の115系電車で次々に復刻し、走らせている

  「 初代長野色 」、「 湘南色 」、「 横須賀色 」と復刻し、他にも

 「しなの鉄道色」 「長野色」    「ろくもん色」といろいろあるらしい

 しばらく前に ボクは  遠くから「コカ・コーラ」の自動販売機が 線路を走っているのを見た気がして 気になっていた

 昨日、 知り合いのオジサンが 最近 ホームで写したという 写真を見せてくれて 話も聞かせてくれた



        




 元の コカ・コーラレッド(「 コーク・レッド 」) の  車両は1987(昭和62)年に登場した広告電車で

 車体全体が赤色に塗られ、 側面にロゴマークが入っているもので 1990年に契約が終了し、別の色に塗り替えられた

 このカラーを復刻しようと しなの鉄道では去年  クラウドファンディング を実施

 平成29年10月14日から始まった  クラウドファンディング 500人以上の協力が寄せられて   

 今年の3月4日 しなの鉄道本社のある千曲市の戸倉駅で  出発式が行われて 翌5日から運行開始されたんだって

 ボク このピカピカの、独特の赤い色   ウシ君じゃないけれど ワクワクするんだ

 若草が緑色を増す この季節 軽井沢高原を走り抜ける 「 コーク・レッド 」の自動販売機 じゃない   電車

 まず 遠くから眺めて そして 次は近くで見て で 乗ってみてよ  ボクも 乗ってみたいけどな・・   


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コカコ-ラ (風の盆)
2018-05-25 18:53:39
昔の自動販売機はコカコ-ラしか置いていなかった
それほど、コカコ-ラの販売網は半ば独占していた

今は、コカコ-ラの瓶は見かけなくなった

かえって、コカコ-ラは懐かしい
販売網とは難しい
何故、日本の飲料は無かったのかと思ったがな

今じゃ、水が売れるんだな
可笑しな世の中になった

いや、考えが多様になったとは言うものの
どうかな
寡占化の動きは強いような気がするな

何だな
デザイン界では、色によって
赤だとこうとか、青だとこのようだと
性格が分かると、性格だか思いとかが決められると

しかし、ポン大の事件
被害者も加害者も親が出てくるのだな
ポン大では父兄会も開いたそうな

大学生とは、小学生ではあるまいに、親の意見に作用されるようだな

まあ、大学の自治とかが無くなったか
スポ-ツも警察沙汰だな

コメントを投稿

避暑地 軽井沢のあれやこれ」カテゴリの最新記事