宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

~初代開拓者の思いによせて~栗原市花山の小豆畑地区できびを播種

2012年06月18日 10時03分58秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 6月10日,栗原市花山の小豆畑地区において3アールの畑に集落住民等約25名が参加してきびを播種しました。
 当地域は栗駒山麓南東部の丘陵地にあり,戦後に開拓地として入植した地域です。高齢化が進んでいますが,行政区長(菅原一之氏)を中心にまとまりがあることから,平成22年に集落力向上支援事業(宮城県企画部地域振興課)が導入されました。集落支援員や宮城大学地域連携センターの支援を受け,集落活性化ビジョン作成やビジョンの実現へ動き始めています。関係機関も加えた話し合いの中から,遊休農地を活用した地域特産物の振興へ向けた第一歩として,きびを栽培することになり,集落住民総出で播種作業を行いました。
 きびは60年前初代開拓者の飢えを癒してくれた思い入れの深い作物であることから,多くの住民が集まり,和気あいあいと作業を行うことができました。そして,秋の収穫祭には昔を偲びながら,様々な加工品を試食することを皆楽しみにしていました。今後,間引きや草取りなど労力を要する作業が続きますが,区長の呼びかけで多くの人に参加してもらうことになっています。
 普及センターでは,平成24年度から「遊休農地を活用した地域特産物の生産と利活用」をプロジェクト課題としており,当地域における地域振興へ向けた雑穀類の栽培と生産物の活用について今後も支援していきます。

   花山小豆畑地区の皆さん      

 

      みんなで並んで楽しく種まき

 <連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター地域農業班

 TEL:0228-22-9404       FAX:0228-22-5795・6144

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 今年の図柄は「熱気球に乗る... | トップ | ワークショップで起業に向け... »
最近の画像もっと見る

⑦農村地域の振興に向けた取組支援」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事