軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 軽井沢での外交・・

2018-06-12 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 今は    大勢の観光客が気軽に訪れる軽井沢だけれど 

 その昔   明治時代の中頃以後 鉄道の信越線が全通したことも大きな追い風となって

 宣教師に見いだされた かつての    中山道の宿場町軽井沢には 

 「 上流階級 」      と言われる人々の別荘や山荘が次々に建てられるようになったんだ  

 今日、シンガポールでは    歴史に残ると言われる     トップ会談が開催されているようだけれど

 ここに至るまでには 「 根回し 」     と言われるような 下準備や段取りがいろいろな場所、場面でされているんでしょ?

 例えば   明治、大正、戦前の昭和の時代に 東京ではそれぞれ 離れた場所にお屋敷を構えて

 それぞれの 身分や役職をもった人々が   軽井沢では  周囲の目も あまり気にすることなく 

 別荘の垣根越しに リゾートウエアで  気軽にあいさつを交わしたり    散策やゴルフを楽しんだり

 それぞれの お友達や知人を紹介したり     引き合わせたり・・

 会食やパーティーを   することが出来たら・・  いろいろな話題が飛び交って 相手の人柄さえも

 手に取るようにわかっただろうね・・    中には 外国の大使や公使の別荘も少なくなかったんだし

 自由な世の中が訪れて以来 聞こえてくる話の中には    戦争や終戦に関わる大事な要件の下話や

   政治や経済に関わる水面下の交渉などもあったらしいと 伝わって来る   

 世の中の仕組みや   情報ツールが飛躍的に発展した今は  夢物語だけれど

 このあたりも 軽井沢が 軽井沢たるゆえんのひとつでもあるんだろうね・・  

 情報保護が言われる時代になって     由緒ある別荘も、どこの誰のものか

    一部の人にしか知れない世の中になって来たけれど・・ 軽井沢の別荘地には

 そんな 時代も確かにあったようで そのころ書かれた書籍の中に    いくつものエピソードが遺されているよ

 梅雨がひと休みしそうだけれど 雨降りの日には そんな本をひもといてみたら・・?     

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
交渉 (風の盆)
2018-06-12 11:29:10
交渉ごとには下準備があろうな

人と人との交渉でも、相手に親しみがある場合もあるし、やらなきゃならないこともある

国家の外交とはどんなものだろうな
昨今では、外交が内政に反映する

商売では、商いでは損して得を取れという言葉があるが、国家と国家との外交では、民族と民族との交渉事では、自分が主だな

トランプにしても金にしても習近平にしてもプーチンにしても安倍にしても、どうもタイプが似ている

これらで一同に集めてオリンピックをやらせたらどうかな
どうもスポ-ツマンタイプ、体育会系だな

今回のシンガポ-ルの会談
非核化云々と言っているが、北朝鮮の核保有を廃止させようなんだな
片方は保有していて、新規参入者の排除だな
それと体制保持か
北朝鮮の体制を継続するか
俺は北朝鮮の現体制の継続とは首を傾げるな

現体制が継続して平和かな

まあ、何とかファ-ストだな
ファ-ストからセカンドを意識しないな

黒柳徹子は野球を知らないと
一塁に走ったら、本塁に戻ると
昔、三角ベ-スだあったが、それはそれで野球にはなっていたな

コメントを投稿

避暑地 軽井沢のあれやこれ」カテゴリの最新記事