軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 軽井沢のグルメ・・酷寒の真冬には・・

2019-01-11 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 今日 1月11日は お正月行事の 「 鏡開き(かがみびらき) 」    みなさん お汁粉 食べましたか・・ ?  

 お正月にお供えした お鏡餅もこの頃になると   昔 暖房が現在ほど行き届かなかった頃は 

  寒さと乾燥でひび割れたりしていて 

 木槌などで 衝撃を加えた方がたやすく  バラバラになったってこともあっただろうけれど

 縁起を担いで 切るとか壊すとかの忌み言葉を遠ざけて  縁起の良い「 開く 」 という言葉を使って来たらしい

 ともあれ この 「 鏡開き 」 が終わると お正月の  ご馳走攻めも完全に通常モード・・と言った頃合かな ? 

 さて   スーパーマーケットに行けば 酷寒のこの時期でも 色とりどりの野菜や果物が並び

 新鮮な食材が手に入らない・・   なんてことは 無いんだけれど

 軽井沢から ちょっと西に足を延ばした   佐久市臼田には ちょっとした工夫でこの時期も

 

              

 

 現代人の体に特に求められているという   緑黄色野菜を 無農薬で育てて 

 この時期も   こんなにいろいろ収穫して食べている人たちがいるんだ

 場所は 佐久市臼田の  佐久総合病院が地域と立ち上げた 佐久市有機農業研究協議会 が

 同院の敷地の中にある農地の一角に   研修、実践用に設置した農業用ビニールハウスの中で

 通って  実習や世話ができる人なら誰でも 会費を払って参加出来る

 農業の未経験者や 都市からの移住者でも 1から野菜作りを学ぶことが出来て   この時期は

 こんな風に   ビニールハウスや さらに 寒冷紗(かんれいしゃ)と呼ばれる 覆い布を使用することで

 戸外は氷点下の   八ヶ岳山麓でも この時期に青々と野菜が育っているんだ 

 農薬や化学肥料を極力抑えた土づくりもしているので 野菜そのもの味も   「ならでは・・」 の

   コク と 味わいがあるようだよ

 この 取り組みの見学や体験に 軽井沢から訪れる人も珍しくないそうで   

 ノウハウを会得して 自宅や別荘の  庭先で設けられないか    真剣に考える人もあるらしい

 こーゆーのも ステキな 「 グルメ 」 だと 思うな・・      

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
臼田 (風の盆)
2019-01-11 12:46:16
>佐久市臼田の佐久総合病院が地域と立ち上げた佐久市有機農業研究協議会

フ-ン 詳しいですな
ビニ-ルハウスの中では別天地だな
外気の環境とは遮断されて、作物を育成できる

漁業や農業は天候に作用される
昔よりも天気予報が当たるにしても、天候の影響は大きい

昔はモヤシっ子と言われもしたが、水耕栽培かイチゴのように石油をガンガン使うかだな

生物の冷凍技術も飛躍的に進歩した

まさに画期的だな
佐久総合病院の医学者が開発するなら、健康的であろうな

面白いな

コメントを投稿

避暑地 軽井沢のあれやこれ」カテゴリの最新記事