災害支援ボランティア 宮北会(みやきたかい)

東日本大震災後、岩手県宮古市・山田町で被災者との「顔の見える」交流活動を続けています

宮古市における「醍醐の桜」の植樹式ならびに護摩法要(by 京都・醍醐寺)

2012-05-26 14:05:51 | 連絡

先日、京都の醍醐寺で高校の同窓会があり、参加しました。

仲田順和 座主が先輩です。

撮影:2012.5.13

 

撮影:2012.5.13

撮影:2010.4.3

撮影:2010.4.3

醍醐寺のHPを見ていたところ、明日、宮古市の田老、浄土ヶ浜で、醍醐の桜の植樹・護摩法要・火渡り荒行が開催されるとの事です。

http://www.daigoji.or.jp/special_news/news_120514.html

【開催日】  平成24年5月27日(日) 

◆「醍醐の桜」植樹式

1598(慶長3)年に豊臣秀吉が花見に際して700本の桜を植え、盛大な宴を開いた「醍醐の花見」は長く世に伝えられています。今から約400年前に秀吉が愛でたしだれ桜、その子孫の桜を津波で壊滅的な被害を受けた宮古市田老地区の2ヶ所、ならびに名勝・浄土ヶ浜を望む陸中海岸国立公園・臼木山に植樹致します。 

会場岩手県宮古市

①グリーンピア三陸みやこ 9:30~9:45

②田老総合事務所 10:15~10:30

③陸中海岸国立公園・臼木山 11:00~11:15

 

◆柴燈護摩法要・火生三昧火渡り荒行

「護摩」とは、ご本尊様の御前に壇を設け、檀木(だんもく)と呼ばれる特別の木を焚き、諸々の願いの成就を祈る真言密教の秘法です。護摩の火に象徴される不動明王の智慧の力によって、私たちの心の奥底にある煩悩を祓い清めます。 醍醐寺の僧侶による読経の中焚かれる護摩は、時空を超えて私たちを祈りの世界へと導きます。今回は特に火伏せと言う作法を経て、行者が火渡り・火生三昧を行い、その後に一般の参列者に渡っていただきます。

会場岩手県宮古市・奥浄土ヶ浜 

14:00開会 16:00終了予定 

※時間は若干変更する場合があります。

※参列者の火渡りが終わり次第終了致します。


嶋田憲一

コメント

みんなで野菜育てを

2012-05-26 08:06:17 | 報告

宮古市崎山の仮設住宅にある談話室前の共有スペースで撮った1枚です。

プランターに種子を蒔き、本葉が出始めたら、後ろの大きなボックスに移植をするようです。

種類は、ミズナ・春菊・葉ダイコン・はつか大根です。

撮影日から間もなく1ヶ月の今頃は、そろそろ収穫でしょうか?

嶋田憲一

コメント

線路・・・・

2012-05-26 07:49:08 | 報告

あの日以来、一度も列車の通っていない山田線の線路。

すっかり錆びついて・・・。

タンポポが見えています。

山田町内の踏み切りより。

嶋田憲一

コメント

「芝居の好きな閻魔様」

2012-05-25 10:31:31 | 連絡

今回、1人芝居を4箇所で行いました。

役者は、Y.Iさん。

回を重ねる毎に、熱の入った演技でした。

2012.4.30

 

2012.4.30

 

2012.5.1

 

2012.5.1

 

嶋田憲一

 

コメント

6月の絵手紙

2012-05-24 12:06:40 | 誕生日プレゼント

誕生日に鉢花プレゼントを始めたのが、昨年の12月。

半分過ぎ、6月誕生日の方の準備中です。

Oさんの6月の絵手紙は、以下のように紫陽花がテーマです。

嶋田 憲一

コメント