軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 軽井沢のお土産・・

2018-11-30 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

   昨日の朝には    雲がかぶっていて見えなかった浅間山が

 午後には見えるようになっていて   ふと目をやると山頂だけでなく人間だったら 肩のあたりまで

 西側から吹きつけたみたいに、わずかだけれど 雪が・・・    もしかしたら  朝はもう少し 積もっていたのかな・・  

 ボクの記憶では    確かこれで3回目・・ 

 昔からの言い伝えに、   浅間山に3度冠雪があると麓にも雪が降る・・と言われているので そろそろ軽井沢にも・・

 この時期になると 軽井沢町の中にも   広く繰り広げられている農業の農地は 越冬できる作物は別として

 収穫後の後片付けや   来年のシーズン用の手入れや準備が一段落し始めている

 最後に収穫されている 作物のひとつは    信州、長野県には欠かせない 「 野沢菜 」 かな・・

 ほとんどの野菜は   霜にあったり雪をかぶると その色が変わってしまったり 食べられなくなるようなものもあるけれど

 信州名物のお漬物になる 「 野沢菜 」 は 霜に会ったり、僅かな雪に会ったりすると   食味が増すと言われているんだ

 もちろん   凍りついたり雪に埋もれたりするって事じゃないと思うよ・・

   この野沢菜を 根元の株がついたまま収穫して株だけ バラけない程度に付け根から切り落としてよく洗い

 塩と それぞれのお家のプラスアルファの秘伝    などで漬け込むんだ

 軽井沢やその周辺には 家庭でも漬ける人が多いし、専門店でも  お店やホテル・旅館でも 地元の味としてお土産として

 「 野沢菜 」 「 野沢菜漬け 」 「 信州名産野沢菜漬け 」 などなど    いろいろな商品名で売られているね

 今は 年間を通じて出回っていることで    生産も流通も工夫されていて手に入るようだけれど

 本来の時期は   この季節のもの・・  

 ちょっと お料理好きな人なら   自分で漬けてみる人も多いんだろうけれど 

 この 「 霜に会う 」 ことや 「 寒くなる頃に 」 って 条件も ポイントになるのかもね・・ 

 軽井沢のお土産のひとつとして   お土産屋さんにも ホテルなんかの売店にも並んでいるようだけれど 

 地元スーパーで 売られている消費期限の短い 「 野沢菜漬け 」 漬物大好きさんには おススメで~~す   

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
菜っ葉 (風の盆)
2018-11-30 10:38:21
野沢菜は野沢温泉が発祥地だとか

菜っ葉に小松菜がある
これも東京のはずれ、小松が発祥地と言われている
今じゃ、京葉道路への入り口だな

大江健三郎の作にセブンティ-ンだったかな
小松事件をヒントにした作があった

昔、昔に小松に事件があった

能登にも小松と言う地名があるが
農機具メ-カ-で小松製作所の発祥地だな

創業者の名でなく、出身地を社名にしてある会社は多いな

七尾を発祥地としたパソコンメ-カ-のナナオ
礪波市を発祥地としたトナミ運輸

小松事件は、事件と言って良いかな
秩父事件も事件と言われているがな

今じゃ、小松菜は方々で作っている
野沢菜も野沢だけでないな
発地のイチバでも軽井沢産があった
イチバなんだな
トバじゃない

しかし、野沢では温泉で野沢菜を洗うが
軽井沢産ではどこで川で洗うのかな


コメントを投稿

避暑地 軽井沢のあれやこれ」カテゴリの最新記事