ミヤマホオジロのフィールドノート

いつも元気に楽しく生きる

コアジサイ

2007-05-28 20:02:28 | インポート

P1030311 P1030371 P1030385 滝道経由でビジターセンターまでを往復。滝壺近くではアオサギが水面に何度も嘴を突っ込むが、全て失敗、諦めて目の前を横切って飛び去りました。さすが国内最大のサギだけあって近くを飛ぶと迫力があります。箕面川ではカジカガエルが涼やかに鳴き、コアジサイが優雅に咲いていました。カジカガエルは鳴くとき頬を膨らませるのですが、持参のFz50ではタイムラグがあり、瞬間は撮れませんでした。

コメント (1)

テイカカヅラ

2007-05-22 19:00:00 | インポート

10070522 2070522 箕面大滝では滝の岩盤の窪みでキセキレイが雛を育てているようです。親鳥が時々滝壺に降りてきて、餌さを採ったり、水を飲んだりしています。竜安寺の生垣ではテイカカヅラが花を咲かせ、上品な香りを放っていました。

コメント

カルガモ

2007-05-20 16:47:16 | インポート

23070520 27070520 33070520 いつもの早朝滝道散歩で滝道常連でトラファンのおっちゃんに会うと、「すぐ上流でカモが9羽の雛を連れているよ」 と教えてくれた。まさかこんな渓流で?  と思いましたが、カルガモの親子は確かに居ました。渓流のカモと云えばシノリガモと今までは思っていましたが、カルガモも繁殖するのですね。一緒に探してくれた斉藤さん有難う御座いました。

コメント

訪花

2007-05-16 19:22:51 | インポート

P1020835 39070516 4070516 2070516 早朝散歩は足を延ばして、滝道からビジターセンター、谷山谷道、才ヶ原、地獄谷、再び滝道のコースをとった。途中サンコウチョウの声は聞かれず、キビタキ、オオルリの囀りは至る所で聞かれた。留鳥のヤマガラとコゲラは子育てに忙しそうだ。途中満開のウツギを訪花したのはアオスジアゲハとアサギマダラだった。

コメント

探鳥会

2007-05-12 18:48:32 | インポート

1070512 1070512_1 63070512 P1020594 万博探鳥会に参加。渡りの鳥は全く見られず、留鳥のみ。ここでもいろんな樹木に花が咲いていました。なかでもエゴノキは見事な花を垂らしていました。秋にはたくさんの実を付け、ヤマガラが喜ぶだろう。アオスジアゲハが吸蜜にやってきた花の名は何でしょうか?。傷ついた♀に付き合って居ついている♂のオシドリが岩の上で羽繕い、いろんなポーズをとってくれました。日本庭園ではカワラヒワとスズメが仲良く混浴していました。

コメント