災害支援ボランティア 宮北会(みやきたかい)

東日本大震災後、岩手県宮古市・山田町で被災者との「顔の見える」交流活動を続けています

秋刀魚の詩 by 江藤善章

2015-09-10 17:26:08 | 特産品・グッズ

秋刀魚の詩

三陸の海で取れた秋刀魚が届けられた
辛く厳しい時間を待った
あの海で取れた秋刀魚

秋刀魚を見ると思い出す
秋刀魚を焼く煙の向こうに
子どもの頃の、あの人この人の顔が微笑んで
懐かしい思い出に包まれる

少し焦げた秋刀魚を皿に乗せ
焦げた皮ごと箸で一つかみ
ジュワ―と広がるその味に
私の顔もほころんでいく

子どもの頃に食べられなかった秋刀魚の腹
今は一番のご馳走だ
ほろ苦いあの味は
年齢を重ねなければわからないのだろう
それは人生の味
ほろ苦いから美味しい
ほろ苦いことがあるから
人生は生きるにあたいするのだろう

一人で納得しながら
あの海と、あの方々に感謝しながら
美味しい秋刀魚を食べている 2015年9月9日

**********************

昨日、本場の宮古からサンマが届きました。

この夏の宮古・山田の活動に参加された県内在住の皆様を主体に、一刻も早くとの想いで、大雨の中、お届けしました。

上記の詩は江藤代表による、早速にサンマを賞味した感想です。

嶋田憲一

 

 

コメント

宮古・魚菜市場

2013-08-16 08:47:07 | 特産品・グッズ

宮古に到着すると、魚菜市場の食堂で食事をし、その折々の海産物を見て回ります。

水産関係の復興を感じるようになりました。

 

 

嶋田憲一

コメント

三陸・山田 海の幸 (ご紹介)

2013-04-16 11:15:49 | 特産品・グッズ

山田町の「社会福祉法人やまだ共生会(やまだ共生作業所)」とは、宮北会として、2011年9月から交流を続けています。

毎週開催している「お茶っこの会」で、演奏をしたり、一人芝居を演じたり、また現地の情報を教えていただいたりしています。

今回、「山田で獲れた海の幸」をお届けするとの、以下のようなFAXを受け取りました。

この「企画の趣意」および「商品リスト・価格」は、添付しています。

なお、本企画についてですが、宮北会ではご紹介する立場で、趣意書にも明記してありますが、「やまだ共生会」と「やまだ共生作業所」の責任で行われます。

山田で獲れた海の幸を購入することにより、山田の復興とやまだ共生会の夢(障がい者のグループホーム・ケアホーム建設)を実現するための資金面の応援になります。

お申込・お問い合わせは、直接、以下にお願いいたします。

・〒028-1321岩手県下閉伊郡山田町山田16-9-10

    社会福祉法人 やまだ共生会 やまだ共生作業所

       電話/FAX:0193-82-0456

現在は多少手間のかかる方法ですが、将来的にはもっと便利な方法を模索しているようです。

よろしくお願いいたします。

 

嶋田憲一

 

コメント

唯一無二の・・・

2012-05-22 05:01:18 | 特産品・グッズ

道の駅やまだのネットショップ「三陸山田がんばっぺ市場」で取り寄せました。

「唯一無二の山田生せんべい」を。

ラベルには、「本製品は古来より伝わる独自の製法にて作られた山田の特産品です。本製品はこのまま召し上がれます。またオーブントースターで焼いたり、油で揚げて食べても美味しく召し上がれます。・・・」と。

最初は、そままま生で食べましたが、焼いて食べてみるとなかなかでした。

嶋田憲一

コメント

銀座に山田町の木村商店が・・・

2012-05-17 22:41:48 | 特産品・グッズ

5/15~5/20まで、銀座5丁目の「いわて銀河プラザ」で、以下のイベントが開催されています。

「山田町の海産物販売  山田町の木村商店による海産物の販売」

今夕、行って来ました。

「お待ちかね 限定 ホヤ塩辛」を買い求めました。

 

 

 

帰宅して、ホヤ塩辛と陸前高田の酔仙酒造の「雪っこ」で一杯。

 

嶋田憲一

 

コメント