薬屋のおやじのボヤキ

公的健康情報にはあまりにも嘘が多くて、それがためにストレスを抱え、ボヤキながら真の健康情報をつかみ取り、発信しています。

新型コロナ 世界主要国の感染者数、感染率、死亡率(2021.4.29)

2021年04月29日 | 風邪・インフルエンザ・コロナ

新型コロナ 世界主要国の感染者数、感染率、死亡率(2021.4.29)

 新型コロナの世界の趨勢を知りたくて、ネット検索したのですが、なかなか見つからず、2020.12.09 自分で手計算して世界主要国の比較をしてみましたが、それから約5か月が経ち、感染者数は2倍超、死亡者数は概ね2倍になり、再度手計算してみました。参考になれば幸いです。

新型コロナ 世界主要国の感染者数、感染率、死亡率
日本経済新聞 新型コロナウイルス感染 世界マップ 2021.4.29より解析)

        人口    感染者数  死亡者数  感染率  死亡率
      (百万人)   (万人)  (千人) (人口比%)(人口比%)

アメリカ   329   3222   574    9.8  0.17
メキシコ   128    233   215    1.8  0.17
ブラジル   211   1452   398    6.9  0.19
アルゼンチン  45    290    62    6.4  0.14

ロシア    146    473   107    3.2  0.07
スウェーデン  10     96    14    9.6  0.14
イギリス    68    442   127    6.5  0.19
ドイツ     84    335    82    4.0  0.10
オランダ    17    150    17    8.8  0.10
ベルギー    12     97    24    8.1  0.20
スイス        8.6    65    10  
  7.6  0.12
フランス    65    562   104    8.6  0.16    
イタリア    61    399   120    6.5  0.20
スペイン    47    350    77    7.5  0.16

南アフリカ   59    157    54    2.7  0.09
トルコ     83    475    39    5.7  0.05
イラン     83    245    70    3.0  0.08
イスラエル   85     83     6    1.0  0.007
インド   1366   1799   201    1.3  0.01
インドネシア 
271    165    45    0.6  0.02
フィリピン  108    102    17    0.9  0.02
中国    1434     10(?)  5(?)  ?     ?
韓国      51     12     2    0.2  0.004
日本     127     58    10    0.5  0.008
世界全体  7713  14915  3145    1.9  0.04

参考 スペインかぜ:出典ウイキペディア <コロナと同一単位での比較>)
    
  人口    感染者数   死亡者数   感染率   死亡率
      (百万人)   (万人)  (千人) (人口比%) (人口比%)
世界全体  2000  50000 100000   25    5
日本      56   2380    389   43    0.7

(注1)コロナ感染者数は、従来の補足法と異なり、一般的にPCR検査で陽性判定された者をカウントしますから、世界各国で大きな差が出ます。特に発展途上国ではその検査が進みませんし、先進国でも積極的に広く行う国もあれば、消極的な国(例えばメキシコ)もありそうです。
(注2)コロナ死者数は、感染者数ほどではないでしょうが、国によってカウントの仕方に差が出るようです。なお、発展途上国では補足が十分でない可能性が大きいです。
(注3)スペインかぜについては100年前のことであり、世界全体は推計値であって、第一次世界大戦中ということもあって、出典にかなりの幅があり、大づかみで表示しましたが、日本は信頼性が高いです。
 新型コロナかぜは今のところ、スペインかぜに比べて世界的には人口比感染率は10分の1、人口比死亡率は100分の1といったところです。

<寸評>
 今のところ、日本のコロナ感染率は欧米諸国の10分の1程度、死亡率は同20分の1程度(2020.12.9時点では感染率は欧米諸国の30分の1程度、死亡率は同50分の1程度)と驚くほど低いです。これは東アジア各国に言えることで、上の表には挙げませんでしたが、香港、マカオ、台湾も同様です。中国も含めて、なんとも不思議な東アジアの特性です。

 ところで、ワクチン接種が随分と進んできました。接種率の推移は「新型コロナウイルスワクチン接種率の推移【世界・国別】」というサイトがあり、世界を地域別でみたり、1回接種、2回接種の状況別で見たりすることができます。
 これによると、イスラエルは約6割、イギリスは約5割、アメリカは4割超えしていますが、ヨーロッパ各国はまだ2割程度であるも、日に日に接種率が上がっています。(ただし、イスラエルは頭打ち)

 最近、感染者数の推移を見ていて、気になっているのは、イスラエルに続いてイギリスがガクンと減っていることです。イスラエルはワクチン接種率がどの国より早く高まり、その効果であると言われています。でも、最新の接種率は6割で頭打ち傾向にあり、この接種率で、そう急激に感染者数が減るとは思えません。
 というのは、新型コロナウイルスの基本再生産数(自然状態で1人の感染者が平均的に何人に感染させるか)は当初2~3と言われていました。集団免疫理論からすると、これは衝突確率の計算だから、何%が感染(ワクチン接種を含む)すれば社会免疫ができるかは、小学生でも計算できます。
 基本再生産数が2であれば、5割が免疫を獲得すると1人の人は1人にしか感染させられず(これを実行再生産数が1という)、感染者数は横ばいとなり、6割、7割の人に免疫ができれば、だらだらと感染者数は減っていくことになります。
 イスラエルの場合、もっと早い段階(ワクチン接種率3割程度)で急激に感染者数が減っていきましたから、何か別の要因が絡んでいそうです。
 イギリスの場合も類似しています。最新の接種率は5割に到達しましたが、ここもそれ以前から急激に感染者が減っています。何か他に原因がありそうですが、特別な施策を打っているとは思えません。
 次にワクチン接種率が高いのがアメリカですが、4割を超えているも、感染者数は横ばいで、毎日数万人の新規感染者を出しています。ワクチン効果はまだ全く出ていないと考えたほうがいいでしょうね。(5.6追記:南米のチリもアメリカ並みの接種率であるも、感染増がなかなか抑えられていません。)

 一つ気がかりなのはインドです。ここのところ急激に感染者数が伸びている唯一の国がインドで、毎日30万人を記録しています。インドでは、2月は1日当たり1万人台で底を打っていたのが、3月になってじりじり上がり、今、大変な状況になっています。2月に底を打ったから、油断して人の接触が多くなり、急拡大したと言われますが、それにしても拡大のほどがすごい。アメリカやブラジルは、横ばい傾向で毎日数万人ですから、インドが間もなく世界一の感染者を数えることになるでしょうね、なんせ人口が極端に多いですから。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ヤーコン栽培に取り組んで2... | トップ | 立夏は夏の入り、五味を上手... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いメデイア (薬師寺達成)
2021-07-22 09:09:43
コロナの認識
人により考えの違いこんなにも有るのだと日々憂いています、
自然界のコロナウイルスが・・・・・
アア・・人間て馬鹿の集団だなーと騒ぐ様子を楽しんでいるのでは。
先ほど突然電話をいたしました。ご無礼お容赦を
RE:良いメデイア (薬屋のおやじ)
2021-07-22 10:03:22
薬師寺達成様、コメント有り難うございます。
電話でもお話ししましたが、なかなかいい統計データが入手できず、大づかみな数値しか示せず、申し訳ありません。

コメントを投稿

風邪・インフルエンザ・コロナ」カテゴリの最新記事