災害支援ボランティア 宮北会(みやきたかい)

東日本大震災後、岩手県宮古市・山田町で被災者との「顔の見える」交流活動を続けています

震災後・定点撮影(4)=山田町役場周辺(2)

2012-03-31 15:50:02 | 定点撮影

 町役場の正面の道路からの撮影です。

昨年の4月は、電柱から電線の垂れ下がった光景が印象に残っています。

   撮影:2011.4.9


  撮影:2012.3.11

嶋田憲一

コメント

震災後・定点撮影(3)=山田町内・国道45号

2012-03-30 07:54:36 | 定点撮影

震災から1ヶ月の昨年4月9日、山田町中心部の国道45号線は、瓦礫が除去されていました。

道際には、多くの建物がそのままの状態でした。

1年経った写真からは、周辺の建物が片付けられていますが、被害の大きさが窺われます。

右隅の瓦の家屋が、2枚の写真を同じ地点と同定しています。

  撮影:2011年4月9日

 

  撮影:2012年3月11日

嶋田憲一

コメント

震災後・定点撮影(2)=山田町役場周辺(1)

2012-03-29 07:04:37 | 定点撮影

大きな白い建物が、山田町役場の建物です。

直後の昨年4月に比べて、瓦礫は片付いていますが・・・。

  撮影:2011年4月9日


  撮影:2012年3月11日

嶋田憲一

コメント

震災後・定点撮影(1)=山田町役場駐車場より

2012-03-28 06:34:49 | 定点撮影

震災後、最初に山田町を訪ねた昨年4月9日の朝、車を町役場の駐車場に置いて、周辺を歩きました。

津波と火事とで、阪神淡路大震災の神戸・長田や鷹取と似た光景に唖然としたのを今でも思い出します。

その後、復旧・復興の確認のため定点と定め、機を見て同じ地点から撮影しています。

1年経って、瓦礫はかなり片付けられ、僅かな仮設の建物が散見されますが、復旧・復興はまだまだこれからです。

   撮影:2011年4月9日


  撮影:2011年5月14日(撮影者:佐藤 優)


  撮影:2011年8月7日


  撮影:2012年3月11日

嶋田憲一

コメント

【コラム】山田町からしあわせを・・・

2012-03-27 14:19:26 | コラム

山田のとある老人クラブのメンバーの誕生日に花の鉢を贈っています。

その花の鉢を届けていただいている山田の花屋さんの店頭に四つ葉のクローバーの鉢植えを見つけて購入して帰りました。

ラベルには、「しあわせ  みぃっけた」と。

岩手県一関の個人の方が、商標登録してあります。

全部の葉が四つ葉ではありませんが、全体の1/3程、四つ葉です。

「いいことあれば・・・」と、毎日、水遣りしています。

   四つ葉のクローバー(撮影:2012年3月27日)

嶋田憲一

コメント