災害支援ボランティア 宮北会(みやきたかい)

東日本大震災後、岩手県宮古市・山田町で被災者との「顔の見える」交流活動を続けています

寄せ書きに添えて

2017-12-14 14:03:28 | 連絡

山田・北浜老人クラブ会員の皆様に、お誕生日に寄せ書きをお届けしていますが、先般、先方からのご希望で寄せ書きを書いた人の顔を知りたいとの要望がありました。

お互いの顔が見える交流が、これから先、長く続けるために必要と判断し、以下の「私達が寄せ書きしました」の書面を添えることにしました。

事務局に、顔写真の所蔵のない方は、月例会で写真を撮らせていただきます。

写真の配置は、寄せ書きの配置に準拠するようにします。

嶋田憲一

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨日(12/7)、第61回目の月例... | トップ | 2017年 残すところ1週間に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

連絡」カテゴリの最新記事